PINGDOM_CANARY_STRING
シックスシグマのステップ

シックスシグマのステップの限界とその対処法

読み取り時間 : 約1分

投稿者 : Lucid 編集部

あらゆるプロジェクト管理手法の目標は、無駄の排除とプロセスの合理化にあります。

それを踏まえると、シックスシグマがこれほどまでに普及し、多くの業界がその導入方法を模索している理由も簡単に理解できます。費用を節約しながらタスク完了までの時間を短縮するのは、あらゆる組織の望みでしょう。

ただ、シックスシグマの導入方法を誤ると、メリットよりもデメリットの方が多くなります。プロセスの洗練と無駄の排除を追求するあまり、特殊な状況に対応できる柔軟性が制限され、革新的な新しいツールや手法を導入する余地を狭めてしまう可能性があります。

シックスシグマのプロセスとそのステップに従う方法、この手法の限界、企業が代替として使える手法について確認してみましょう。

この記事では、簡単にカスタマイズし、チームで共有できる形でシックスシグマのステップの概要を紹介します。

代替テキスト
詳細なフローチャート - DMAIC(オンラインで変更するには画像をクリック)

シックスシグマとは?

シックスシグマ方法論は、1980年代半ばにモトローラの技術者が製造工程の改善のために開発したものです。データを収集して活用することで製造業における欠陥や無駄を排除し、全体効率と品質を向上させることを最終目標とした方法論です。

「シグマ」とは、システムや生産者がどこまで完璧になれるかを示す尺度であり、シックスシグマの基準では、製造不良を100万個あたり3.4個未満にすることが求められています。

企業は、欠陥につながるエラーを特定し、エラーの対処後に新しい管理システムを実装することで、シックスシグマの手法をプロセスの改善に利用します。個々のステップを切り離して検討し、改善できるような、繰り返しの多い組立ライン形式のオペレーションに最も効果的な手法です。

シックスシグマの使われ方

シックスシグマはもともと製造業向けに作られたものですが、現在ではさまざまな業界で利用されています。ただ、業界にかかわらず多数の企業に採用されていますが、場合によっては実装の方法が不正確だったり、効果的でないこともあります。製造業以外の業界においては、こうした時間と費用のかかる経営改革を正当化するような成果を出せないことが多いのも事実です。

シックスシグマを効果的に機能させるには、関係者全員からの支持が必要です。また、手法を導入し、実践方法を従業員に教育するには、かなりの初期費用がかかります。

あらゆるレベルの従業員に対し、この手法のさまざまな側面についてもトレーニングを施す必要があります。シックスシグマ認定クラスの修了者には、初心者向けのグリーンベルト、プロジェクトリーダー向けのブラックベルト、全社への導入を担当する責任者向けのマスターブラックベルトといった習得レベルを示すベルトが付与されます。

illustration of people working together

シックスシグマのプロセスマッピングを使って自社のプロセス改善を始めましょう。

さらに詳しく

シックスシグマの5つのステップとは?

DMAIC とも呼ばれるシックスシグマのプロセス改善ステップはかなり直接的で、わかりやすいものです。

  1. 問題を定義します。課題ステートメント、目標ステートメント、プロジェクト憲章、顧客要求、プロセスマップを作成します。
  2. 現行のプロセスを測定します。現在のパフォーマンスや課題に関するデータを収集し、データの信頼性を検証して、必要に応じてプロジェクト憲章を更新します。
  3. 問題の原因を分析します。収集したプロセスとデータを検証し、データを表示して問題の原因を調査・確認し、必要に応じてプロジェクト憲章の更新を続けます。
  4. プロセスを改善します。問題解決のための解決策を決定し、その新たな解決策のためのプロセスマップを作成します。新しい修正策を実行し、改善度を継続的に測定します。
  5. 管理します。新しいプロセスを改良し、モニタリングを続け、可能であればその成果を他のビジネスに活用します。

シックスシグマの限界とは?

シックスシグマは、問題を特定し、その解決に取り組むという事実に基づくプロセスであるため、人という重要な構成要素が見過ごされがちです。特に、さまざまな障害に人がどのような影響を与え、どう対処していくかという視点が抜けてしまいます。場合によっては、オペレーション全体を見直す前に、従業員に問題に正面から取り組む機会を与える方が望ましいこともあります。

また、シックスシグマに対して画一的なアプローチを取ることが、特に創造性を重視する組織や分野においては制約となることもあります。革新のためなら慎重さやプロセスを顧みないような自由さを求める従業員には、息苦しく感じられるプロセスでしょう。

また、シックスシグマでは、新しいツールや手法の導入は理論上認められていません。シックスシグマでは一般にすべてのチームが献身的に取り組む必要があるため、組織の他部門で別のプロセス方法論を使用したり、実験したりすることが難しくなります。

シックスシグマの代わりに使える手法

数十種類ものプロジェクト管理方法論が存在し、その構造、ルールやプロセスはさまざまです。ここでは代表的なものをご紹介します。

ウォーターフォール手法 : ウォーターフォールプロジェクト管理手法は、分離した連続的なタスクで構成され、最終製品の完成のために各ステップを適切な順序で完了することを目指すものです。

スクラム方法論 : アジャイル方法論のひとつであるスクラムは、小規模なチームが同時に成果物に取り組み、テストや軌道修正を行いながら、プロジェクトをスピーディに完了できるインクリメンタルなアプローチです。

カンバン : カードを使ってプロジェクトのタスクを視覚的に示し、優先順位をつけるカンバンボードを使うことで、プロジェクトの各ステージを追跡し、共通認識を醸成することができます。

アジャイル手法 : アジャイルでは、顧客のニーズを推進力とし、反復的なサイクルを通じて成果物を作成し、最終製品が完成するまで継続的に改良を続けます。

自社のプロジェクトや組織に適したスタイルを選ぶには、逆算する形で最終的に実現したい製品から考えてみましょう。

シックスシグマの原則 を参考に事実を精査し、チームがすでに成功している箇所、うまくいっていること、理想的な結果をもたらすと思われる環境を評価していきます。大規模なチームと小規模なチームのどちらが適した組織なのか、チームメンバーには2週間のスプリントスケジュールが合いそうか、それとももっと自由なプロセスとすべきかなどを考え、集めた情報に従って、自社の具体的な目標、制約やタイムラインに適したプロジェクト管理手法を検討します。

さまざまなタイプのプロジェクト管理スタイルの長所と短所を把握し、自社の状況に最も適したプロセスを主要なステークホルダーと一緒に決定します。プロジェクト管理手法がわかる究極のガイドを参考に、ニーズに合わせて最適な方法論を選び、プロジェクトが滞りなく進むようにしましょう。

1つのプロジェクト管理プロセスのルールに固執せず、さまざまな手法の良いところを取り入れて、ニーズに合わせて活用していくことが大切です。

シックスシグマを超えて

シックスシグマは、生産や製造を合理化するためのデータに基づくアプローチであるという点で評価され、称賛されるべきものです。ただ、製造業以外の業界や企業では、より柔軟なプロジェクト管理やプロセス改善の手法が適している場合もあるでしょう。シックスシグマが大成功を収めたとしても、人間の創意工夫や努力に代わるものではありません。まずは社内の人材の持つ力に目を向け、チームの創造性を阻害せず、必要に応じてカスタマイズできる方法論を見つけましょう。

illustration of people working together

プロジェクト管理が初めての方におすすめの初心者向けガイドをチェックして正しいスタートを切りましょう。

著者について

株式会社  Lucid Softwareのロゴ

Lucidの編集部ではフローチャートやUMLなど行動な図や資料に関する情報から、プロジェクト管理や働き方の改善ノウハウ等の情報を発信しています。

Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

無料ではじめる

今人気

The 4 Phases of the Project Management Life Cycle

プロジェクト管理ライフサイクルの4つのフェーズ

Lucidchart について

Lucidchart は、チームが複雑な内容を理解し、共通の認識を得て、スピーディに未来を作り出すうえで役立つインテリジェントな作図アプリケーションです。直感的なクラウドベースのソリューションで、フローチャート、モックアップ、UML 図などを作成しながら、視覚的に作業を進め、全員でリアルタイムでのコラボレーションが実現できます。

Visio に代わるオンラインソフトウェアとして最も人気が高い Lucidchart は、180か国以上で数百万人のユーザーに活用されています。成約を目指す企業をマッピングする営業部門のマネージャーからネットワークインフラを視覚化する IT 部門のディレクターに至るまで、その用途は多彩です。

日本語
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.