クラウドベースER図作成ツール

または
Google Markまたは Google で登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

ER 図ツール

データベース設計図・ER図作成ツール

  • LucidchartER図作成ツールのメリット

    日本語対応オンラインERD作成ツール

    実体関連図 (ERD) は、システム内の顧客、製品や注文番号などの実体間の関連を理解するために役立つ図です。Lucidchart などの実体関連図ツールを使えば、データベースの構築前に全体的な構造やさまざまな種別のデータ感の相互作用を含めた設計を概念化することができます。

    • 全てオンライン操作なので簡単にどこでもアクセスが可能
    • MacでもWindowsでもLinuxやiOS AndroidでもER図作成が可能 
    • クラウドベースER作成ツールなので、オンライン上で保存と管理
    • 他のソフトにはない豊富な外部アプリとの統合と連携
    • チームとER図(ERD)を同時作成
  • ERD(ER)図専用の図形とテンプレートも揃っているツール

    ERDテンプレート、記号や図形を使用して手軽にER図を作成

    Lucidchart の ER 図作成ツールなら、概念図やDB設計図の別にかかわらず、ER図モデリングが簡単に作成することが可能になります。数秒で標準の ERD 図形や記号をエディター内にドラッグ&ドロップするだけで、実体やそれらの属性を区別し、表、フィールド、主キーや外部キーなども追加できます。また、ER図専用テンプレートを使用すれば図形や表記法をデータベース構造に合わせて調整し、簡単にカスタマイズすることも全てLucidchartで実現します。

  • MySQLデータのインポート機能

    MySQLやOracleからER図(ERD)のデータインポート


    Lucidchartを使えば、より素早くMySQLやOracleからデータをインポートし、最少で実体関連図を作成することができます。
LucidchartのER作成ツールでは、MySQL、PostgreSQL、SQL Server や Oracle など、使用しているデータベース管理システムへ図をエクスポートすることもできます。

  • SalesforceとLucidchartER図作成ツールの統合機能

    Salesforceスキマービルダーとも統合

    Lucidchart 独自の Salesforce スキーマビルダーを使えば、Salesforce データベースの埋め込みも楽チン。Salesforce 管理者やコンサルタントの CRM 最適化がこれまでになくスピーディに、簡単になり、手持ちの Salesforce スキーマをインポートするだけで、Lucidchart が ER 図を自動生成してくれるので、わずか数秒でカスタムオブジェクト情報をカスタムオブジェクト情報をER図としてLucidchart上で表示することが可能になります。この連携サービスにより、
記号や実体を調整して CRM を新たな形でカスタマイズできるようになります。

  • オンライン同時作業も可能にするER図ツール

    作成したER図をチームと共有

    LucidchartのER図作成ツールでは完成したER図をプロジェクトメンバーとシェアすることも可能です。さらに進化したLucidchartのインタフェースを使用すれば、ERDやデータベース図をチームとリアルタイム編集することもできる非常に便利なツールです。さらに、Lucidchartでは、ERD を任意の HTML ウェブページに埋め込むことも可能です。

     

     

Luidchart ERDツールで作るER図の書き方ステップ

1

ER図作成の前にLucidchart新規アカウントを作成

Lucidchartでは全てのユーザーのニーズに合わせたご利用プランを提供しております。個人個人やチームまたは企業でも使えるプランを豊富にご用意しております。まずは無料トライアルでER図作成ツールを試してみましょう。 

2

ER図のテンプレートを選択する



Lucidchartでは初心者の方でも直ぐに使えるER図専用テンプレートを用意しております。テンプレートを編集したい場合には、ただ単に図形をクリックし内部のERDデータを編集するか、または新しい図形を図形ライブラリーにてエンティティやアトリビュート、リレーションなどをどんどん追加していきましょう。

3

E-R図に含める実体を決める



それぞれの目的に一番適しているER図モデルを作成するのかを決めることがここで重要となります。一番目的に合ったモデルを検討してERDツールで作成していきましょう。

4

目的や実体(エンティティ)実態を特定してラベルをつける



目的やエンティティが特定できた後、実際に実態を作成し、ラベルを追加しましょう。記法によってはラベルが直接付けれるものや長方形に付けるものもありますので、記法を必ず確認しましょう。

5

メインの属性や関連などを追加する 

最終段階として、実体のメインの属性をどんどん追加していきましょう。属性を追加することによって、詳細を表現することが実現します。 

ER 図に関するよくある質問

ER 図の作成を開始するのに役立つテンプレートはありますか?

あります! テンプレートギャラリーに移動し、実体関連図の例を選択してください。着想を得たり、テンプレートをカスタマイズして特定のプロセスを反映させることができます。

もっと詳しく
データベース構造をインポートして ER 図を作成し、自動作図することはできますか?

できます! ER 図ツールに組み込まれたインポート機能を使えば、Lucidchart ツールボックスに直接データベース表とスキーマをアップロードすることができます。アップロード後に表のそれぞれをキャンバスにドラッグすると、データベース構造の関連に基づき、実体間に線が自動で描画されます。

もっと詳しく
ERD をゼロから作成する方法を教えてください。

図形マネージャーの実体関連図形ライブラリを使えば、ゼロから ER 図を作成できます。手動で実体、属性やキーにラベルを付け、必要な関連と濃度すべてを決定します。

もっと詳しく
図をゼロから作成せずに Lucidchart で既存の Salesforce スキーマを図式化するには?

Salesforce スキーマのインポート機能を使います。管理者は、既存のスキーマを Salesforce から Lucidchart エディターに直接インポートし、図を自動生成して Salesforce インスタンスのアーキテクチャを図式化することができます。

もっと詳しく
完成した ER 図のエクスポートはできますか?

はい! ER 図はコード形式でエクスポートできます。エクスポートする際には、MySQL、PostgreSQL、SQL Server や Oracle などから使用したいデータベース管理システムを選択できます。

もっと詳しく

Lucidchart で ER 図の作成をシンプルに

Lucidchart ER図作成ソフト