API Visio


Visio インポート

Visio ファイルをインポートし、Lucidchart でその文書を表示するための URL を受領することができます。インポートが成功すると、サービスは、ビューアーへのURLを含む JSON 本文とともにステータス200を返します。このリソースには、2-legged (別名 Signed Fetch) OAuth 署名が必要です。

URL

 

https://www.lucidchart.com/visio/conversions

 

要求

リクエストの本文は、以下のフィールドをもつ multipart/form-data とする必要があります。

  • file - インポートする Visio ファイル

  • name - ファイル名

  • reg_level - ユーザーが文書閲覧中に Lucidchart アカウントに新規登録する場合に使用するオプションの登録レベル。デフォルトは「professional」です。有効な値は以下のとおりです。

    • 無料

    • プロフェッショナル

    • team-5

例 :

 

curl -v -X POST -F reg_level=professional -F visio=@/home/foo/Documents/flowchart.vsd -F name=flowchart.vsd https://www.lucidchart.com/visio/conversions

 

レスポンス

 

{"status":200,"visio_doc_id":"7a6402bd9f26d0901b48290bada32636","viewer":"https://www.lucidchart.com/visio/viewer/7a6402bd9f26d0901b48290bada32636?reg_level=professional"}

 

リクエストにエラーが発生した場合、ステータス400が返されます。サーバーエラーが発生した場合にはステータス500となります。JSON 本文には、エラーの詳細を示す「code」と「message」フィールドが含まれています。

 

{"status":400,"code":"UNSUPPORTED_FILE_TYPE","message":"Unsupported file type"}