The only scalable diagramming solution for enterprises

簡単な管理機能

シンプルな管理インターフェイスで、新規アカウントの権限設定や自動プロビジョニングが容易になります。文書管理を簡素化するため、ユーザー全員をひとつのマスターアカウントに移動することも可能です。こうすれば、作成者の異動にともない、重要な文書が行方不明になることもなくなります 。組織のメンバー全員に閲覧のみのライセンスを付与することもできます。

高度なセキュリティの信頼性

ドメイン毎に共有を制限し、Google、OneLogin、Okta や Ping 経由の SSO 認証を必須とするオプションで、セキュリティに関する管理者の懸念が払拭されます。一方で、文書はすべて、ダウンタイムがほぼないサーバーに暗号化された状態で保管されます。質問 や懸念がについては、専任のアカウントマネジャーにご連絡ください。

誰でも使える

Lucidchart にはあらゆるユーザーに適した機能が備わっています。初心者ユーザーでも、シンプルなドラッグ&ドロップインターフェイスでUMLやフローチャートをわずか数分で作成できます。専門的なスキルを持つユーザーも、複雑な模型やワイヤーフレームを 同じく簡単に作成することができます — いずれも、あらゆるデバイスや OS からアクセスできる手頃なパッケージひとつで実現できる内容です。

外部アプリとの統合

Lucidchart は多種多様なアプリやプラットフォームと連携するため、あらゆるワークフローへ容易にビジュアルを組み込むことができます。まず、Lucidchart を使用中の G Suite for Work ドメインに追加し、既存の MS Visio ファイルをインポートすることから始めましょう。それから Slack、Confluence、Github、JIRA 用のアドオンや iOS アプリをチェックしてみましょう。

エンタープライズ向け機能

サポートへの優先アクセス

いつでもどこでもサポート担当者に連絡することができます。遠慮なくお問い合わせください!

ユーザーの自動プロビジョニング

ご利用の SAML プロバイダーの設定に従い、自動でライセンスをプロビジョニング/デプロビジョニングできます。

Pearson

実際に Lucidchart 採用の契機となったのは、ユーザーコミュニティでした。

Pearson は、Lucid テクノロジーの柔軟性を活用し、ドメイン全体にわたる協業のためのプラットフォームを構築しています。同社の従業員は、重要なチャートの作成、共有や公開を記録する場所として Lucidchart を活用し、大きな目標の実現に貢献しています。