他のツールと Lucidchart を連携

Bitbucket

Lucidchart で Bitbucket に保管されたコードから直接 UML クラス図を生成することで、トレーニングとコード実装にかかる時間を短縮できます。

さまざまな Atlassian 製品と同期
コードからクラス図を生成

コードからクラス図を生成

大企業では、ソースコードを扱う機会も多いものです。クラス図を使えばこうしたソースコードを簡単に参照できますが、図の作成に手間と時間がかかるため、実際に利用している企業はごく少数です。Lucidchart の Bitbucket インテグレーションを利用すれば、そんな手間も不要に。ワンクリックでリポジトリ内のコードから UML クラス図を生成できます。
ソースコードを操作

ソースコードの操作も簡単

コードを何行もひたすらスクロールして必要な内容を探す必要はもうありません。ドキュメンテーションをビジュアル化すれば、時短と作業の効率化を実現できます。Bitbucket から生成したクラス図で、図のクラスオブジェクトの一部をクリックすれば、リポジトリ内の特定のコードへジャンプできます。
さまざまな Atlassian 製品と同期

Atlassian 製品すべてと同期

作業を行うあらゆる場所にビジュアルを保管。Lucidchart は、テクニカルな図を作成して Atlassian Suite 全体に連携させることのできる唯一のプラットフォームです。Confluence wiki への参考用ビジュアルの埋め込み、Jira Software の課題調査中の図の添付、Hipchat 経由での文書の送信など、ナレッジの共有や新しいアイデアについての意見交換がよりスムーズになります。
インストールが簡単

インストールは簡単です!

  1. Atlassian Marketplace で Bitbucket アプリを見つけます。
  2. アプリをインストールします。
  3. Lucidchart アカウントに接続するためのアクセス権限を付与します。
  4. Bitbucket リポジトリに移動してクラス図を生成します。

Lucidchart アカウントをお持ちでない場合は、新規登録してインテグレーションを使ってみましょう。