決定木メーカー

または
Google Markまたは Google で登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

決定木メーカー

オンライン決定木 作成 ツール

  • ニーズに応える決定木ソフトウェア

    ニーズに応える決定木ソフトウェア

    直感的に使える決定木作成ツールで、意思決定に関するリスクとリワード、金銭的利益の計算もこれまでになく簡単に。投資のリスクを分析するためにも、一連のイベントに伴う潜在的な結果を把握するためにも、Lucidchart が役立ちます。分かりやすいテンプレートやカスタマイズ可能な書式設定オプションを活用すれば、高度な決定木をすばやく作成できます。図形や色でイベントや成果を整理すれば、最適解を得るのもスムーズです。

  • デシジョンツリーツールで分析

    想定しうるパスを視覚化し、結果をデシジョンツリーで分析

    他の決定木生成ツールにはない Lucidchart の強みは、情報を簡単に調整して、選択肢を把握し、視覚化できることです。データのリンク機能を使えば、CSV、Excel スプレッドシートや Google Sheet からシームレスにデータセットをインポートし、関連する数式を Lucidchart の中で直接適用して各結果の確率を計算することができます。迅速かつ正確な意思決定に欠かせない、定義の明確なビジュアルと定量化できる結論が得られます。

  • 決定木をチームとコラボレーション

    チームと気軽にコラボレーション

    主要な関係者がいつでも、どこからでも意思決定プロセスに参画でき、リアルタイムのコラボレーションを実現します。同時に1つの文書を編集したり、組み込みのチャット機能でチームメンバーからフィードバックを集めることもできます。変更はすべて瞬時に反映されるため、メンバー全員が常に最新の情報にアクセスできます。コメント機能を使えば、思考プロセスの中のギャップを指摘したり、最適な意思決定のための意見を出し合ったりも自在です。

  • 決定木をプレゼンと共有

    プレゼンと共有

    Lucidchart なら、作成した図をさまざまなプラットフォームで共有・公開するのもわずか数秒で完了。決定木を個別のメールアドレスに送信したり、公開用リンクをウェブサイトに埋め込んだり、決定木をダウンロードしたり、さまざまな方法が使えます。共有時にカスタムのアクセス権限を付与すれば、図に不要な変更が加えられることもありません。また、G Suite、Confluence や Slack など、愛用のアプリケーション経由でも共有が可能です。Mac、Windows や Linux のどれでも同じように使える Lucidchart なら、OS の種類にかかわらずいつでも作成した状態のままの美しい図が利用できます。

決定木の作成方法

1

決定木の作成を開始

キャンバスの左の余白の近くに長方形の図形をドラッグし、意思決定の対象となる主なアイデアや質問を入力します。

2

結果となるノードを追加

円形の図形を使用して、ノードを追加し、不確実な結果の名前を入力します。可能性を追加します。最低2つが必要ですが、追加する数の上限はありません。

3

線を引きながら推定される対価を添えた結果を配置

中心となる概念をまずは主要ノードに線で接続し、その他のノードへも順次接続していきます。これらの線には、具体的な値に加え、特定の結果により生じる可能性のある影響の見積額を追加できます。

4

決定木を完成させて値を計算

質問すべてを確率イベントに関連付けたら、図の最後に結果を示す三角形を挿入します。各結果の確率を推定し、ノードと分岐の値を使用して最終的な値を計算します。

5

図を検証して活用、または公開や共有

リアルタイムのコラボレーション機能を活用してチームメンバーからフィードバックを収集、または Lucidchart の使いやすい共有オプションで図を公開します。

決定木ソフトウェアの使用に関するよくある質問

決定木の用途を教えてください。

決定木(デシジョンツリー分析)は、戦略を明確化し、意思決定プロセスの中で起こる可能性がある結果を予測するために使われます。1つのノードから始まり、想定しうる結果へと分岐し、それぞれの決定により発生するリスク、費用や利益を算出していきます。

もっと詳しく
決定木テンプレートはありますか?

あります! エディター内のテンプレートギャラリーには、決定木のテンプレートを数点用意しています。費用や潜在的な結果といった要素を反映させてオンラインで決定木を作成するのに便利です。エディターのテンプレート検索で「決定木」と入力後、表示されるテンプレートを選択します。

もっと詳しく
Lucidchart で決定木の作成を始める方法は?

Lucidchart のドラッグ&ドロップインターフェイスなら、決定木をゼロから作成するのも簡単です。どこから作業を始めてよいかわからない場合は、テンプレートを選択してカスタマイズしましょう。スプレッドシート、CSV や Google Sheet から Lucidchart にデータをインポートすることもできます。

もっと詳しく
決定木にデータを追加しました。このデータを使用して Lucidchart で潜在的な結果を計算することはできますか?

できます! Lucidchart でより正確に結果を算出するには、数式を使います。数式を適用すると、決定木の分岐を増やしていくたびに潜在的な費用や価値が自動で調整されます。

もっと詳しく

Lucidchartの決定木ツールでより的確な意思決定を実現させましょう

決定木の活用でより的確な意思決定を実現