質の高い製品
を開発、
構築、展開

Lucidchart をクラウドアプリの開発とサポートに活用しましょう。

無料導入相談

Lucidchart では、インフラストラクチャの現在の状態を簡単に視覚化して将来の状態を計画し、パフォーマンスの最適化に役立てることができます。ウェブサイトやプラットフォームのスムーズな稼働を確保するのに最適です。まずは Visio ステンシルインポート機能や AWS、GCP、Azure 対応の図形ライブラリから活用してみましょう。

ネットワークインフラストラクチャのビジュアル化で、問題のあるエリアの特定やトラブルシューティングもスピードアップ。顧客満足度も高まり、収益損失リスクも低減できます。さらに、クラウドインスタンスのパフォーマンスを監視するビジュアルダッシュボードとして Lucidchart を使えば、問題が発生する前に予防策を取れるようにもなります。

新機能をソフトウェアに導入する前には、その機能に対応できるインフラストラクチャと帯域幅があることを確認しておきたいもの。Lucidchart で開発とデプロイのプロセスを定義し、開発者、QA 担当者や関係者と共有しておけば、導入前に共通の理解を確立しておくことができます。

入社時や他部門への異動などの際、社内のネットワークやシステムを理解し、慣れるには、ビジュアルを使うのが一番です。Lucidchart でネットワーク図を作成したら、Confluence インテグレーションを使って図を埋め込めば、誰でもいつでも図にアクセスできる環境が完成。組織全体で常に最新情報を共有できます。

セールス担当に問い合わせる

システム設計の見える化ならクラウドインサイトで

AWS アーキテクチャ設計やインフラストラクチャの見える化を今まで無いほどに簡単に作成できる Lucidscale で今すぐ、そのシステム構成図の設計を自動で作成しましょう。

導入事例 : LINE Crop

Lucidchartを活用して、アプリの開発や業務改善に取り組んでいる株式会社 LINE Corp の導入事例を参考にしてみましょう。

一人ではなく多くのメンバーとプロジェクトを進めると、伝えたいことをスムーズに伝えることが重要になります。その際、便利な作図ツールでありながら、同時に作図したものを共有、管理できる優れたツールでもあるLucidchartが役立ちます。チーム内やチーム間の連携と効率を向上させ、より良いプロダクトを提供していきたい方々におすすめしたいです。

河炳玉氏、LAP プロダクトマネージャー

いつでも、どこでもチームのコミュニケーションを実現。今すぐ無料のトライアルに登録しましょう。

無料ではじめる

利用開始

  • 料金プラン
  • 個人向けプラン
  • チームプラン

  • 企業向けプラン
  • 営業担当担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.