Microsoft PowerPoint で Lucidchartを活用

PowerPoint プレゼンテーションとしても使えるLucidchartなら、複雑な情報やドキュメントをプレゼンテーションツールとして伝えることもできます。

無料で試してみる

連携ステップ

Word、PowerPoint、Excel へのインストールは簡単です。

  1. Word、PowerPoint、Excel を開くか、Microsoft Storeにアクセスします。
  2. [挿入] > [個人用アドイン] の順に選択します。
  3. Lucidchart をインストールします。
  4. Lucidchart 新規無料登録を行います。
  5. 連携サービスをアドインとして利用します。

見える化でシンプルな情報を作成

ドラッグ&ドロップで使えるLucidchartなら、図やドキュメントの要素のアレンジもシンプルで自由自在。マウスでクリックしてドラッグするだけで、線と図形を接続したり、写真を追加してドキュメントやグラフの外観をグレードアップすることができます。直感的なインターフェイスで、どんな作業もしやすくなります。

Visio インポート/エクスポート

ストレスなく使用できるLucidchartなら、簡単に Microsoft Visio ファイルのインポートとエクスポートが可能です。さらに、まだ Visio から切り替えていない同僚とも共同編集を続けることができるクラウドサービスです。

豊富な連携サービス

G Suite と連携しているLucidchartなら、既存の Google ログインを使用して Google Drive を同期させることができます。また、Lucidchart では、YouTube や Dropbox、Facebook からのコンテンツの追加も簡単な操作で可能です。必要なものはいつでも、手元ですぐに活用できます。

公開やシェアも簡単

共有したくなるプロフェッショナルな外観のフローチャート作成から共有までのプロセスを Lucidchart がサポートします。完成したフローチャートは、PDF や画像として公開できるほか、レポートやプレゼンテーションの中にも簡単に挿入することができます。ウェブページにチャートをそのまま埋め込むことも可能です!