Visio(ビジオ )代替ソフトウェア

または
Google Markまたは Google で登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

オススメVisio(ビジオ )代替ソフトウェア

あらゆる『図』を簡単に作成させるVisio(ビジオ )代替ソフト

  • 簡単操作機能Visio代替ソフト


    使いやすく、作業もしやすいVisio代替ソフト


    Lucidchartは、誰にでも使えるようにユーザーフレンドリーに作られています。初心者でも、プロの方でもフローチャートや図面、設計図、ネットワーク構成図をインストールせずに、楽々に作成することができます。動作も軽いLucidchartでは、常に自由自在に図形の設置や編集が可能です。
また、Mirosoft VisioやGliffy、Draw.ioなど普段使い慣れているソフトからの図やすべての VDX、VSDX、VSD ファイルをインポートし、そのままLucidchart上で図の編集し、パワーポイントとしても使用できる便利なビジュアルお仕事ツールです。

  • コストの削減も可能なVisio代替ソフト

    コラボレーションとチームワークもVisio代替ソフト
で効率アップ

    • チームや部署で管理できるファイルやフォルダー
    • メール一つで共有可能な図面
    • コメント機能で作業の確認
    • SlackやMicrosoft Teamとの統合・連携サービス
    • 同時編集機能でいつでもコラボレーションが実現
    • ConfluenceやJiraでファイルを全て一つの場所で管理
    • コミュニケーションコストの削減
    • 外部関係者やクライエントとも共有も可能
  • 安心性があるVisio代替製品

    ユニークな機能と安心性があるVisio代替製品

    Lucidchartを使用すれば、いつでも、どこでも全てのスマホやパソコンからファイルにアクセスし、フローチャートやマインドマップ、UMLやERDなどの作成を行うことができます。また、クラウドシステムを取り入れたLucidchartなら、図やファイルの保存は全く不要、常に変更を記録するシステムにより作業したデータを失う事は一切ないです。オンラインモードを利用したとしても、オフラインモードでも全ての作業を自動的に更新する機能でもう安心です。

  • Visio に代わるソフトウェア、Lucidchart の Microsoft インテグレーション

    Word、Excel、PowerPoint でアドインとしても使えるVisio代替ソフト

    Visio代替製品のLucidchartなら、 Microsoft Office や Office 365 との連携により、設計図やフローチャートなどの図面を文書に追加できます。インストールが簡単で使いやすい Word、Excel、PowerPoint アドインを使えば、データセットの図示やプレゼンテーションの作成も可能、さらに Lucidchart の図で文章の多い文書を補足するのもスムーズ。Lucidchart は Microsoft Teams ともシームレスに連携するため、チームのチャンネルで図を手軽に共有、コラボレーションや編集が可能です。

  • Visio代替ソフトLucidchartなら外部連携サービスも豊富

    外部統合・連携サービスて使い道も広がるVisio代替ソフト

    • Google 連携でスプレッドシート、プレゼンテーションに図面の埋め込み
    • 埋め込み機能で図をConfluenceなどに埋め込んでシェアも可能です。
    • 外部連携管理機能でConfluenceやOneDrive,Googleドライブ上でファイルを社内で管理
    • AWSやMySQL、SalesforceなどからデータをLucidchartにインポートし自動図面作成
    • 高度なセキュリティーとデータ安全性を重視した、Lucidchartならデータ管理も安心です

Lucidchart Visio代替ソフトファイルのインポート&エクスポートステップ

1

Visioファイルのインポート


LucidchartならVDX、VSDX、VSD 形式のファイルをすべて編集できます。まずは、[マイドキュメント] ページより [インポート] をクリックし、[Visio をインポート] を選択します。

2

Microsoft Visio(ビジオ)から図をインポート

アップロードするVisioファイルを選択し、[インポート] をクリックします。Visioファイルのインポートが完了した上で、ダイアログボックスの [文書を表示] をクリックしてVisioファイルを開きます。

3

Lucidchart上で普段通りにVisioファイルを編集

Visioからファイルをインポートした後は、いつも通りにVisioファイルをLucidchart上編集していくだけで素晴らしい図が完成します。

4

図を共有して Visio にエクスポート

VDXファイルとしてダウンロードする場合には、まずはドキュメントを開き、『形式を指定してダウンロード』をクリックして、『Visio(VDX)』 を選択するだけで、VisioファイルとしてLucidchartで作ったダイアグラムをエクスポートできます。

Lucidchart の利用を開始

Lucidchartに関するよく寄せられるFAQ

Lucidchart で Visio の図を操作できますか?

はい! ドラッグ&ドロップで操作できる Lucidchart の図形・書式設定オプションで、すべての Visio ファイル (VDX、VSDX、VSD) をインポートして編集できます。

もっと詳しく
LucidchartはMacで機能・使用できますか?


はい。Lucidchart は Visio 代替製品最適ですが、コラボレーションや使いやすさでは Visio よりも優れています。Visio と異なり、Mac、Windows、Linux のどの OS でも使えるため、使用するデバイスの種類に関係なくチーム全体で共同作業ができます。

もっと詳しく
Lucidchart の文書を Word 文書、スプレッドシートや PowerPoint プレゼンテーションに埋め込むことはできますか?

できます。Lucidchart では、Microsoft 文書や Google Drive ファイル、さらに Slack や Confluence などのコラボレーションプラットフォームへ図を埋め込むことができる便利なインテグレーションを提供しています。

もっと詳しく

Visio に代わるソフトウェア、Lucidchart の使用を開始

Visio に代わるソフトウェア