Macでも使用可能な Visio 代替ソフト

または
Google Markまたは Google で登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

Macでも使用できるVisio 代替ソフト

よりスマートでスピーディなMac対応Visio 代替ソフト

  • Mac で使える Visio 代替ソフト

    インストールなど余計な操作は不要、Macでも操作がOKなVisio代替製品

    LucidchartのVisio 代替ソフトではMac、Windows、Linux、Android や iOS、どのOSでも同じようにスムーズに動作するクラウドベースのVisio代替ソフトです。Lucidchartを導入すれば、Windowsなしでも高度なネットワーク構成図やフローチャート、システム設計図をオンライン上でいつでも作成が可能になります。 

    • 全ての機種に対応
    • クラウドサービス
    • 埋め込みOK
  • Macでスムーズに使えるVisio代替作図ツール

    Macでスムーズに使えるVisio代替作図ツール

    Lucidchartなら、ドラッグ&ドロップ機能のおかげでおかげで、どのオペレーティングシステムよりも簡単にフローチャートやUML図等を作成することができます。

    • フローチャート
    • マインドマップ
    • UML・ERD
    • ネットワーク構成図
    • 電子回路図
    • ガントチャート
    • データベース
    • その他
  • Mac でも使用できるコラボレーション Visio 代替ソフト

    いつでも、どこでも、チームと簡単にコラボレーション

    Lucidchart Visioクラウド代替ソフトなら、たとえチームメンバーが海外で出勤していても、いつでも簡単にオンライン上で同時作業を行うことが実現します。同時作業を行うことにより、今までにないほどコミュニケーションコストの削減やチームワークの業務変革が可能になり、プロジェクト管理も安心です。 

    • オンライン同時作業
    • チャットやコメント機能
    • リビジョン(履歴確認)機能
    • ファイル管理機能
    • チームフォルダー機能
    • 選べるファイル管理プラットフォーム
    • API連携
  • Mac で使える無料の Visio ビューアー

    Visioで作成したファイルのインポート&エクスポート

    Visio から Lucidchart へツールを切り替える際にも、Lucidchartだと既存の図を一から作り直す必要はありません。インポート機能を使えば、VDX、VSDX、VSD 形式のファイルをすべて Lucidchart に移動して、普段通りに編集できます。まだツールを切り替えていない同僚がいる場合には、Lucidchart の図を VDX ファイルとしてエクスポート。プラットフォーム間のコラボレーションもスムーズです。Lucidchart の無料アカウントでも、無料の Mac 版 Visio ビューアーとして使え、だれでも、どこからでも図にアクセスできるようになります。

  • Mac で使える Visio 代替ソフトの連携サービス

    豊富な連携サービスでグラフにアクセス、編集、共有

    Lucidchart の特長のひとつは、Microsoft Office 365、G Suite、Jira、Confluence、Slack などの人気アプリとのインテグレーション。Microsoft Visio よりも、図の共有やプレゼンが格段にスムーズになります。Microsoft Word、Excel、PowerPoint アドインを使用すれば、Lucidchart のもつ柔軟な機能を活用して、文章の多い文書を図で補足し、データに背景情報を追加できます。Google Drive で図を自動同期やバックアップするほか、Google Slides、Google Sheets や Google Docs アドオンを利用して、グラフをあらゆる文書に簡単に挿入することができます。 

MacもOKな Visio 代替ソフト、Lucidchart のインポート/エクスポート機能の使用方法

1

アップロードする Microsoft Visio の図やグラフを選択する

VDX、VSDX、VSD 形式のファイルを Visio から Lucidchart アカウントへ直接インポートして、編集やカスタマイズを続行できます。

2

Lucidchart へ Visio ファイルをインポート

[マイドキュメント] ページで [インポート] > [Visio をインポート] の順にクリックし、Lucidchart アカウントへアップロードしたい Visio ファイルを選択します。次に、[文書を表示] を選択して図を開きます。

3

普段どおりにグラフの編集を続行

Lucidchart で Visio ファイルを開いた後は、図を作り直すことなく、リアルタイムで図の編集を続けることができます。

4

必要に応じてグラフや図・チャートを Visio ファイルとしてエクスポート

エクスポートする図を開き、[ファイル] > [形式を指定してダウンロード] > [Visio (VDX)] の順に移動します。文書が VDX ファイルとしてデバイスにダウンロードされます。

Lucidchartの使用を開始する

Mac 版Visio 代替ソフト、Lucidchart に関するよくある質問

Lucidchart で Visio の図を操作できますか?

はい! Lucidchart へ Visio ファイル (VDX、VSDX、VSD) をインポートして作業を続行することができます。たとえ、VisioよりLucidchartに切り替えたとしても、違和感なく普段通りに図やチャートの編集がLucidchart上にて行えます。

もっと詳しく
Visio の代わりに Lucidchart を使用するメリットについて教えてください。

Lucidchartは、どのユーザーでも使用できるように、操作方法を簡単・シンプリにしました。他のソフトと比べ、アップデートもクラウド上で行われるので、いつも常に最新の情報・バージョンにアクセスすることが可能です。さらに、クラウド保存と同時編集機能のおかげで、いつでもチームや部署全体とプロジェクト管理が今までにないほど簡単に行えます。

もっと詳しく
Lucidchart の文書を Word、Excel や PowerPoint に埋め込むことはできますか?

LucidchartのMicrosoft連携サービスをご使用になれば、いつでもLucidchartのアドオンを通して、作成した図やグラフをWord・パワーポイント・Excel(エクセル)等に埋め込むことが可能になります。

もっと詳しく

アイデアをLucidchartで『見える化』してみましょう。

Mac専用 Visio 代替ソフトウェア