Excel でガントチャートを作成する方法

Excel でガントチャートを作成する方法

読み取り時間 : 約2分

ガントチャートでプロジェクトの開始から終了までの全体像を可視化することで、責任範囲の周知やタスクの優先順位付けがしやすくなります。ただ、ガントチャートの作成はそう簡単ではありません。Excel を使って作成する人も多いですが、Excel は大量のデータの整理や保存には向いていても、効率的にスケジュールを設定し、プロジェクトを計画するのに必要な柔軟性に乏しいのがデメリットと言えます。

分かりやすいガントチャートを作成して、プロジェクトのスケジュールを他のメンバーに明確に伝えられるよう、ステップ別のガイドでは Excel (エクセル) でガントチャートを作成する2つの作り方をご紹介します。

オプション1 : Lucidchart アドインで Excel にすばやくガントチャートを追加

オプション2 : Excel を使って手動でガントチャートを作成

オプション1 : Lucidchart アドインで Excel にすばやくガントチャートを追加

Microsoft Excel でガントチャートを作成する方法にはステップが18もあり、時間と手間がかかります。ただ、Excel でわざわざ作図する必要はありません。Lucidchart の Microsoft Office インテグレーションを使えば、Lucidchart の直感的な作図ツールで簡単にシャープでプロフェッショナルな図をわずか数分で完成させることができます。設定も簡単で、スプレッドシートに図を直接追加することもできます。

Lucidchart アカウントを登録して実際にガントチャートを作ってみましょう。

まずはサインアップする

Excel の Lucidchart アドインをインストールする方法

まず、Excel 用の Lucidchart アドインをダウンロードします。以下の手順で行います。

  1. Excel を開きます。
  2. [挿入] > [アドイン] > [アドインを入手] の順に選択します。
  3. 検索で「Lucidchart Diagrams for Excel」を探し、選択します。
  4. [追加] をクリックします。
  5. 利用規約に同意します。
  6. Lucidchart の認証情報でログインし、文書にアクセスします。

Lucidchart アドインを使って Excel にガントチャートを挿入する方法

Excel から離れることなく高解像度の画像としてガントチャートをスプレッドシートに挿入できます。

  1. Excel で右上隅の Lucidchart ボタンを見つけます。
  2. [図を挿入] をクリックします。
  3. ガントチャートをリストから選択します。
  4. 下のボックスにプレビューが表示されます。希望の文書を選択して [挿入] をクリックします。
  5. ガントチャートを編集するには [編集] を選択します。ポップアップウィンドウで必要な変更を行い、[挿入] をクリックすると図が更新されます。

Lucidchart で Excel にガントチャートを挿入

Lucidchart アドインを使って Excel でガントチャートを作成する方法

Microsoft アドインの Lucidchart エディターを使って Excel 内でガントチャートの作成と編集ができます。

  1. Excel で、[図の挿入] を選択して Lucidchart パネルを開きます。
  2. [図の新規作成] をクリックします。
  3. まず、空白の文書またはテンプレートを選択します。
  4. 図形をドラッグ・アンド・ドロップしてテキストを編集し、ガントチャートを作成します。
  5. 完成したガントチャートを保存し、クリックして Excel シートに戻ります。
  6. サイドバーから新しい図を選択し、[挿入] をクリックします。

Lucidchart エディターを使って Excel 内でガントチャートを作成

Lucidchart アドインのインストールや使用方法の詳細はヘルプセンターまたは以下のチュートリアル動画を参照してください。

オプション2 : Excel を使って手動でガントチャートを作成する方法

以下の手順を行って Excel でゼロからガントチャートを作成する方法もあります。ただ、Lucidchart での作図に比べて時間がかかる上に、操作があまり直感的でなく、既製のテンプレートも使えない点がマイナスではあります。

データの書式設定と棒グラフの選択

  1. 各列を入力し、「開始日」、「終了日」、「タスクの説明」、「タスクの期間」とタイトルをつけます。
  2. スプレッドシートにプロジェクトのデータを追加します。
  3. [挿入] > [グラフ] > [2-D 横棒] の順に選択します。

積み上げ棒グラフ付き Excel ガントチャート

ガントチャートにデータを追加

  1. チャート上で右クリックして [データの選択] を選択すると[データ ソースの選択] ボックスが表示されます。
  2. [追加] をクリックします。[系列の編集] ダイアログボックスが表示されます。
  3. [系列名] ボックスを選択します。
  4. [系列名] ボックスにカーソルを置いたまま、ワークシートの「開始日」セルを選択します。[系列名] ボックスをクリックして戻ります。
  5. [系列値] ボックスを選択します。
  6. [系列値] ボックスにカーソルを置いたまま、スプレッドシートの「開始日」列の値をすべて選択します。[系列値] ボックスをクリックして戻ります。[OK] をクリックします。
  7. [データ ソースの選択] ボックスに戻り、[追加] をクリックします。
  8. 「タスクの期間」についても同じ作業を繰り返します。

データソースの選択ボックス付き Excel ガントチャートシリーズの編集ボックス付き Excel ガントチャート

ガントチャートの書式設定

  1. [データ ソースの選択] ボックス左側の「開始日」を選択します。その後、[横 (項目) 軸ラベル] の [編集] ボタンをクリックします。
  2. [軸ラベルの範囲] ボックスを選択します。
  3. [軸ラベルの範囲] ボックスにカーソルを置いたまま、スプレッドシートの「タスクの説明」の下の値を選択します。[OK] をクリックします。
  4. 横棒グラフの左端の棒を選択します。右クリックして [データ系列の書式設定] を選択します。サイドバーが表示されます。
  5. 塗りつぶしバケツのアイコンを選択します。[塗りつぶし] オプションで [塗りつぶしなし] を選択します。
  6. 書式設定ウィンドウは閉じずにグラフの左にあるタスクの説明を選択し、棒グラフのアイコンをクリックします。
  7. [軸のオプション] で [軸を反転する] のチェックボックスをクリックします。

Excel でガントチャートを完成させることができました!

Excel ガントチャートExcel ガントチャート 軸を反転Excel でガントチャートを作成

ガントチャートの例

Lucidchart のガントチャートテンプレートを使えば、プロジェクトをスムーズに開始できます。テンプレートをクリックすると Lucidchart アカウントでテンプレートが開き、編集できるようになります。

基本的なガントチャート Lucidchart テンプレート
基本的なガントチャート(オンラインで変更するには画像をクリック)
進行状況バーを含むガントチャート Lucidchart テンプレート
プログレスバーを含むガントチャートの例(オンラインで変更するには画像をクリック)
市場導入ガントチャート Lucidchart テンプレート
市場導入ガントチャートの例(オンラインで変更するには画像をクリック)

Excel 向けにガントチャートを作成するなら Lucidchart が最適

重要なのは、自分の目標に最適なプログラムを選ぶことです。大量のデータの保存が必要な場合は、明らかに Excel がベストな選択肢となります。変更の多いプロジェクトの計画や実行が目的なら、Lucidchart で時間や手間をかけずにガントチャートを作成しましょう。数十種類のテンプレート、使いやすいツール、直感的なインターフェースが特長の Lucidchart なら、プロジェクト全体を最初から明確に可視化することができます。

変化に対応できるガントチャートの使い方を学びましょう。

さらに詳しく

Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

無料ではじめる

今人気

The 4 Phases of the Project Management Life Cycleプロジェクト管理ライフサイクルの4つのフェーズ

Lucidchart について

Lucidchart は、チームが複雑な内容を理解し、共通の認識を得て、スピーディに未来を作り出すうえで役立つインテリジェントな作図アプリケーションです。直感的なクラウドベースのソリューションで、フローチャート、モックアップ、UML 図などを作成しながら、視覚的に作業を進め、全員でリアルタイムでのコラボレーションが実現できます。

Visio に代わるオンラインソフトウェアとして最も人気が高い Lucidchart は、180か国以上で数百万人のユーザーに活用されています。成約を目指す企業をマッピングする営業部門のマネージャーからネットワークインフラを視覚化する IT 部門のディレクターに至るまで、その用途は多彩です。

関連する投稿 :

ガントチャートのデメリットとプロジェクト管理に使える7つのツール

gantt-chart-alternatives

Advantages of PERT charts vs. Gantt charts

PERT chart vs. Gantt chart

利用開始

  • 料金プラン
  • 個人向けプラン
  • チームプラン

  • 企業向けプラン
  • 営業担当担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.