プロジェクトリーダーの責任

プロジェクトリーダーの役割と仕事内容

読み取り時間 : 約1分

ごく最近まで、プロジェクト管理は直線的な作業で、その主な目標はプロジェクトをスコープ内、時間内、予算内に収めることでした。

しかし、職場が複雑化し、テクノロジーが進化するにつれ、プロジェクトマネージャーの役割もより重層的になってきました。今日では、ほとんどのプロジェクトに、プロジェクトを総合的に管理するソフトスキルを持ち、人材管理を重視するプロジェクトリーダーが必要とされています。

プロジェクトリーダーの進化に加え、複雑化し、変化し続ける組織においてプロジェクトリーダーが果たすべき役割や仕事内容、プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違いを詳しくご紹介します。

プロジェクトリーダーの進化とその役割

従来のプロジェクト管理チームでは、基本的にプロジェクトマネージャー、エンジニアやディレクターがプロジェクト全体を統括しており、プロジェクト管理では、実装の技術的な側面と、時間、予算、スコープの3点を既定以内に収めることに重点が置かれていました。

リードプロジェクトマネージャーという役職は、プロジェクト管理における対人面を重視する必要性から生まれたもので、チームのまとめ役、ステークホルダーへの情報提供担当者、金曜日にドーナツとコーヒーを買ってくる担当者などを決める役割を負います。

プロジェクトリーダーの役割は、チームのモチベーション維持、ステークホルダーへの働きかけ、問題解決などを通じてチームのダイナミクスとポジティブな職場環境を重視することで、目に見えないスキルギャップ埋めることです。

プロジェクトリーダーの役割に変化が起こっている理由

ビジネスのあらゆる側面においてテクノロジーが不可欠な要素となる中、それに関連するプロジェクトも複雑化し、多角的なものへと変化しています。例えば、Jira はこれまで主にサポートデスク向けプラットフォームとして機能してきましたが、現在ではあらゆるリクエストに対応するチームを管理するために使われています。したがって、Jira のようなプラットフォームを実装する際には、プロジェクトマネージャーは費用、スケジュールや品質保証といった要素に気を配るだけでなく、より多くのステークホルダーや依存関係に対処しなければならないのです。

対象範囲の拡大には、巧みなアプローチが求められます。適切な人材を巻き込むべきタイミングを見極めることで、プロジェクトへの支持と協力を得やすくなり、全社レベルの事業目標を理解しておくことで、プロジェクトリーダーはタスクの優先順位を付け、意思決定者に対してコンテキストを踏まえてタスクを説明できるようになります。こうした重要な関係を築き、プロジェクトが重要な目標にどう資するかを示せる人間力を備えているのが、プロジェクトリーダーなのです。

また、プロセスも複雑化しています。既存のプラットフォームを標準化し、重複作業を減らして規模の経済を実現しようとする企業が増える中、多数の異なるワークフローを理解し、柔軟性と一貫性を達成するための変化を実装する必要性が重視されています。

例えば、Box のようなコンテンツ管理システムは、あるチームには最適でも別のチームに対しては微調整が必要となる場合があります。強力な戦略的スキルを備えたプロジェクトリーダーなら、各チームに固有のニーズをよりスムーズに理解し、実装を標準化するための共通点を見出すことができます。

将来を見据えた強力な組み合わせ

リモート勤務に移行するチームが増える中、プロジェクトリーダーの役割にも進化が予測されます。今後のリードプロジェクトマネージャーには、リモートワークを乗り切る戦略的スキルとチームの士気を保つコミュニケーションスキルという2つのスキルの活用が求められるでしょう。

対面でのコミュニケーションが不可能な状況では、プロジェクトリーダーは、意思決定者がプロジェクトをより効率的に理解できるよう、事業戦略に対する理解を深める必要があります。プロジェクトの状況をステークホルダーにスピーディに理解してもらい、実装を成功させるために必要なものを伝えるには、ビジュアルが役立ちます。

プロジェクト進捗ダッシュボードの例
プロジェクト進捗ダッシュボード(オンラインで変更するには画像をクリック)
スプリントダッシュボードの例
スプリントダッシュボード(オンラインで変更するには画像をクリック)

チームメンバーが出社する機会が減り、コミュニケーションが難しくなるにつれ、コミュニケーションにも創造性が求められるようになります。実装がスムーズに進まないと、チームメンバーが無力感を感じたり、不満が出ることになりかねません。

こうした場面でチームが集中力を取り戻すには、ビジネスの成功に各自が果たす役割を思い出させるのがよいでしょう。ここでも、ビジュアルを使い、チームメンバーにそれぞれの担当業務が社の重要な目標の達成にどう寄与するかを示すのが有効です。ビジュアルは、課題をチャンスに変えるための問題解決のツールとしても活用できます。

マーケティングワークフロー図の例
マーケティングワークフロー図(オンラインで変更するには画像をクリック)

プロジェクトリーダーとは?

プロジェクトリーダーは必要不可欠な存在ですが、ソフトスキルが主体となる役割のため、他の役割と混同されがちで、その役割を具体的に定義するのは難しいものがあります。プロジェクトリーダーは、一般には以下のような肩書で呼ばれています。

  • プログラムマネージャー
  • プロダクトマネージャー
  • ビジネスアナリスト
  • プロジェクトマネージャー

それぞれの役割は明確に区別されるものですが、実際には、こうした役割の人がプロジェクトリーダーを兼任することも十分可能です。

こう言うと、非常に曖昧な役割に聞こえるかもしれませんが、プロジェクトリーダーを置くことで、主に以下のような3つのメリットが期待できます。

  • プロジェクトの支援 : プロジェクトリーダーはプロジェクトの成功に欠かせない人間関係の構築に寄与し、社内のチームや社外のステークホルダーへの働きかけや教育にも力を入れることができます。

  • チームの士気の維持 : チームメンバーの多くが実装の技術的側面に集中する中、プロジェクトリーダーはチームの士気を保つことに集中できます。コミュニケーション向上のためのチームビルディング演習を行ったり、プロセス改善のためのトレーニングを主導したり、人材を適材適所に配置する手助けをします。

  • 紛争の仲裁 : プロジェクト管理は直線的なプロセスと思われがちですが、プロジェクトを軌道に乗せるためには問題の解決が必要となる場合もあります。プロジェクトリーダーは、小さな障害が重大なボトルネックとなる前にチームメンバーをまとめ、解決の可能性を見出す役割を担うことができます。

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違い

業務面でのつながりが強いため、プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーは混同されがちです。プロジェクトマネージャーはプロジェクトを時間、計画、予算通りに進める責任を負っており、一般に技術的な側面への造詣が深い傾向があります。

他方、プロジェクトリーダーは、技術的な専門知識もありますが、人材管理を通してプロジェクトを円滑に進めるソフトスキルの導入に注力する存在です。プロジェクトマネージャーは映画監督で、プロジェクトリーダーはプロデューサーと捉えると分かりやすいでしょう。

プロジェクトリーダーの仕事

プロデューサーと同様に、プロジェクトリーダーもあらゆる方面に関与し、テクニカルスキルとソフトスキルの両方を使って、プロジェクトの全期間にわたりチームワークとステークホルダーの協力を促進します。その責任範囲には以下のようなものがあります。

  • プロジェクトの計画
  • チームの管理
  • スプリント計画の作成
  • プロジェクトの実行
  • チームの方向性合わせ

こうした作業から、実装に必要となる以下のような成果物が生まれます。

  • プロジェクト憲章の策定
  • 主な利害関係者の特定
  • プロジェクト管理計画の作成
  • 予算編成
  • タイムライン、スコープやスケジュールなどの定義と伝達
  • プロジェクトの最終報告書または事後分析によるプロジェクト完了の証明

プロジェクトリーダーの役割の進化は、特にリモートワークの多い現在、チームのダイナミクスとプロジェクトの成功を確保するための機会となります。プロセスの複雑さや事業目標に及ぼす影響の幅広さを考えれば、ステークホルダーの強力を巧みに管理し、強いチームを作り上げるため、プロジェクトリーダーにできることは大いにあります。今日のニーズを満たし、明日の発展を実現できるプロジェクトリーダーを探すには、上記の資質を参考にしてみましょう。

プロジェクトリーダーの仕事は定義できましたが、その任務を楽にするにはどんな方法があるでしょうか?プロジェクトリーダーの抱える主な課題に対応する解決策を確認してみましょう。

今すぐ読む

Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

無料ではじめる

今人気

The 4 Phases of the Project Management Life Cycle

プロジェクト管理ライフサイクルの4つのフェーズ

Lucidchart について

Lucidchart は、チームが複雑な内容を理解し、共通の認識を得て、スピーディに未来を作り出すうえで役立つインテリジェントな作図アプリケーションです。直感的なクラウドベースのソリューションで、フローチャート、モックアップ、UML 図などを作成しながら、視覚的に作業を進め、全員でリアルタイムでのコラボレーションが実現できます。

Visio に代わるオンラインソフトウェアとして最も人気が高い Lucidchart は、180か国以上で数百万人のユーザーに活用されています。成約を目指す企業をマッピングする営業部門のマネージャーからネットワークインフラを視覚化する IT 部門のディレクターに至るまで、その用途は多彩です。

利用開始

  • 料金プラン
  • 個人向けプラン
  • チームプラン

  • 企業向けプラン
  • 営業担当担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.