Microsoft Teams で Lucidchart を活用

Lucidchart があれば、会話の内容がテキストからビジュアルへと一変。Lucidchart インテグレーションで、Teams インターフェイス内から直接図の作成や共同編集が可能となります。

イラストレーション

Microsoft Teams で直接図を作成

Lucidchart の文書をチームチャンネル内のタブとして追加でき、チャンネルのメンバー全員が文書を編集したり、コメントを追加できるようになるインテグレーションです。埋め込みのエディターを使えば、いつも使っているインターフェイスから Lucidchart のすべての機能が活用できます。さらに、個人用のタブを設定すれば、既存のすべての Lucidchart 文書へのアクセスが可能になります。

イラストレーション

明確なコミュニケーションを実現

ビジュアルを活用すれば、伝えたいことも分かりやすく。チームメンバーに知らせておくべき情報をすばやく伝達することができます。Microsoft Teams 用 Lucidchart アプリの利用で、フローチャート、ネットワーク図、ワイヤーフレーム、モックアップ、組織図などのビジュアルを他のメンバーとリアルタイムで共同作成し、アイデア、情報やプロセスの理解と共有を実現することができます。

イラストレーション

効率性と生産性を向上

リモート勤務の導入など、メンバーがさまざまな場所に分散する環境でも、Lucidchart を使えば、あらゆる場所からのコラボレーションが実現。共通認識を育て、イノベーションを推進することができます。エディター内コメントや @mention 通知で、アイデアへのフィードバックや承認もすばやく獲得でき、スピーディに業務が前進します。

イラストレーション

連携する方法

  1. Microsoft ストアで Lucidchart を見つけます。または、Microsoft Teams から [ストア] アイコンを選択して Lucidchart を検索します。
  2. アプリをインストールして Lucidchart アカウントに接続します。
  3. [追加] をクリックしてアプリに Lucidchart を追加します。