PINGDOM_CANARY_STRING
ブレインストーミングミーティングの進め方

ブレインストーミングミーティングの進め方

読み取り時間 : 約1分

投稿者 : Lucid 編集部

60分間のミーティングでブレインストーミングを行って、大量のアイデアが壁に貼り出されたものの何の成果にも結びつかなかったとしたら、徒労感に襲われることでしょう。ミーティング終了後は皆がお互いに褒め合ってそれぞれの仕事に戻りますが、真の解決策はないままです。

ブレインストーミングは往々にしてこうした結果に終わりがちですが、それを防ぐ方法もあります。

ブレインストーミングは、新しいアイデアを生み出し、コラボレーションに適した環境を作るのに非常に有効ですが、適切な準備、リーダーシップと集中力がなければ、脱線してしまいがちです。この記事では、ブレインストーミングミーティングを効果的に行う方法を紹介します。

無料のブレインストーミングテンプレートでチームのコラボレーションを促し、最高のアイデアを記録しましょう。

今すぐ試してみる

ブレインストーミングミーティングとは?

ブレインストーミングミーティングの原型は、1939年に広告会社の経営者であったアレックス・オズボーンにより作られたものです。チーム内で広告キャンペーンのアイデアの質と量を向上させる方法を模索していた同氏が、グループでのコラボレーションセッションを開催し始めたのがきっかけで、グループとしてメンバーが集まると、独創的で創造的なアイデアが非常に効果的に生まれやすいことが明らかになりました。

現在では、ブレインストーミングはさまざまな業界で広く使われています。

ブレインストーミングのメリット

ブレインストーミングは、チームの結束力を高め、中立的な環境でアイデアを具体化するのに最適な方法です。

また、単にユニークなアイデアを生み出すだけでなく、メンバーが集まり、全員が創造的なプロセスに貢献できる場を作るという意味でも有効です。実際にミーティングで共有されるアイデアそのものよりも、こうした側面に、より高い価値があることも多々あります。

ブレインストームセッションがうまく進めば、メンバーが安心感をもって仲間と打ち解けられ、その後に貴重なコラボレーションやコミュニケーションが生まれる可能性も高まります。

ブレインストーミングの主なメリットには、新しいアイデアを出し合い、創造的な解決策を一緒に検討できる点ももちろんあります。ブレインストーミングの手法にはさまざまなものがありますが、適切な方法で進めれば、同じ時間をかけて1人で考えるよりも、多様性に富み、質の高いアイデアが生まれる場とすることができるでしょう。

ブレインストーミングに役立つ7つのヒント

一般的なブレインストーミングには、欠点や課題もあります。会議が時間とエネルギーの無駄に終わることが多いのと同様、ブレインストーミングにも失敗のリスクは大いにあります。

一般的なブレインストーミングでは1度に1人ずつ発言するため、それを聞いているうちに他の参加者が発言に引きずられてしまい、自分のアイデアを忘れてしまったり、見失ってしまうブロッキングが起こりやすくなります。

また、集団思考に陥るリスクもあります。アイデアを出し合ううち、皆が他のメンバーの考えに合わせるようになり、結果的に解決策の多様性が損なわれてしまうのです。

また、グループで発言するのに抵抗のない外交的な人が中心になりやすく、エネルギーが不用意にそちらに集中してしまいがちでもあります。こうなると、他の人の話に割り込んだり、その場で創造的な意見を出すのが苦手な内向的な人の貴重な意見が表に出なくなってしまいます。

幸い、こうした問題は回避することもできます。次回のブレインストーミングミーティングを成功させるため、以下のヒントを参考にしてみましょう。

1. 時間は短く

グループの集中力を保つため、会議時間は短く設定します。アイデアを出す時間に限りがあれば、メンバーも予定に沿って議論を進められるようになります。15~30分程度を目安にしましょう。時間が短いため、各自が事前に準備した上で参加する必要があります。また、議題も明確にしておくようにします (詳しくは後述)。

役立つヒント : ミーティングのスケジュールを設定する際には、精神的な疲れがたまり、終業時間が気になりやすく、独創的なアイデアが出にくい午後遅くの時間帯は避けましょう。

2. 少人数で

「船頭多くして船山に登る」ではありませんが、ブレインストーミングの参加人数が多すぎるのはよくないものです。参加者は10人以下と少なめに設定することで、全員の意見を聞け、より建設的な議論が期待できます。

メンバーの選び方も重要です。多様性に考慮してメンバーを選べば、問題に対する新しい捉え方やアプローチが出やすくなります。

活発な会話を促し、プロセスへの支持を得るには、問題からあまりに距離がある人は招かないようにしましょう。問題に無関係だったり、長い間関わりを持っていない人が参加すると、意義ある意見を出すのが難しくなります。

3. 解決すべき問題を説明する

最高のアイデアは、解決すべき問題を参加者全員が正確に理解しているときに生まれます。問題点を明確にするため、「来四半期に売上を伸ばすための方法は?」など、呼び水となる質問を用意しておくとよいでしょう。

続いて、解決策に対し、枠組みとなる制約や要求事項を定めます。例えば、決まった予算内で解決しなければならない場合もあるでしょう。解決策に制約が多いほど、アイデア出しの集中力が高まります。

こうした情報はミーティング前に (少なくとも1~2日前)、問題やミーティングの目標といった背景情報と合わせて配布しておきます。

4. 議題を明確に設定する

議題がはっきりしていないミーティングはすぐに脱線します。議題を作り、それに沿って進めることで、参加者の集中力を保つことができます。参加者が内容を事前に確認して準備できるよう、議題は事前に配布しておきましょう。

5. メンバーに各自で準備してもらう

集団思考を避け、各自が平等に意見を出し合えるよう、個別にブレインストーミングの準備をしておくよう通知しておきます。

研究によれば、人はまず1人で考えたほうがよいアイデアが出やすい傾向があります。その後、用意したアイデアを持ち寄って全員が集まると、より効果的に話し合って最適なソリューションを見つけ出し、それを深めることができるのです。

6. ファシリテーターを置く

ブレインストーミングミーティングを成功させるには、優れたファシリテーターが必要です。ファシリテーターは、以下の方法で議論を導き、円滑に進める役割を果たします。

  • 会話が途切れたり、テーマから外れたりした場合には、元に戻す。
  • ブレインストーミングのルールを明確にし、それを徹底する。
  • 一人一人が発言できる機会を確保する。
  • ミーティングの最後に次のステップを説明する。

ファシリテーターを置くことで、グループの集中力が高まり、時間を有効に使うことができます。

7. ミーティングに代わる方法を検討する

ブレインストーミングミーティングは一般にホワイトボードや付箋を使って対面で行われます。

ただ、効果的なブレインストーミングを行うにはこれ以外にもさまざまな方法があります。

例えば、テレワークなど、メンバーが分散して勤務するチームの場合には、Lucidchart のブレインストーミングソフトウェアなどのクラウドベースソリューションを使えば、アイデアのマップ化、フィードバックの収集、アクションプランの視覚化などがスムーズに進みます。他にも、メール、オンラインチャットやグループリーダーへ匿名で提出するなどの方法があります。チームの文化や好み、ワークスタイルに最適なツールや手段を使いましょう。

要するに、チームのニーズや目標に合ってさえいれば、ブレインストーミングの形式はどんなものでもかまいません。

ブレインストーミングの準備ができたら、Lucidchart アカウントに無料登録するか、以下のテンプレートを選んでアイデア出しをさっそく始めましょう。

ブレインストーミングボードの例
ブレインストーミングボードの例(オンラインで変更するには画像をクリック)
付箋マインドマップ
付箋マインドマップ(オンラインで変更するには画像をクリック)

著者について

株式会社  Lucid Softwareのロゴ

Lucidの編集部ではフローチャートやUMLなど行動な図や資料に関する情報から、プロジェクト管理や働き方の改善ノウハウ等の情報を発信しています。

Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

無料ではじめる

今人気

The 4 Phases of the Project Management Life Cycle

プロジェクト管理ライフサイクルの4つのフェーズ

Lucidchart について

Lucidchart は、チームが複雑な内容を理解し、共通の認識を得て、スピーディに未来を作り出すうえで役立つインテリジェントな作図アプリケーションです。直感的なクラウドベースのソリューションで、フローチャート、モックアップ、UML 図などを作成しながら、視覚的に作業を進め、全員でリアルタイムでのコラボレーションが実現できます。

Visio に代わるオンラインソフトウェアとして最も人気が高い Lucidchart は、180か国以上で数百万人のユーザーに活用されています。成約を目指す企業をマッピングする営業部門のマネージャーからネットワークインフラを視覚化する IT 部門のディレクターに至るまで、その用途は多彩です。

関連する投稿 :

How to brainstorm: 4 ways to get the creative juices flowing

how to brainstorm

リモート勤務のチームに役立つチーム作りの12のアイデア

バーチャルチームビルディングゲーム

利用開始

  • 料金プラン
  • 個人向けプラン
  • チームプラン

  • 企業向けプラン
  • 営業担当担当に問い合わせる
日本語
プライバシー法的事項
Apple App Store でダウンロードGoogle Play Store でダウンロード
© 2022 Lucid Software Inc.