Diagram

 DFD(データフローダイアグラム)とは、主に業務分析やシステム分析の際に使用され、メインはデータの流れなどビジュアル化してくれる便利な図です。更に、データフロー図は既存のシステムを分析し、障害が存在する部分を確認し、新しいビジネスプロセスを作成することが出来るダイアグラムです。データフローダイアグラムは、特定のデータの流れや、ビジネスプロセスの交換をビジュアルとして表示し、データがどのように流れ格納されるのかを明確に確認することが可能です。

Lucidchart を利用し、わずか10ステップだけでDFDを作り上げる方法を紹介します。

このページは3分で読めます

オリジナルのデータフロー図の作成をご希望ですか?Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

データフローダイアグラム の要素

DFDを作成開始するには、まずシステム全体を表示するコンテキストダイアグラムを作成する必要があります。これをエンジニア、顧客、役員に関わらず誰がどのように見ても一瞬でプロセスが理解できる為です。DFD作成した後に、プロセスに関する詳し情報を含むレベルなど等を追加できます。こちらの英語版のガイドを参考にしてください。

データーフロー図にはシステム内の様々な部分を表示する際に使用される標準的データフローダイアグラムの記号一覧があります。DFDをプロ並みに作成したい場合には、こちらの英語版DFD記号ガイドにて必要なシンボルをご覧下さい。

プロセス データフローダイアグラムでのプロセスとは処理を示す。プロセスは、データの操作と変換が行われるビジベスアクティビティでもある。

データフロー はかく図形やデータの流れ矢印で表示したものである。

外部実体 正方法として表示してあるもので、人間、外部システム、データ発生源などを示す場合がメインである。
データストア は、長方形で表示されている場合が多く、プロセスに関する重要なデータや情報などを保存する場所であることを示す。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

Lucidchartを使用してDFDをオンラインで楽々と作成する10の簡単なステップ

アカウントをお持ち手でない場合は、Lucidchartでサインアップをして、無料トライアルを利用すると直ぐにDFDを作成することが可能です。

1. データフロー図のテンプレートを選択

まずは、[文章] セクションで、[オレンジ + 文章] ボタンをクリックし、空白の ERD & データフロー図をダブルクリックします。

2. データフロー図にファイル名を指定する

画面の左上にある空白のERD&Data Flow headerをクリックし、Pop-upスクリーン画面が表示されたら、テキストボックスにお好きなチョイスの図のタイトルを入力し、[OK] をクリックするだけで、新しいDFDの名前が画面の左上に表示されます。

3. プロセスを開始する外部実体を追加する

画面の左側の列に、図形や記号のチョイスがリストされています。ここで、DFDを作成するために必要な4つの記号一覧が全て揃っている状態になっています。更に、ダイアグラムに画像などを追加することも可能です。

表示されている記号一覧はDFDに使用できる全ての図形記号です。また、LucidchartではYourdon&Coad記法や、Yourdon&DeMarco記法更にGane&Sarson記法の記号一覧を全て整っています。

次にボックス内のハイライトされたテキストをクリックし、外部実体の名前を入力します。この例では、”Customer"と入力しています。シンボルをロテーションさせたい時は、正方形の左上隅にある曲線の矢印を使用して回転させることも可能です。シンボルを削除する際には、キーをクリックし、キーボードの delete キーを押すだけで簡単に削除することができます。

4. プロセスをDFDに追加する

プロセスシンボルをクリック保持し、ワークスペース上の目的地までドラッグします。この例の中でのプロセス名は ”add product to cart" です。

 

5. データストアをDFDに追加する

データストアのシンブルをクリック保持し、ワークスペース上の目的地までドラッグします。この例の中でのデータストア名は ”shopping cart" です。

6. アイテムをDFDに追加し続ける

適切なシンボルをドラッグアンドドロップして、すべての外部実体、プロセス、データストアをダイアグラムに追加します。記号をクリック保持することによってシンボルを移動し、新しい場所にドラッグします。シンボルのサイズ変更する場合には青いボックスのコーナをクリックしてサイズ変更が可能になります。尚ダイアグラムのバックグランドはサイズ変更の際に整列ガイドとして役立ちます。

7. データフローをDFDに追加する

図内の外部実体やプロセスまたはデータストアの図形をダブルクリックし、オレンジの円をそのままクリックしたまま、他の記号にドラックするだけで、他の記号とデータフロがDFD内で接続されます。

 

8.データフロー図のファイル名を付ける

文章名又はファイル名を変更する場合には、矢印をダブルクリックします。ダブルクリックをした後、テキスト入力オプションが表示されますので、その際に、お好きな文章名に変更することが可能です。

9. 色とフォントでデータフロー図をカスタマイズする

図の基本設計が完了したら、シンボルに色々な色を追加することができたり、フォントを変更することや、矢印を調整する事も可能です。

  • カラーやシンボルを追加する場合: 図形のシンボルをクリックしてから、カラーフィルアイコンをクリックしてお好きな色を選択します。

*複数のシンボルと同じ色にするには、最初の項目をクリックし、shiftキーを押しながらのこにりの図形をクリックすると色を統一することが、可能になります。

  • フォントを統一又は変更する: メニュー [編集] オプションから[すべて選択] を選択し、[フォント] ボックスをクリックしお好きなチョイスのフォントを選択しクリックするだけで、フォントが変更されます。*日本語のフォントは『Lucid JP』がオススメです
  • 矢印のスタイル変更: 矢印のスタイルや調整が必要な場合、矢印をクリックして、次に、メニューバーの矢印アイコンをクリックして、他のスタイルを選択します。

*全ての矢印のスタイルを変更するには、[編集] メニューの [すべて選択] をクリックすると、全てのスタイル変更が可能になります。

10. タイトルを追加し完成図をシェアする

理想な図の完成後 [標準] 列の上部に、大きなTが表示されてあります。そのTをドラッグし、図表内のお好きな場所にタイトルとして追加することが可能です。フォントのサイズ変更やスタイル変更は、画面の上部にあるショートカットキーを利用すれば、両方のサイズとタイプの調整が可能になります。

完成した図を同僚やチームメンバーとシェアしたい場合は、Eメール、リンク、SNSを通しいてプロジェクトメンバーなどと完成作のDFDをシェアすることが可能になります。シェアの方法は、画面右上の青色の共有ボタンをクリックし、シェア方法をするだけで同僚など完成作をシェアできます。

メールで完成図のリンクを送信して共同編集者を追加する場合は、データフロー図を同時に操作し、チャット機能(画面右上の黄色いアイコン)クリックしてディスカッションを始める事もできます。

より楽にデータフロー図を描き上げる方法

Lucidchart のクラウド機能は、チャートやダイアグラムを自動的に保存することができ、インタネットが有る限り、どこでもいつでもLucidchartにアクセスすることが可能です。DFDをチームメンバーや同僚たちとシェアする事によって追加編集者たちがコメントや編集、更に共同編集機能でコメント追加やメンバーたちとオンラインチャットをしながらも編集が可能です。                              

さあ、今こそLucidchartのフリートライアルにサインアップをし、全てのメリットを実際に体験してみましょう!


オリジナルのデータフロー図の作成をご希望ですか?Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。