Diagram

組織図の作成は、複雑な組織をシンプルな構造へと整理する上で優れた方法です。このガイドでは、ニーズに応じたオリジナルの組織図をお好みのツールで作成するための詳しい方法に加え、組織図作成クラウドベースのツール、Lucidchart で組織図を作成する方法をご紹介しています。

このページは3分で読めます

オリジナルの組織図の作成をご希望ですか?Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

Lucidchart の利用開始

まず、無料の Lucidchart アカウントに登録します。契約義務は一切ありません。アカウントを作成したら、空白の文書を開いて作図を始めます。

図形ライブラリの有効化

新しい空白の図で、まず [組織図] 図形ライブラリを有効にします。画面左側の [+図形] ボタンをクリックして、[組織図] にチェックが入っていることを確認してください。

会社の組織図

組織図の目的は、企業、機関、部署、ひいては家族内の階層を整理し、管理することにあります。組織図を作成することで、社内構造がより明確になり、効率性が組織の内側から向上します。

1. 内容を整理

組織図の図形はそれぞれ、複雑なシステムにおける構成員を示すものです。したがって、誰がそうした構成員となるかを特定するのが最初の手順となります。組織のトップから開始し、下方向へと進めていくのがよいでしょう。例えば、CEO から始め、その部下全員を順に追加していきます。メンバー全員が反映された組織図となるよう、対象となる組織構造の精査を続けます。

2. 図形の追加と線の描画

組織図作成の最も基本的な方法は、組織図の図形を Lucidchart キャンバスへ手動で追加するというものです。左側のメニューから図形をドラッグ・アンド・ドロップし、図形にマウスポインターを合わせると表示される赤い点を外側へドラッグして図形を接続します。

3. 図形に情報を追加

図形の追加後は、歯車のアイコンをクリックし、適切なフィールドに情報を入力して、組織図のそれぞれの図形に含まれる情報を管理することができます。同じメニューで図形のレイアウトを調整し、フィールドの表示と非表示を管理します。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

データのインポートで組織図を自動作成する方法

確実ですばやい作図を行うには、組織図を手動で作成するよりも、作図に使用したい情報をインポートする方が有用な場合もあるでしょう。Lucidchart では、作図時間の短縮に大幅に貢献する、組み込みの組織図自動作成機能をご用意しています。

データのインポート機能は有料アカウントでのみご利用いただけます。

スプレッドシート内のデータの整理

エクセルで組織図を自動で作成するためには、まず作成に必要な情報が記載されたスプレッドシートの情報を整理します。ファイルは必ず CSV 形式としてください。以下のようなフィールドを含めることができます。

  • 氏名

  • 従業員 ID

  • 部署

  • 職位

  • 電話番号

  • メール

  • 報告先

Lucidchart へデータをインポート

スプレッドシートを作成したら、画面左側の組織図の図形の下にある [データをインポート] ボタンをクリックして Lucidchart にデータをインポートすることができます。

その後、画面の指示に従って組織図を作成します。Lucidchart が自動で CSV ファイルをインポートし、データを整理してくれるため、時間面でもエネルギーの面でも大きな節約となります!

もう少し詳しい情報が必要な場合には、Lucidchart で組織図のためのデータのインポートと書式設定ガイドをチェックしてみましょう。

組織図の書式設定方法

さまざまなフォント、サイズ、色を使って調整し、組織図の視覚的な魅力を高めましょう。任意の図形をクリックし、上部のメニューでその図形のプロパティを変更して、組織図のカスタマイズを完了させます。

図形のスタイルを標準化したい場合には、まず、1つの図形を希望する通りに正確にスタイル設定します。その後、以下のように [テーマ] ツールを使用し、図の残りの部分に同じ書式を簡単に適用することができます。

最初の図形のスタイルを設定した後、画面右側の [テーマ] メニューを開きます。その後、スタイル設定された図形を選択し、[デフォルトに設定] ボタンをクリックします。これにより、今後新規作成される図形すべてに希望のスタイルを適用できるようになります。このスタイルを既存のすべての図形に適用するには、[すべて適用] ボタンをクリックして組織図全体にテーマを適用します。

組織図の図形の編集を続けるには、歯車のアイコンをクリックして [高度な設定] メニューを使い、ニーズに合わせて設定を調整します。

Get more from your org charts

Though org charts are primarily used to visualize hierarchy, they often contain far more than just hierarchical information. Org charts can be a great place to store employee-specific details—like phone number, location, or scrum team—but you need a good way to access and visualize that information. This is where Lucidchart’s group view comes in.

With group view, you can arrange your org chart based on non-hierarchical factors. You can, for example, choose to view members of your organization by team, location, or supervisor ID. Lucidchart helps you visualize this information by generating a new, easy-to-understand diagram from your org chart—this new diagram is arranged not by hierarchy, but by a criterion of your choosing. 

To use group view, follow the steps below:

  1. Open the org chart data panel by double-clicking on a shape in your org chart. 
  2. Click “Layout” and select “Create Group View” from the dropdown menu. 
  3. Click “Choose Field.” From the dropdown list, select the data point that you want to focus on.
  4. Click “Create Group View,” and you’re all set! 

Lucidchart automatically creates a new diagram—located on a new tab—arranged according to the field you selected (location, for example).

Still have questions about group view? Watch our step-by-step video tutorial here.


オリジナルの組織図の作成をご希望ですか?Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。