Google Slides で Lucidchartの利用

Lucidchart の Google Slides インテグレーションを使えば、必要なコンテキストを保ったまま図やドキュメントを簡単にプレゼンとして公開できます。図をビジュアルとして提示するだけでなく、ストーリーを語らせることのできるプレゼンテーションツールです。

早速試してみるプレゼンを開始する
インストールは簡単

連携までのステップ

  1. Google Drive と連携させます。

  2. プレゼンテーションモード機能を使用してプレゼンテーションを作成します。
  3. [Google Slides へ送信] ボタンを選択します。
  4. プレゼンテーションがエクスポートされるのを待ちます。
  5. [今すぐ編集しましょう!] をクリックすると Google Slides のプレゼンテーションに移動します。

Lucidchart アカウントをお持ちでない場合は、まずは、新規登録して連携サービスを使ってみましょう。

オンラインプレゼンテーションツール

プレゼンテーションもこれで

Lucidchartなら、Google スライドやマイクロソフトのパワーポイントにもドキュメントやグラフィックスを埋め込むことができ、お好きなプラットフォームでドキュメントを公開することができます。また、Lucidchart上でも、プレゼンテーションモードを利用すれば、ダイナミックなプレゼンテーションが簡単に完成します。 

プレゼンテーションを強化

プレゼンテーションを強化

図やドキュメントの重要な点を拡大し、それぞれの表示ごとに個別のスライドを作成すれば、文章とそれにまつわるストーリーが相手に伝わりやすくなります。早速、あたなのアイデアや複雑なお仕事の内容をLucidchartとGoogleスライドで伝えてみませんか?

Googleとの連携サービス

G Suite 連携で広がる使い道

Lucidchart は Google Slides だけでなく、G Suite 全体で活用できます。文章が主体の文書に完成度の高い図を追加すれば、内容がわかりやすく、伝わりやすくなります。

もっと詳しく

Google Slides で Lucidchart を活用

Google Slides からの設定

Google Slides からの設定

Lucidchart アドオンを設定すれば、いつも使っている Google アプリを離れることなく、図をスライドに直接挿入することが可能に!

  1. [アドオン] > [アドオンを取得] の順に選択し、Lucidchart アドオンを探して選択します。
  2. これらのアプリと基本情報を共有する権限を付与します。文書のサイドバーに Lucidchart の図が表示されるようになります。
  3. [Google でサインイン] をクリックして Google Drive に Lucidchart へのアクセス許可を付与するか、Lucidchart アカウントに新規登録します。

詳細なチュートリアルを表示

Lucidchart アカウントをお持ちでない場合は、新規登録してインテグレーションを使ってみましょう。