PINGDOM_CANARY_STRING
Lucidchart Logo5W1Hとは?使い方や順番、書き方ご紹介ガイド
    5W1Hを書く
Diagram

5W1Hとは?
使い方や順番、
書き方
ご紹介ガイド

5W1H基本ガイドへようこそ

5W1Hについて基本を学びたい。
Lucidchartで5W1Hを可視化して書きたい。

目次

5W1Hやビジネスシーンに欠かせないフレームワークの作成や使い方、作成方法に関するヒントなどは、全てLucidchartで学べます。もちろん、ガイドだけではなく、実際にビジネスフレームワークを実施、作成したい際にも使える業務効率化ツールとしてのご利用も可能です。

この記事を読むのに必要な時間 : 2 分

5W1Hや5W2Hの可視化ならLucidchartを試してみませんか?オンライン上でビジネスに欠かせないさまざまなフレームワークが作れます。

5W1Hを書く

ビジネスでも活用できる5W1Hって何?意味と目的

5W1Hは、ビジネスの基本に欠かせないコミュニケーションフレームワークです。5W1Hの主な目的としては、仕事の上でメールや文章を構成する際に相手に良く理解してもらえるコミュニケーションを取れるように活用されているビジネスフレームワークとした目的でよく使用されています。

基本5W1Hの要素と順番



また、以下の例をご覧の通り、5W1Hには覚えておきたい要素が存在しますので実際に5W1Hをフレームワークとして活用する際には、必ず以下の基本5W1H要素と正しい順番を覚えていきましょう。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • 誰が(Who)
  • 何を(What)
  • なぜ?(Why)
  • どのように(How) 

さまざまな場面で役立つ5W1H

5W1Hは、コミュニケーションや情報伝達の改善以外にも、コミュニケーションや説明を改善するフレームワークとして役立ちます。5w1hを通すことにより、コミュニケーションがより効率的に、わかりやすく相手に伝えることができる効果があります。 

また、5w1hを意識することにより、ビジネス会議などでもいつまでに、何をどうのようにすればいいのかを明確にすることが可能になります。



(1)戦略会議や計画で活用

(2)コミュニケーションの改善

(3)情報をむれなく伝えられる

(4)ビジネス文章を書く際



(5)研修や新入社員にも使える



Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

5W1Hを書く

例文から学べる5W1Hの書き方と使い方

5W1Hの要素は前のセクションでも紹介した通り、簡単に活用することができます。以下のガイドでは、5W1Hの使い方と書き出し方をサンプルと事例で一緒に学んで行きましょう。

ステップ1:まずは5W1Hの要素を書き出すことを忘れずに

まずは、以下の例をご覧になれば誰でもすぐに5w1Hを意識しながら、情報を伝えていくことができます。5W1Hの書き出しは簡単に短くまとめることをおすすめします。

  • いつ When:2週間前
 
  • どこで Where:社内で

  • 誰が Who
:マーケティングディレクター

  • 何を What:コンバージョン率について

  • なぜ?Why: 去年より向上する必要性

  • どのように How:ウェブデザインの改善



ステップ2:5W1Hを意識しながらコミュニケーションを実行する

5W1Hの要素を書き出した後には、ビジネス文章を作り上げていきましょう。ここで大切なポイントが、必ず5W1Hの要素を意識しながら余計な文章や長文を避けながら、誰が読んでも理解しやすいように情報を伝えていくことです。
また、以下の例のように、内容の要素により5W1H要素順番を変更することも必要ですので、これも押さえておきましょう。



例えば、問題を重視してコミュニケーションを行いたい場合には、「何を・What」をスタート要素として5W1Hの順番を変更させます。それに対して、問題を明確に理解してもらいたい際には「なぜ?Why」をスタートポイントとして文章を作り上げていきましょう。


5W1Hの要素を意識した文章の例

相手に文章や情報を明確に、誰にでもわかりやすく理解してもらいたい場合には、以下の5W1Hに意識した例を参考にしてみてください。



「二週間前に社内で会議を行った際に、弊社のディレクターが商品ページのコンバージョン率をページのデザイン変更を通してコンバージョン率を去年より50%上げる必要性があると決定しました。」


この例では、先ほどの例を参考に5W1hに基づきながら作成された例ですが、Howが、Whatの前に変更された文章です。このように、実際に5W1Hを行った際に、必要に応じて順番を変えて行くことを覚えておきましょう。

5W2Hとは?要素とポイント

5W2Hは、5W1Hとよく似ているフレームワークですが、5w2Hは、基本的に以下の要素で組み合わせられています。

  • 

いつ(When)
  • 
どこで(Where)
  • 
誰が(Who)

  • 何を(What)

  • どのように(How)

  • どうして(Why)

  • いくら(How Much/Many) 




5W2Hは、ビジネスシーンでもよく活用されるフレームワークであり、報連相の具体性が高まる確認事項フレームワークとして使用されています。5H1Wとの違いとしては、「How Much/How Many」を付け加えたものですので、それほど大きな違いはありませんが、ビジネス計画や確認事項のコミュニケーションの際に役立つものです。

Lucidchart で可視化できる5W1Hと5W2H

Lucidchartの可視化業務効率ツール活用すれば、を5W1Hや5W2Hを可視化により見えない事項に対する理解をより効率させることができます。また、5W1Hだけではなく、社会人には欠かせないその他のフレームワークや資料、図の作成を直感的なインターフェースで仕事力を上げ、チームと一緒に最短時間でフレームワークを作り上げ行くことが全てオンライン上で実現します。
まずは、無料であなたのコミュニケーション力と仕事力を可視化で上げてみませんか?


関連する記事

  • お役立ち情報センター

5W1Hや5W2Hフレームワークや、ビジネスやマーケティングでも欠かせない企画書や分析を行いたい際にも使えるLucidchartで、早速あなたの業務を見える化で改善してみませんか?その複雑な作業、今こそ可視化でビジネスフレームワークの実行を行いましょう。

5W1Hや5W2Hの可視化ならLucidchartを試してみませんか?オンライン上でビジネスに欠かせないさまざまなフレームワークが作れます。