Lucidchart Key Management Service (KMS)

独自の暗号化キーをコントロールすることでファイルのセキュリティをさらに強化。

データをKWSでセキュアにする

データのコントロールを維持

Lucidchart なら、機密性の高いデータを含む文書をはじめ、どんな文書やデータでも安心して作成が可能。Lucidchart の提供する Key Management Service (KMS) を使えば、固有の暗号化キーを管理してセキュリティをさらに高めることができます。

業界をリードするソリューションを活用

Lucidchart は、AWS Key Management Services (KMS) とAWSクラウドベースのハードウェアセキュリティモジュール (CloudHSM) を使用して、暗号化キーを生成・保存します。これらのサービスにより、Lucidchart ならではの信頼性あるパフォーマンスと速度を損なうことなく高度なセキュリティを実現します。

Key Management Serviceの使い方

暗号化されたファイル

暗号化された文書やデータで安心

Lucidchart は、セキュリティの最初のレイヤーとして、顧客固有のキーですべての文書やファイルを暗号化します。

Lucidchart 暗号化キー

顧客のマスターキーで暗号化された顧客固有のキー

使用感や速度に影響を与えることなくセキュリティのレイヤーを追加することができます。

Lucidchart での顧客キー保管

KMS または HSM でマスターキーを保管

Lucidchart には暗号化キーの表示やアクセスは決してできません。文書やデータのコントロールは常に、ユーザー側に完全に委ねられます。

Lucidchart キーモニタリングログ

最先端の監査ログ

変更不可の監査ログで、すべての暗号化キーの使用を追跡・保存ができます。