マインドマップとは?書き方から活用例、おすすめ無料マインドマップツールまで紹介

マインドマップ (Mind Map) とは、自己分析、学習、ビジネスにも必要な解決案を生み出す際に役立つ一種の発想方法です。アイデア出しのみならず、発想力や記憶力の向上にも効果があります。このガイドでは初心者でもあっという間にわかるマインドマップの書き方、活用例、12のルールや欠点を始め、7000万人にも愛用されるおすすめの無料マインドマップ アプリ「Lucidchart」をご紹介していきます。

マインドマップとは?

マインドマップとは、自由な思考やアイデア、情報の流れを中心となる概念から分岐させて描写した図です。このプロセスを見える化することで、アイデアのブレインストーミング(ブレスト)、効果的なメモの作成、記憶力の向上、インパクトのあるプレゼン資料の作成が可能になります。

マインドマップは単純なものから詳細なものまで幅広くあり、書き方としては、用紙を使った手描きの方法やマインドマップ アプリの利用が一般的です。用途や作成にかける時間に応じて、写真や図面、太さの異なる色とりどりの曲線(ブランチ)などを巧みに追加して、おしゃれに仕上げることもできます。

マインドマップ 例

マインドマップ 例

この無料マインドマップツールをクリックして使う

マインドマップの使い方・活用場面

教育、ビジネス、コンピューターサイエンスを始め、非常に広い分野で応用

マインドマップは非常に多用途で、作成も容易なため、教育、ビジネス、コンピューターサイエンスやその他の分野で広く使われています。

ブレインストーミング

マインドマップは、ビジネス会議でのブレインストーミングにも効果的です。思考に集中することで、他の考えが浮かび上がり、そうしたアイデアの間の関連性をKJ法などで図式化することができます。個人でもビジネスでも使え、テーマから外れることもなく会議をスムーズに進行させます。

ノートの作成

学生やビジネスマンは、マインドマップを描くことで授業、プレゼンテーション、会議やブレインストーミングセッションからのアイデアを捉え、整理することができます。Lucidchartのようなプログラムを使用すれば、マップ外にノートを追加して詳細を加えることも可能です。[ノート] アイコンをクリックすればいつでも閲覧が可能です。

学習や研究にも役立つマインドマップ

マインドマップで記憶保持能力が高まることが複数の研究で証されています。学習の初期段階でマインドマップを使用していない場合でも、ノートからマップを作成し、よりよい理解と資料の解釈に役立てることができます。

意思決定

マインドマップは、優れた意思決定に到達するための要因を考える上で有用です。

プレゼンテーション

マインドマップを使えば、インパクトあるビジュアルでアイデアを提示することが可能です。Lucidchartなら様々なアプリと連携しているのでPowerPointWordExcelなどへの配置も簡単です。

自己分析

マインドマップでアイデアを整理することで、個人的なゴールやキャリア上の目標を考え、問題を解決し、未来を思い描くことができます。

創造的なプロジェクト

あらゆる創作において、ストーリーラインを書き出し、創作上のスランプを打破し、新たなアイデアを発見するための手助けとなります。このマインドマップを使ったアート特集でも見られるように、美術そのものとして美しいおしゃれなマインドマップを作成する人までいます。

企画

イベント、会議やプロジェクトをマインドマッピングで計画することができます。

他の図の作成の事前準備

マインドマップは、プロジェクトの初期段階で内容を整理し、集中を高めるためにも活用できます。その後、プロジェクトの目的と性質に応じて、他の種類の図でデータをより効果的に示すことができます。

マインドマップ書き方ステップと完成例

マインドマップの作り方は複雑だと心配しているかもしれませんが、実は非常にシンプルです。以下の4つのステップに従えば、初心者でも効果的なマインドマップを作成できます。

ステップ1. 主となる概念から始める

マインドマップを作成するときは、まず中心となるテーマを決めることが重要です。マインドマップは中央から外側に向かって広がるので、最初に決める主な概念が全体のテーマとなります。たとえば、次のようなものが主な概念として挙げられます。

  • 解決したい問題
  • ブレインストーミングするプロジェクト
  • 習得したい難しいコンセプトや情報

たとえば、「ベンジャミン・フランクリンについての論文を書く」のが目的なら、中心のテーマは「ベンジャミン・フランクリン」となります。

マインドマップの書き方の中心部分の例

ステップ2. 主となる概念にブランチを追加する

中心のテーマが決まったら、そこから派生するサブテーマをブランチとして追加していきます。ブランチを加えることで、情報の整理がしやすくなります。細かい部分にこだわらず、キーワードや短い記述で十分です。

「ベンジャミン・フランクリンに関するエッセイ」の例では、彼の人生や業績、発明などが主要なサブテーマがブランチとなります。これらの最初のブランチにさらに詳細なブランチを追加していくことで、より深く情報を整理できます。「ベンジャミン・フランクリン」の場合、彼の人生や業績、発明などがメインブランチになります。

マインドマップの書き方の次のステップの例

ステップ3. さらにブランチを追加してテーマを探求する

主なテーマが決まったら、そこから派生する情報をどんどん追加していきます。重要度の高い情報ほど中心に近く、具体的な詳細は外側に配置することで、全体のバランスが整います。

ステップ4. 画像や色を追加する

マインドマップをより視覚的に魅力的で整理されたものにするために、色や画像を追加しましょう。Lucidchartなどのマインドマップ アプリでは、色の調整が簡単にできます。画像を使うことで、各部分が視覚的にわかりやすくなり、記憶にも残りやすくなります。

「ベンジャミン・フランクリン」の例では、エッセイの準備が整うまでブランチを追加し続けます。もし試験勉強が目的なら、アイコンを使用すると記憶力が増幅されやすくなります。

以上のステップを踏んで、効果的なマインドマップを作成してみてください。

完成したマインドマップ 例

初心者でもプロに見えるマインドマップの 12 のルール

書き方のルールを表したマインドマップ

  1. 中心から始める: マインドマップは用紙の中央から開始します。これにより、情報が放射状に広がりやすくなります。

  2. ページは横向き: スペースを有効に活用し、ブランチを伸ばしやすくなるよう、ページは横向きで使います。
  3. イメージや画像を使う: 時間的に余裕があり、目的に適うようであれば、画像を使いましょう。写真やイラストを使ったマップはより記憶に残りやすくなります。

  4. 単語を使う: 各ブランチには短く、単語でラベルを付けます。シンプルでわかりやすい単語を使うことで、情報の整理がしやすくなります。

  5. 色を使う: 異なるブランチには異なる色を使って、視覚的に整理された状態を保ちます。色の違いは情報の階層やカテゴリーを明確にします。

  6. 曲線を使う: ニーズに合わせて、直線や曲線を描画します。ブザンを始め、曲線の方が面白いとする意見もあります。

  7. ブランチの階層化: ブランチのラベルや線の太さで階層を作ります。重要な情報は太い線、詳細な情報は細い線で表現します。

  8. キーワードを使う: 各ブランチにはキーワードを使用し、情報をコンパクトにまとめます。これにより、全体像が一目でわかりやすくなります。

  9. AI を使用してより多くのアイデアを生み出したり、質問で拡張してアイデアをさらに発展させましょう。Lucidchart マインドマップ アプリならAI機能が搭載されているので簡単です。
  10. 連想ゲームのように: アイデアを広げる際は、連想ゲームのように次々と関連するアイデアを出していきます。

  11. 定期的な見直し: マインドマップは一度作ったら終わりではなく、定期的に見直し、必要に応じて更新します。

  12.  最後にマインドマップを要約する: マインドマップアプリにあるAI 機能を使用してマインドマップ全体を要約してインサイトをまとめていきましょう。

マインドマップのメリットと欠点

ご覧の通り、マインドマップは、その視覚的な魅力と効果的な情報整理能力から、教育からビジネス、さらには科学の領域まで幅広く活用されています。なぜマインドマップが様々な場面で使われるか、その5つの理由を見ていきましょう。

マインドマップのメリット

  1. 記憶と情報処理の向上

    マインドマップは、脳の両側頭葉を活性化させ、情報の処理と記憶の能力を強化します。視覚的な構造化により、複雑な情報を理解しやすくします。

  2. 創造性とアイデアの促進

    枝分かれした構造でアイデアを整理するマインドマップは、創造的な思考を促進し、新しいアイデアを生み出すプロセスを支援します。

  3. 問題解決と意思決定の支援

    複雑な問題をマップ化することで、その要素間の関係を明確にし、効果的な問題解決と意思決定をサポートします。マインドマップは、解決策を見つけるための洞察を提供します。

  4. 学習の効果の増大

    学習においてマインドマップを活用することで、情報を結びつけ、理解度を深めることができます。概念を視覚的に整理することで、知識の定着が促進されます。

  5. 効率的な情報共有とコミュニケーション

    マインドマップは、複雑なアイデアや情報を簡潔にまとめ、他者との共有やコミュニケーションを効率化します。視覚的で理解しやすい形式で、意見やアイデアを伝えるのに最適です。

これらの理由から、マインドマップは単なるツールを超えて、知識の構築や創造的なプロセスをサポートする重要な方法として、ますます注目されています。しかし、全ての物事のようにマインドマップも何個かの欠点があります。

マインドマップの欠点

  1. 複雑な情報の整理が難しい

    マインドマップはシンプルな情報整理に優れていますが、複雑で大量の情報を扱う場合、整理が難しくなることがあります。

  2. 手描きの限界

    手描きのマインドマップは、修正や更新が面倒です。また、スペースの制約があり、情報が増えると見づらくなることがあります。

  3. 視覚的な制約

    手描きの場合、色や図形のバリエーションが限られており、視覚的に魅力的なマインドマップを作成するのが難しいことがあります。

  4. 共有とコラボレーションの難しさ

    手描きのマインドマップは、他人と共有するのが難しく、コラボレーションがしづらいという欠点があります。

  5. 保存と管理の手間

    手描きのマインドマップは保存や管理が難しく、失くしてしまうリスクもあります。

これらの欠点を克服するために、Lucidchartは非常に有効です。Lucidchart マインドマップアプリを使用すると、複雑な情報も視覚的に整理しやすいツールやテンプレートが豊富に提供されており、ズーム機能や階層化機能を活用することで、大量の情報も簡単に管理できます。また、デジタル上で簡単に修正・更新ができ、スペースの制約もありません。

さらに、豊富なカラーパレットや図形、アイコンを使って視覚的に魅力的なマインドマップを作成できます。共有とコラボレーションもリアルタイムで可能なため、チームでの作業がスムーズに進行し、クラウド上での自動保存機能によりデータの紛失リスクも大幅に軽減されます。

Lucidchartは、マインドマップ作成の欠点を効果的に解消し、より効率的で効果的なマインドマップを無料で作成できる強力なツールです。

3分でLucidchartの基本をマスター

  • テンプレートまたは空白のキャンバスから最初のマインドマップや図を作成するか、Lucidchartの様々な連携記法を使って文書をインポートします。
  • 図形を追加し、線を接続して、文字を書きこみます。
  • スタイルと書式設定を使用してマインドマップや図をカスタマイズする方法を学びます。
  • 「機能を検索」で必要な機能を見つけます。
  • チームでのコラボレーションを開始し、作成した図を共有します。

マインドマップの歴史

イギリスのテレビ司会者トニー・ブザンは、1970年代に出演していた BBC の TV 番組シリーズ「頭を使おう (Use Your Head)」や「スマートな思考のための現代のマインドマッピング (Modern Mind Mapping for Smarter Thinking)」を通じて、「マインドマップ」という言葉を広めました。彼の著作により、マインドマップは広く認知されるようになりましたが、アイデアを視覚的にマッピングするという概念自体は、はるか昔から存在していました。

トニー・ブザン本人の画像   トニー・ブザン出版本

古代ギリシャとローマの哲学者、テュロスのポルピュリオスは、3世紀にアリストテレスの「範疇論 (Categories)」を視覚的に図式化した人物として知られています。彼の発明であるポルピュリオスの木は、当初はイラストを含まないものでしたが、後に後世の思想家らがそれに図を加えました。また、13世紀の哲学者ラモン・リュイも、イラスト入りのポルピュリオスの木を使用し、このような図を発展させました。これらの先人たちのアイデアは、後のマインドマップの発展に大きな影響を与えました。

テュロスのポルピュリオス

 

歴史に名を残した思索家や発明者の多くが、絵や落書きを含み、曲線を多用した有機的な方法でノートを残してきたことで知られています。具体的には、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、アルバート・アインシュタイン、マリー・キュリー、トーマス・エジソン、マーク・トウェインなどが挙げられます。

マインドマップを使用した人たち

1950年代には、学習の過程と概念間の意味関係を理論化した意味ネットワークが登場しました。この理論は、アーラン・M・コリンズとM・ロス・キリアンによって1960年代にさらに発展しました。1970年代には、教育分野の専門家たちが放射状の構造を持つコンセプトマップを作成し始めましたが、これは中心となる概念の周囲に形成されるマインドマップとは異なるものでした。

一方で、トニー・ブザンは自身のマインドマップアプローチが、SF作家のロバート・A・ハインラインやA・E・ヴァン・ヴォークトによって広まったアルフレッド・コージブスキーの一般意味論に着想を得たものであると述べています。ブザンは、情報の処理は一般的に線形ではなく、左から右や上から下に流れるものではないことを認識し、マインドマップがそのような非線形な情報処理をサポートするデザインであると考えていました。

マインドマップに関連するコンセプトには以下のようなものがあります。

  • サンバースト図: 複数のレベルから構成される図で、リング図とも呼ばれます。
  • レーダーチャート: ベン図やオイラー図を発展させたもので、これらの図にポイントを追加し、クモの巣のようにポイントを結合させた図です。
  • ニーモニック: 学習改善のための簡略記憶記号を指し、頭字語、視覚によるキーや音など、さまざまな形態があります。
  • 統一モデリング言語 (UML) 図: ソフトウェアエンジニアリングにおいてシステム設計を視覚化するために用いられます。

マインドマップを生んだ研究

マインドマップの視覚的なインパクトが概念や関係の保持を促進することがいくつかの研究で示されています。トニー・ブザンは、少ない単語使用と画像、曲線、色使いの巧みな活用が記憶の保持効果をさらに強めると述べています。以下にいくつかの研究例をご紹介します。

  1. グレニス・エッジ・カニンガムによる研究 (2005年): 生物学を学ぶ高校生を対象としたこの研究では、参加者の80%がマインドマップの使用により学習効果の改善を報告しています。

  2. ポール・ファーランドらによる研究 (2002年): 医学生を対象とした研究で、マインドマップは学生の好むノート方法に依存しますが、教材内容の記憶維持において改善が見られました。

  3. A・V・ダントーニとG・P・ジップによる研究 (2006年): カイロプラクティックを学ぶ学生を対象とした研究で、マインドマップの使用が学習効果の向上に寄与したと報告されています。

これらの研究は、マインドマップが学習や記憶にどのように役立つかを示す重要な示唆を提供しています。さらに、ジョエラン・ビールとステファン・ランガーによる2011年の研究や、クラウディーン・ブルックスとクリストフ・ショマー、T・ローゼンバーガーによる2008年の自動マインドマップ作成に関する研究などもあります。

マインドマップテンプレート一覧

基本的なマインドマップ

セールスビジネスプランのマインドマップのテンプレート例

マインドマップを使ったビジネス自己分析テンプレート

色別のグループを使ったマインドマップの例

その他の豊富なマインドマップテンプレートをチェック

FAQ・よくある質問

Lucidchart について

クラウドベースのインテリジェントな図作成アプリケーション、Lucidchart は、Lucid Software のビジュアルコラボレーションスイートのコアコンポーネントで、チームがリアルタイムで共同作業し、フローチャート、モックアップ、UML 図、カスタマージャーニーマップなどを作成できる直感的なクラウドベースのソリューションです。Lucidchart はチームが前進し、より迅速に将来を見据えて構築するための最高のツールとなります。Lucid は、Google、GE、NBC Universal などの顧客や、Fortune 500 企業の 99% を始めとする世界中の主要企業にサービスを提供しています。Lucid は、Google、Atlassian、Microsoft などの業界の主要企業と提携しており、創業以来、製品、事業内容と企業文化を称える各種の賞を多数受賞しています。詳細は lucidchart.com を参照してください。

お役立ちリソース

PMに最適なマインドマップ

集中的なプロセスや精緻な図表は、小規模なチームを管理するには過剰になってしまう可能性があります。 プロジェクト管理マインドマップを使用して業務をアジャイルに進めましょう。

記事をチェック

マインドマップをエクセル(Excel)で作成する方法

このガイドでは、Lucidchart を使って Microsoft Excel でプロフェッショナルなマインドマップを手軽に作成する方法を紹介します。また、Excel でも図形ライブラリや SmartArt を使って直接マインドマップを作成することができます。

無料マインドマップツール

Lucidchart を使用して思考を視覚的に捉え、整理します。Lucid のマインドマップツールを使えば、中心的なトピックでブレインストーミングを行い、それに付随するアイデアを結び付ける作業を手軽に、直感的に行えます。

Lucidchart 無料マインドマップツールをチェック

ブレストとは? ブレインストーミングの意味とやり方や4原則の完全解説

このブレインストーミング(英語:Brainstorming)の記事では、意味、やり方、4原則などをおすすめツールに関して簡単にご紹介していきます。

利用開始

  • 料金プラン
  • 個人向けプラン
  • チームプラン

  • 企業向けプラン
  • 営業担当に問い合わせる
プライバシー法的事項Cookie のプライバシーに関する選択クッキーポリシー

© 2024 Lucid Software Inc.