プロセスマイニングツール

Lucidchart は、図の作成、データの視覚化とコラボレーションを組み合わせ、よりよい理解の促進とイノベーションの加速につなげるビジュアルワークスペースです。 

動画を見る
または
Google Markまたは Google で登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

Lucidchart プロセスマイニングツール

その業務、Lucidchart プロセスマイニングツールでデジタル化

  • プロセスマイニング(フローチャート)ツール

    あらゆるプロセスをマイニングツールで分析

    もう、プロセスの重要な詳細を手動で図式化する必要はありません。Lucidchart のプロセスマイニングツールを使えば、業務のプロセスをわかりやすく可視化することができます。充実した図形ライブラリ、カスタマイズ可能なテンプレートや直感的に使える書式設定ツールを備えた Lucidchart プロセスフローツールは、チームの固有のニーズに合った詳細なプロセスマイニングの作成に役立つソフトです。ムダや重複を特定し、共通認識を醸成し、現在のプロセスを確認して変更すべき箇所を見出すのに最適なビジュアルな業務フローが作成できます。

  • チームで使えるプロセスマイニングツール

    世界中のメンバーとリアルタイムでコラボレーション

    実際に顔を合わせる機会がない場合でも、Lucidchart を使えば、関係者やチームメンバーとリアルタイムでコラボレーションできます。チーム全体でひとつの文書を同時に編集でき、変更内容はすべて即座に反映されるので、他のメンバーの入力内容を見逃すこともありません。Mac と Windows の両方で使えるプロセスマイニングツールなら、互換性の心配も不要に。iOS と Android 向けの Lucidchart モバイルアプリを使えば、場所やタイミングにかかわらず、業務フローの作成、編集や共有も可能です。
     

  • プレゼンテーションツールとしても使える業務フローツール

    プレゼンテーションも作成できる業務フローツール

    経営幹部に高次的なプロセスの概要をプレゼンする場合でも、チームメンバーひとりひとりと個別のタスクを検証したい場合でも、Lucidchart のプレゼンテーションモードが役立ちます。キャンバスからエディター内のプレゼンテーションモードに切り替えれば、わずか数秒でわかりやすく専門的なプレゼンが完成。インタラクティブな要素を加えることもできます。プレゼンが完成したら、エディターに切り替えてマイニングツールで図の分析、書式設定や改善を続行できます。
     

  • 豊富な連携サービスも提供しているプロセスマイニングツール

    連携サービスで広がる使い道

    Microsoft Office 向けのアドインを使えば、Lucidchart エディターから文書、スプレッドシートやスライドへの図の挿入も簡単。Microsoft Word、Excel、PowerPoint 用のアドインをインストールするだけで、どんな文書でも図を挿入や共有でき、プレゼンにも使用できるようになります。さらに、Microsoft Teams インテグレーションでオンラインでのプロセスマッピングがこれまで以上にスムーズに。あらゆる Team タブに図を手軽に挿入して、アプリを離れることなく、図の表示や編集ができます。
     

  • Lucidchart Google インテグレーション

    Google アカウントの活用でプロセスもっと改善

    Lucidchart プロセスマップ作成ツールの強力な G Suite インテグレーションを使えば、Google アカウントを使用したログイン以外にもさまざまな機能を活用できます。Google Docs、Google Sheets、Google Slides 対応の無料アドオンで、わずか数クリックで文章が主体の文書、スプレッドシートやスライドショーに直接図を挿入できるように。Google Drive インテグレーションを使えば、他の文書と同様に Lucidchart 文書にアクセスし、文書を保存できます。Google Drive に保存された Lucidchart 文書は、すべて自動でバックアップと同期が行われます。
     

業務プロセスの可視化ステップ

1

マイニングしたいプロセスを決める

マイニングしたいプロセスをまずは決めましょう。その後に、プロセスの実践に関与するメンバーから情報を収集して、プロセスマップの作成を始めます。

2

各ステップを含めてベースラインとなるプロセスマップを作成

Lucidchart キャンバスに図形をドラッグ・アンド・ドロップしてすべてのステップを描き出し、希望の順序に配置します。線を使ってステップを接続し、プロセスのフローを矢印で示します。

3

書式とスタイルを設定

コンテナーとスイムレーンを使用して、プロセス内で並行するタスクや特定の役割を強調します。特定の図形を色分けして、ステップをより明確に示すこともできます。

4

図を分析・共有して改善の余地がある箇所を特定

ベースラインとなるプロセスマップを関係者と共有して、提案するプロセスに存在するボトルネックや非効率性を詳細に検討します。次に、レイヤーを使って、特定された非効率性への対処となる改善後のプロセスを表現します。

5

改善の実装、公開とモニタリング

プロセスが完成したら、Confluence、Jira や G Suite など、Lucidchart と連携するプラットフォームへ参照用にプロセスマップを埋め込みます。必要に応じて改善を追加します。

Lucidchart プロセスマッピングツールに関するよくある質問

プロセスマッピングソフトウェアの使用を開始

Lucidchart プロセスマインイングツール

業務プロセスマップのテンプレートを見る

ビジネスプロセステンプレート

ビジネスプロセスフローテンプレート