その複雑なお仕事、Lucidchartで『見える化』

ビジュアルの力で、働き方の改革を支援するクラウドサービスです。 今すぐ無料のトライアルに登録しましょう。

無料で登録

あらゆる情報でも、あらゆるお仕事でも

Lucidchartで高い視点から全体の業務状況を把握。アイデア、情報やプロセス、どんな情報でもLucidchartで見える化すれば、お仕事の効率がアップします。

  • 人材配置のニーズを特定し、組織横断的にチームを管理して、従業員の詳しい情報や人脈を明確に表示。従業員のデータを組織図に連携させれば、社内のニーズに合わせた組織図や相関図が自動で作成できます。

    さらに詳しく
  • 人材配置のニーズを特定し、組織横断的にチームを管理して、従業員の詳しい情報や人脈を明確に表示。従業員のデータを組織図に連携させれば、社内のニーズに合わせた組織図や相関図が自動で作成できます。

    さらに詳しく
  • 人材配置のニーズを特定し、組織横断的にチームを管理して、従業員の詳しい情報や人脈を明確に表示。従業員のデータを組織図に連携させれば、社内のニーズに合わせた組織図や相関図が自動で作成できます。

    さらに詳しく
  • 人材配置のニーズを特定し、組織横断的にチームを管理して、従業員の詳しい情報や人脈を明確に表示。従業員のデータを組織図に連携させれば、社内のニーズに合わせた組織図や相関図が自動で作成できます。

    さらに詳しく
  • 人材配置のニーズを特定し、組織横断的にチームを管理して、従業員の詳しい情報や人脈を明確に表示。従業員のデータを組織図に連携させれば、社内のニーズに合わせた組織図や相関図が自動で作成できます。

    さらに詳しく
  • 人材配置のニーズを特定し、組織横断的にチームを管理して、従業員の詳しい情報や人脈を明確に表示。従業員のデータを組織図に連携させれば、社内のニーズに合わせた組織図や相関図が自動で作成できます。

    さらに詳しく

人材配置のニーズを特定し、組織横断的にチームを管理して、従業員の詳しい情報や人脈を明確に表示。従業員のデータを組織図に連携させれば、社内のニーズに合わせた組織図や相関図が自動で作成できます。

さらに詳しく

99%のフォーチュン500企業より愛用されています。

Lucidchartでお仕事の可視化

  • 業務分析を簡単に理解

    業界や担当業務にかかわらず、どんなユーザーでも使えるツールが Lucidchartです。業務の進め方を改善するための強力なビジュアルを作成するのも簡単、豊富な日本語テンプレートも提供、図形ライブラリからドラッグ&ドロップをするだけで簡単に誰でも業務分析専用のグラフやチャートが作成できます。

  • 業務分析を簡単に理解

    業界や担当業務にかかわらず、どんなユーザーでも使えるツールが Lucidchartです。業務の進め方を改善するための強力なビジュアルを作成するのも簡単、豊富な日本語テンプレートも提供、図形ライブラリからドラッグ&ドロップをするだけで簡単に誰でも業務分析専用のグラフやチャートが作成できます。

  • 業務分析を簡単に理解

    業界や担当業務にかかわらず、どんなユーザーでも使えるツールが Lucidchartです。業務の進め方を改善するための強力なビジュアルを作成するのも簡単、豊富な日本語テンプレートも提供、図形ライブラリからドラッグ&ドロップをするだけで簡単に誰でも業務分析専用のグラフやチャートが作成できます。

  • 業務分析を簡単に理解

    業界や担当業務にかかわらず、どんなユーザーでも使えるツールが Lucidchartです。業務の進め方を改善するための強力なビジュアルを作成するのも簡単、豊富な日本語テンプレートも提供、図形ライブラリからドラッグ&ドロップをするだけで簡単に誰でも業務分析専用のグラフやチャートが作成できます。

  • 業務分析を簡単に理解

    業界や担当業務にかかわらず、どんなユーザーでも使えるツールが Lucidchartです。業務の進め方を改善するための強力なビジュアルを作成するのも簡単、豊富な日本語テンプレートも提供、図形ライブラリからドラッグ&ドロップをするだけで簡単に誰でも業務分析専用のグラフやチャートが作成できます。

業務分析を簡単に理解

業界や担当業務にかかわらず、どんなユーザーでも使えるツールが Lucidchartです。業務の進め方を改善するための強力なビジュアルを作成するのも簡単、豊富な日本語テンプレートも提供、図形ライブラリからドラッグ&ドロップをするだけで簡単に誰でも業務分析専用のグラフやチャートが作成できます。

「Lucidchart を使うと、仕様書内にある図やフローを仕様と一緒に表示し、管理することができます。他のソフトを使っていた時には、わざわざ仕様書をエクスポートし、別のファイルサーバーにおける管理が必要であったためできなかったことです。このように仕様の容易な共有と管理が可能になったことにより、チームが非常に効率的に作業することが可能になりました。」

——Okta、代表取締役、McKinnon氏

導入事例を詳しく見る

世界2000万人以上のユーザーより愛用されています。

無料で登録