キャリアプラン

転職や就職にお役立ち!キャリアプランの書き方

読み取り時間 : 約9分

トピック :

    キャリア面で成功を収めた人を見ると、運が良かったり、コネがあったりしたからだと思ってしまうこともありますが、そういう側面は比較的少なく、多くの場合、キャリアの成功は計画の立案と実行の成果としてもたらされるものです。さまざまな経営幹部に聞いてみれば、教育、指導、課題、そして最終的な目標を念頭に置くことなど、これまでの長い道のりの中でどうキャリアを積んできたかを詳しく説明してくれることでしょう。

    目指す将来像があっても、漠然としたアイデアに基づいて行動を起こすのは困難です。自分が何を望むかをしっかりと固めることで、正しい方向に一歩を踏み出し、その確かな一歩が力とやる気の源となってくれます。

    キャリアプランとは?

    キャリアプランとは、キャリア面での目標を設定し、達成するために使用できる、構造化された戦略的なロードマップで、キャリアを向上させるために必要なステップ、アクション、マイルストーンの概要を経時的に示します。よく練られたキャリアプランは専門能力の開発について十分な情報に基づく決定を下すのに役立ち、望ましいキャリアの成果に向けて取り組めるようになります。

    キャリアプランは以下のポイントを含めて考えていくといいです。

    • 目標の設定 : 短期と長期のキャリア目標を明確に定義します。これらの目標には、特定の職務、責任レベル、収入目標、自己啓発の目標などが含まれます。
    • 自己評価 : 自分のスキル、強み、弱み、興味、価値観、性格特性を評価します。キャリアを個人の好みや能力に合わせて選ぶには、自分自身を理解することが不可欠です。
    • 調査と研究 : 自分の目標や興味に合うさまざまな業界、職種、企業、役割を調査し、選択した分野で必要な資格、経験、スキルに関する情報を収集します。
    • スキル開発 : キャリア向上のために取得や改善が必要なスキルと知識を特定します。また、教育、トレーニングや実務経験を通じてこうしたスキルを獲得する方法を計画します。
    • ネットワーキング : 同僚、指導者、業界の専門家とつながり、専門的なネットワークを構築します。ネットワークを持つことで、キャリアを通じて貴重な洞察、機会、サポートが得られます。
    • 履歴書と個人のブランディング : スキル、業績、キャリア目標を反映させ、履歴書とオンラインプロフィールを作成・更新します。個人としてのブランドに一貫性があると、雇用企業が目に止まりやすくなります。
    • 求職活動と面接 : 積極的に求職活動をしている場合は、目標に合ったポジションを見つけて応募するための戦略をキャリアプランに含めます。具体的には、求人サイトの使用、就職説明会への参加、ネットワークの活用などが含まれます。
    • パフォーマンス評価 : キャリア目標に向け、進捗状況を定期的に評価し、マイルストーンの達成状況を確認します。変化する状況や優先事項に基づいて計画の調整が必要な場合もあります。
    • 適応性 : 状況の変化、新たな機会の発生や関心の変化に応じて、キャリアプランを柔軟に適応させます。柔軟性は、ダイナミックな人材市場で成功する上で極めて重要です。
    • 将来のビジョン : 最終的なキャリアの展望を考えてみます。リーダーになりたいか、それとも業界に変化をもたらしたいか、あるいは起業したいかなど。キャリアビジョンは、長年にわたり意思決定と行動の指針となります。

    キャリアプランとは決して単なる紙切れではなく、現在の役割にとどまって昇進や充足感、FIRE のチャンスを逃すか、充実した高収入の仕事を獲得するかの分かれ道ともなりうる重要な計画です。

    キャリアプランの例文

    Lucid を使えば、ゼロからプランを作成する必要はありません。キャリアアップに最適なさまざまなテンプレートが用意されています。

    キャリア成長計画

    このキャリア成長計画テンプレートは、上司が従業員のキャリアのガイドとすることを念頭に作成されたものですが、用途に応じて簡単に改変できます。自分の価値観からどんな役割を果たしたいかまで、自分を動かす動機を慎重に検討すれば、次のステップへの指針となるキャリア成長計画が見えてきます。

    キャプション付きキャリア成長計画のサンプルテンプレートを挿入します (テンプレートを使用するにはクリック)。

    キャリアパス

    プロジェクト管理を目指す人でなくとも、このキャリアパステンプレートはキャリアプランが思いつかないと悩んでいる人にとって参考となる一例です。現在の仕事から将来の目標に至るまでのステップを決定する際の調査の指針として役立つユニークなテンプレートで、調査にとどまらず、次のステップがどうなるかを確認することでモチベーションが高まり、インスピレーションが得られます。

    キャプション付きキャリアパスのサンプルテンプレートを挿入します (テンプレートを使用するにはクリック)。

    キャリア進捗チャート

    さまざまな職務の相互関連性を示した詳細なキャリア進捗チャートで、多方向に進むキャリアの進展に役立ちます。職務等級別の給与範囲の例も含まれています。

    キャプション付きキャリア進捗チャートのサンプルテンプレートを挿入します (テンプレートを使用するにはクリック)。

    キャリアプランの書き方

    ここでは、包括的なキャリアプランを作成する方法を簡単にステップ別で紹介します

    1. 自己評価

    • 自分自身を評価することから始め、自分の興味、価値観、長所、短所、長期的な願望について考えてみます。
    • 短期と長期のキャリア目標を特定します。具体的に達成したい内容や就きたい職はどのようなものでしょうか。
    1. 研究と調査

    • さまざまなキャリアの分野、業界、職務を調査し、雇用市場のトレンドと潜在的なキャリアパスを探ります。
    • 希望する役割に必要な資格、スキル、経験を検討します。
    1. SMART 形式で目標を設定する

    • 「具体的 (Goal specific)、測定可能 (Measurable)、達成可能 (Achievable)、関連性があり (Relevant)、期限付き (Time-bound)」合わせてスマート (SMART) な目標を立てます。「もっとよい仕事に就く」などの漠然とした目標ではなく、例えば「2年以内に給与を20%アップさせ、プロジェクト管理職に就く」などの目標を目指しましょう。
    1. スキルと知識のギャップを特定する

    • 目標を達成するために必要なスキルや知識を見極め、現在のスキルセットを棚卸しし、ギャップの有無を特定します。
    • 目標達成のために開発や改善が必要なスキルのリストを作成します。
    1. スキル開発を計画する

    • 必要なスキルと知識を習得するための計画を立てます。具体的な方法には、コースの受講、ワークショップへの参加、メンター探し、実務経験の取得などがあります。
    • スキル開発のマイルストーンと期限を設定します。
    1. 専門的なネットワークを構築する

    • プロフェッショナルなネットワーク作りや拡大を図ります。
    • 担当分野に関連するネットワーキングイベント、協議会、ワークショップに参加します。
    1. 履歴書とオンラインプロフィールを更新する

    • 履歴書や LinkedIn プロフィールは最新の状態に保ち、スキル、成果、キャリアの目標を強調します。
    • すべてのプロフェッショナルプラットフォームにわたって一貫した個人ブランドを確保します。
    1. 求職活動と面接の戦略

    • 積極的に求職活動をしている場合は、自分の目標に合ったポジションを見つけて応募するための戦略を立てます。
    • 応募書類 (履歴書、カバーレター) は、それぞれの求人に合わせて作成します。
    1. パフォーマンス評価

    • 自分のキャリア目標に向けた進捗状況を定期的に評価し、マイルストーンの達成状況を確認します。
    • パフォーマンスや状況の変化に基づき、必要に応じて計画を調整します。
    1. 適応性と柔軟性

    • 機会や課題が発生した場合には、キャリアプランを前向きに調整します。
    • 自分の関心、雇用市場、個人的な状況の変化に合わせます。
    1. 将来のビジョン

    • 最終的なキャリア面での夢を考えます。10年後、20年後、30年後の自分はどうなっているでしょうか。
    • 将来のビジョンを持つことで、時間の経過とともに選択を行い、優先順位を決めることができます。
    1. フィードバックと指導を求める

    • メンター、キャリアカウンセラーや信頼できる同僚に遠慮せずフィードバックを求めましょう。貴重な洞察とアドバイスが得られます。
    1. プランを文書化する

    • キャリアプランを紙の文書やデジタル形式で書き留めます。この文書がキャリアアップの旅のロードマップとして役立ちます。
    1. 定期的に見直して修正する

    • 目標を達成したり、新しい機会に遭遇したり、予期せぬ課題に直面したりした場合には特に、キャリアプランを定期的に見直して修正するようにします。

    キャリアプランは動的であり、キャリアの進化に応じて進化させる必要があります。定期的にプランを見直して調整し、プランを軌道に乗せて、変化する願望や状況に合わせて調整しましょう。

    Lucidchart でキャリアプランの作成を開始

    理想的なキャリアの実現にはキャリアプランが最適と確信しているあなたをお手伝いします。

     

     

    キャリアプラン

    Lucidchart のキャリア成長計画テンプレートで始めましょう。  

    テンプレートを使用

    Lucidchart について

    クラウドベースのインテリジェントな図作成アプリケーション、Lucidchart は、Lucid Software のビジュアルコラボレーションスイートのコアコンポーネントで、チームがリアルタイムで共同作業し、フローチャート、モックアップ、UML 図、カスタマージャーニーマップなどを作成できる直感的なクラウドベースのソリューションです。Lucidchart はチームが前進し、より迅速に将来を見据えて構築するための最高のツールとなります。Lucid は、Google、GE、NBC Universal などの顧客や、Fortune 500 企業の 99% を始めとする世界中の主要企業にサービスを提供しています。Lucid は、Google、Atlassian、Microsoft などの業界の主要企業と提携しており、創業以来、製品、事業内容と企業文化を称える各種の賞を多数受賞しています。詳細は lucidchart.com を参照してください。

    関連する記事

    • プロジェクトマネージャーになるには

      子供の頃、大きくなったら何になりたいかと尋ねられて「プロジェクトマネージャー」と答えた人は少ないでしょう。ただ、こうした役割への需要が高まり、可能性が広がる現在は、プロジェクトマネージャーのキャリアパスを目指す好機といえます。その概要を詳しく確認してみましょう。

    • プロダクトマネージャーになるには

      プロダクトマネジメントは、2019年に Glassdoor が発表した米国で最高の仕事リストで5位にランクインしていますが、実際にはプロダクトマネージャーはどのような役割を果たしているのでしょうか。また、あなたに向いた仕事でしょうか。プロダクトマネージャーのキャリアパスを深く掘り下げてみましょう。

    • 人事部の実際の仕事は?11の主な責任範囲

      人事部が重要な部署であることは誰もが知っていますが、その理由はほとんど知られていません。社員のニーズに応えるために人事部が何をしているのか(あるいは何をすべきなのか)について詳細に説明します。

    Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

    無料ではじめる

    または以下の方法で続行

    Google でサインインサインインMicrosoft でサインインサインインSlack でサインインサインイン

    利用開始

    • 料金プラン
    • 個人向けプラン
    • チームプラン

    • 企業向けプラン
    • 営業担当に問い合わせる
    プライバシー法的事項

    © 2024 Lucid Software Inc.