PINGDOM_CANARY_STRING
意思決定プロセス

意思決定プロセスの7つのステップ

読み取り時間 : 約1分

投稿者 : Lucid 編集部

Robert Frost 氏はこう記しています。「森の中で分かれ道に出会った。歩む者の少ない道を選んだが、それがあらゆる変化の始まりだった。」ただ、残念ながら、意思決定の中には「とりあえずこの道を進もう、行けば分かるさ」では済まないものも多々あります。ビジネス上の意思決定であればなおさらのことです。

少人数のチームをまとめるリーダーや大企業の社長など、状況はさまざまに異なりますが、個人と組織の成功が、適切な意思決定と誤った意思決定から学ぶ姿勢にかかっている点は同じです。

より収益性の高い意思決定を行うには、この記事でご紹介する意思決定プロセスステップを使いましょう。正式な意思決定プロセスを定めることで、拙速な意思決定を避け、情報に裏打ちされた決断を下せるようになります。

意思決定プロセスの概要
意思決定プロセスの概要

ビジネスにおける意思決定プロセスの定義

ビジネスにおける意思決定プロセスとは、エビデンスの検討や代替案の精査から選択肢となる案を選び、問題を解決する段階的なプロセスを指します。こうした規定のプロセスを取ることで、行った意思決定が適切なものであったかどうかを最終的に見直すことができるようにもなります。

意思決定プロセスの7つのステップ

インターネット、ビジネスの教科書や経営学のプレゼンではさまざまな意思決定のフレームワークが取り上げられていますが、実務上は以下の7つのステップがよく使われています。

1. 決定する対象を特定する

意思決定を行うには、まず解決したい問題や答えがほしい問いを特定し、意思決定を明確に定義します。解決する問題を誤って特定したり、あまりに広範囲に対象を定めてしまうと、意思決定プロセスをスムーズに始めることができなくなります。

決定内容から具体的な目標を達成したい場合は、プロセスの完了時に達成の有無が明確に分かるよう、タイムリーで測定可能な目標とするようにしましょう。

2. 関連情報を収集する

決定すべき内容を特定したら、選択に必要な情報を収集します。社内で評価を行い、関連分野で組織として成功した点と失敗した点を洗い出し、さらに研究、市場調査や有料コンサルタントからの評価など、外部のソースからも集めましょう。

ただ、情報を集めすぎて身動きが取れなくなることもありますので注意が必要です。役立ちそうな情報や統計がプロセスを複雑にするだけということもままあります。

3. 代案を特定する

関連情報が出揃ったら、問題の解決策として考えられるものを特定していきます。通常、目標を達成するには、いくつかの方法があります。例えば、ソーシャルメディアでのエンゲージメント増加を目指すなら、有料ソーシャル広告を使う、オーガニックソーシャルメディア戦略を変更する、これらを組み合わせるなどの選択肢があるはずです。

4. エビデンスを検討する

複数の案を特定したら、これらをエビデンスと照らし合わせて検討していきます。対象分野で企業がこれまでに行ってきた施策を検討し、自社の成功と失敗についても厳しく見ていきます。それぞれの案について考えうるデメリットを特定し、メリットと比較して検討しましょう。

5. 選択肢の中から選ぶ

意思決定プロセスの中で実際に決定を行うのがこのステップとなります。これまでの過程ですべき決定を明確に特定し、関連情報を全て収集し、考えうる選択肢を洗い出したので、選択の準備は万端のはずです。

6. 行動に移す

意思決定を行ったら、いよいよ実行に移ります。決定内容を具体的で達成可能なものにする計画を策定します。決定に関するプロジェクト計画を作成し、完成したら各チームがそれぞれのタスクに取り掛かります。

7. 意思決定を見直す

意思決定プロセスの最初で決めた期間が経過した後に、行った意思決定を正直に振り返ってみましょう。問題は解決したか、質問への回答にはなったか、目標は達成できたかを見直します。

もしこれらが達成できているなら、今後の参考のため、上手くいった点を書き出しておきます。達成できていない場合は、意思決定プロセスに再度取り組む際に同じミスを繰り返さないよう、問題があった点を振り返っておきます。

よりよい意思決定のためのツール

意思決定の内容によっては、決定木を使ってエビデンスの重み付けをするのも便利です。以下の例では、ある企業が製品の発売前に市場テストを実施するかどうかを検討しています。それぞれの分岐に成功確率と想定費用を割り当て、どの選択肢がより収益性の高いものかを判断できるようになっています。

数式を含む決定木
数式を使った決定木(オンラインで変更するにはクリック)

選択肢を検討し、よりよい決定につなげるには、決定マトリックスも役立ちます。決定マトリックスの作成方法を確認し、以下のテンプレートですばやく作成を始めましょう。 

決定マトリックスの例
決定マトリックスの例(オンラインで変更するにはクリック)

また、定番の長所と短所リストを作成して、どの選択肢が必須の条件を満たすか、リスク面ではどうかといった点を視覚化して評価することもできます。

長所と短所マーケティングの例
長所と短所マーケティングの例(オンラインで変更するにはクリック)

ご紹介した7つのステップにいくつかのツールを組み合わせれば、情報に基づく意思決定をよりスピーディに行えるようになります。

illustration of people working together

意思決定プロセスに役立つ追加戦略について検討しましょう。

さらに詳しく

著者について

株式会社  Lucid Softwareのロゴ

Lucidの編集部ではフローチャートやUMLなど行動な図や資料に関する情報から、プロジェクト管理や働き方の改善ノウハウ等の情報を発信しています。

Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

無料ではじめる

今人気

The 4 Phases of the Project Management Life Cycle

プロジェクト管理ライフサイクルの4つのフェーズ

Lucidchart について

Lucidchart は、チームが複雑な内容を理解し、共通の認識を得て、スピーディに未来を作り出すうえで役立つインテリジェントな作図アプリケーションです。直感的なクラウドベースのソリューションで、フローチャート、モックアップ、UML 図などを作成しながら、視覚的に作業を進め、全員でリアルタイムでのコラボレーションが実現できます。

Visio に代わるオンラインソフトウェアとして最も人気が高い Lucidchart は、180か国以上で2,500万人を超えるユーザーに活用されています。成約を目指す企業をマッピングする営業部門のマネージャーからネットワークインフラを視覚化する IT 部門のディレクターに至るまで、その用途は多彩です。

関連する投稿 :

Excel で決定木を作成する方法

Excel で決定木を作成する方法

Definition and Examples of the Consumer Decision-Making Process

consumer decision making process
日本語
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.