PINGDOM_CANARY_STRING
Lucidchart Logoブレインストーミングとは?ブレストの意味と例、やり方やルールの解説
    無料でブレストを開始する
Diagram

ブレインストーミング
とは?
ブレストの意味と
やり方やルールの解説

ブレインストーミングガイドへようこそ

ブレインストーミングに関して学びたい
ブレストを実際に実行したい

このブレインストーミング(英語:Brainstorming)の記事では、意味、やり方、ルール、進め方ルールやお勧めツールに関してご紹介していきます。

この記事を読むのに必要な時間 : 3 分

ブレストのルールや成功例、やり方から全てブレンストーミングに関するガイドでブレーンストーミングやKJ法について詳しく説明していきます。

無料でブレストを開始する

ブレインストーミングとは? 

であり、複数人で会議の際にアイデアを出し合ってブレストを活用して、アイデアや発想の整理する事をメインとして活用されています。 
ブレインストーミングは英語で、「Brainstorming」と呼ばれており、日本語では、「BS法」「ブレスト」や「ブレーンストーミング」とも呼ばれる事があります。


ブレインストーミング(ブレスト)の成功例

ブレインストーミングには効果がある

ブレインストーミングを活用することによって、クリエイティブな発想はもちろん、個人だけでは考えて浮かばないアイデアの発見や提案、会議参加者全員のアイデアを簡単にまとめる効果があり、チーム全体のまとまりが良くなります。

成功につながるブレインストーミング4つのルール

ブレインストーミングには、基本的に決まっているルールは存在しません。この理由としては、ブレストはあくまでも自由な発言を重視しして行う発想法であり、固定されたアイデアでブレストを行ってしまうと、ブレインストーミングは失敗してしまうので、しっかりとこのポイントを覚えておきましょう。

ブレーンストーミングを実施する際に重視しておきたいルールが、アイデアの否定です。ブレインストーミングは自由なアイデアを発言する方法ですので、アイデアに対する否定や結論、判断等は必ず避けておきましょう。

ブレインストーミングで大切なポイントが、普段思いつく一般的なアイデアを重視するよりも、ユニークで新しいアイデアをメインで行なっていきましょう。

限られた時間内で行うブレインストーミングでは、アイデアの質にこだわっている時間は無いので、なるべく量に重視し大量のアイデアを出していきましょう。

ある程度ブレインストーミングにアイデアが追加された後は、アイデアを整理しましょう。その後結論をまとめ、決断されたアイデアをビジネス会議でまとめていきましょう。

ブレスト(ブレーンストーミング)は、普段のミーティングとは違い、様々なアイデアを受け入れる集団発想法であるので、必ず上の4つのルールを中心にブレインストーミングを進めて行くことがお勧めです。

失敗しない成功させるブレインストーミングのやり方

ブレストやKJ法の基本は一人でもグループでも、必ず付箋を利用してアイデアを出して行くことです。メモ帳などでもブレインストーミングを行うことは可能ですが、情報整理をよりシンプルにさせる為、浮かんだアイデアを付箋に書き出しすことを一番おすすめします。

ブレインストーミング成功例サンプル&テンプレート

目的をハッキリさせるとブレインストーミングも成功する

失敗するブレストには一つの共通点があります。それは目的がハッキリしてない事です。成功するブレストを行い場合には、普段行うビジネス会議と同じように、ブレインストーミングを行なってアイデアを出す際には、必ずその目的を事前に明確にしておきましょう。ゴールが明確でないブレインストーミングは失敗例のひとつとなってしまいますので、ここを注意して重視しましょう。

ブレストの成功は時間が大切

失敗するブレストには一つの共通点があります。それは目的がハッキリしてない事です。成功するブレストを行い場合には、普段行うビジネス会議と同じように、ブレインストーミングを行なってアイデアを出す際には、必ずその目的を事前に明確にしておきましょう。また、グループ・チームでブレストを行い場合には、ファシリテーター(司会進行役)を含めメンバーをつけてそれぞれのセクションにアイデアを追加していきましょう。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

無料でブレストを開始する

ブレインストーミングの失敗例でわかる

ブレインストーミングの失敗例

こちらのブレインストーミングの失敗例を見てご覧の通り、マーケティングキャンペーンを元にブレーンストーミングを行うはずは、予算やモチベーションのトピックが上の例に書かれています。目的は決まっているはずのブレインストーミングですが本題よりズレています。成功に繋げるため必ず行進役の「司会進行役」など役割分担を事前にメンバーと行いましょう。

 

フレームワークを使ってアイデアをまとめる方法

ブレーンストーミングを実施した後は、必ずアイデアを整理する事が必要です。アイデアの整理には「KJ法」「なぜなぜ分析」「マインドマップ」を活用してアイデアをまとめていきましょう。

アイデアの整理に役立つKJ法とは?

KJ法とは、成功したブレインストーミングのアイデアを、付箋上にまとめ、グループ化させアイデアを整理する手法です。KJ法のやり方としては、以下の4つのステップを参考にしてい下さい。

ステップ1:アイデアにラベルを付ける

ステップ2:付箋(カード)にアイデアを記入する

ステップ3:付箋をグループ化して図解化させる

ステップ4:アイデアを文章化させる

ブレインストーミングのアイデア整理に使えるKJ法とは?

KJ法はメモ帳やノート、紙とペンで実施することはもちろんできますが、グループでKJ法を実際にやるとなると、ペンや紙では時間が掛かってしまいます。ブレストやKJ法をまとめて実施したい際には、KJ法アプリ・ソフトなどを利用してグループとリアルタイムに会議を行進することが実現します。

マインドマップでブレストの内容を整理

マインドマップとは、イギリス出身のトニー・ブザンが開発したひとつの思考の整理法であり、ブレインストーミングとコンビネーションで合わせ活用することができます。 

ブレストのアイデア整理にも使えるマインドマップとは?

ブレーンストーミング中にアイデアが思いつかない時には、マインドマップを使用して追加のアイデアの発見が実現します。また、オンラインホワイトボード(Whiteboard)を活用して「KJ法」「マインドマップ」「ブレインストーミング」を一つの場所でまとめることにより、より効率的な会議の行進が可能になります。



マインドマップは直ぐに見て理解できるマップですので、単語を使いマインドマップを作成することをおすすめします。マインドマップの書き方は、以下のステップでマインドマップを作成することができます。


ステップ1:メインテーマを決める

ステップ2:「サブブランチ」をメインを主に決める

ステップ3:「サブブランチ」をメインと線で繋ぐ

ステップ4:マインドマップにカラーを付け足す

 

 

Lucidchartでできるブレスト

ブレインストーミングを効率的に行いたい場合には、Lucidsparkブレインストーミングソフト・ツールをおすすめします。マインドマップやKJ法はもちろん、リアルタイムにチームメンバーとできるブレインストーミングや、ビジネス会議にも活用できるオンラインホワイトボードと豊富なコラボレーション機能や連携サービスであなたのビジネスの問題解決や打ち合わせ、業務やプロセス、ワークフローの可視化を全て次世代のコラボレーションを通して実現できるツールです。

ブレインストーミングまとめ

ブレインストーミングは多様なアイデアを出し、フレームワークを活用することにより、そのアイデアを整理し、実践することができる集団発想法です。先ほど説明した通り、ブレインストーミングの成功は基本的なルールを注意しながら行進することがとても大切です。
ブレインストーミングは一人でも、会社やビジネス問題解決でも活用することができる非常に便利な集団発想法ですので、是非、一度使用してみて下さい。



ブレインストーミング関連記事

  • ブレストツール
  • お役立ち情報
  • KJ法
  • チームでブレインストーミング

ブレインストーミング(ブレスト)やKJ法、マインドマップの実行や作成なら Lucidchartで行いましょう。早速チームで新しいアイデアを生み出すことができるコラボレーション機能が豊富なツールで今までにないブレインストーミングを始めましょう。

ブレストのルールや成功例、やり方から全てブレンストーミングに関するガイドでブレーンストーミングやKJ法について詳しく説明していきます。

日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.