Lucidchart を使って自動でデータを視覚化

生産性を向上

データのリンク機能を使えば、文書の作成や更新にかかる時間を減らして、イノベーションにつながるアイデアの共有にもっと時間を割けるように。Google Sheets や CSV ファイルに保存されたデータを簡単に図にリンクでき、Google Sheets で加えた変更は Lucidchart で即時に反映されます。文書を更新する時間が減らせるだけでなく、手動でのデータの移行にありがちなデータの入力ミスのリスクも減らせます。

ワークフローを最適化

ネットワーク図、プロセスフロー図、フロアプラン、組織図などでデータのリンク機能を活用。データをリンクすることで、以下のプロセスも容易になります。

  • ライブデータを図形や図に接続
  • 文書を最新の状態に維持
  • 継続的なデータ入力を自動化
  • データを図に正確に追加
  • データの変更を監視

 

他のシステムに情報をエクスポート

仕事で使う他のプラットフォームへもデータを自由に移動。Lucidchart なら、データのエクスポートも簡単です。わずか数クリックで図形名、テキストフィールドやリンクされたデータなど、図の情報を CSV 形式でダウンロードして他のプロジェクトで活用できます。

Pearson

実際に Lucidchart 採用の契機となったのは、ユーザーコミュニティでした。

Pearson は、Lucid テクノロジーの柔軟性を活用し、ドメイン全体にわたる協業のためのプラットフォームを構築しています。同社の従業員は、重要なチャートの作成、共有や公開を記録する場所として Lucidchart を活用し、大きな目標の実現に貢献しています。