回路図作成フリーソフト

Lucid の回路設計ソフトウェアなら、オンラインで回路図を簡単に作成して視覚化できます。ゼロから作図を始めるか、厳選されたテンプレートの1つを使用し、共同で編集して完成した図を他の人と共有しましょう。

回路図を作成スタート

または以下の方法で続行

Google でサインインサインインMicrosoft でサインインサインインSlack でサインインサインイン

世界中の数百万人ものユーザーが Lucidchart を選ぶ理由をご覧ください。

  • Atlassian logo
  • General Electric logo
  • Amazon logo
  • NBC logo
  • Venmo logo
  • Google logo

プロフェッショナルな図が作れるオンライン回路図ツール

系統図と絵式図を作成し、回路を視覚化します。

優れた機能が整っている回路図作成ソフト

すでに他のプラットフォームで作成した図がある場合は、インポート機能で既存のビジュアルを回路図作成ツールにアップロードできます。誰でも Lucidchart を使用してインポートされた文書を表示でき、個人、チーム、エンタープライズアカウントをお持ちのユーザーは Lucidchart のキャンバスで回路図を編集することもできます。さらに回路設計を Visio にエクスポートして戻すこともできるため、引き続き Visio® ユーザーと共同作業が行えます。

お気に入りのアプリと連携

Lucidchart は、Confluence、Jira、Microsoft 365、Google Workspace など、最も人気の高いアプリケーションと連携しているため、ユーザーとチームは必要な場所に回路設計を簡単に挿入できます。

数十の業界標準記号

専用の図形ライブラリを使って、あらゆるタイプの回路図を簡単に作成できます。電気、電源、トランジスター、リレー、論理ゲートなどの標準記号など、数十種類揃った業界標準の図形から使いたいものを選択し、系統図や絵式図、回路図、配線図などの電気回路図の作図に活用しましょう。Lucidchart なら、チームで使うカスタム図形の追加や管理も手軽。プロセスをさらに標準化することができます。

どこからでも作業が可能

Lucidchart のクラウドベースの作図ツールなら、デバイス、ブラウザやオペレーティングシステムに関係なく簡単に作業できます。

系統回路図や絵式回路図を簡単に作成

回路図をうまく作成すれば、複雑なシステムを明確にすることができます。比較的シンプルな絵式の回路図を作成する場合でも、技術的に知識レベルの高いチーム向けに系統的な回路図を作成する場合でも、Lucidchart の回路図作成ツールが役に立ちます。ドラッグ・アンド・ドロップで使える図形から線や矢印のスピーディな書式設定まで、多彩な機能で技術的プロセスの図を短時間で作成し、誰にとっても見やすい回路図を数分で作成できます。

高いユーザー評価

Lucidchart は、Capterra、G2、TrustRadius などの主要サードパーティアプリで数千件の5つ星レビューを獲得しています。

3分で基本をマスター

  • テンプレートまたは空白のキャンバスから最初の回路図を作成するか、文書をインポートします。
  • 図形、接続線やテキストを文書に追加して、図を充実させます。
  • 図のスタイルと書式を調整して、見やすく視覚的な魅力のあるものにします。
  • 「機能を検索」で必要な機能を見つけます。
  • 作成した組織図をチーム内で共有し、すぐにコラボレーションを開始できます。
回路図を作成スタート

回路図のテンプレートと例

テンプレートのいずれかを使用して回路図を構築しましょう。

回路図の例テンプレート

回路図の例テンプレート

Lucidchart インテグレーションアプリ

Lucidchart は、最もよく使用されるアプリとシームレスに統合します。

Lucidchart Integrations

回路図ソフトとして Lucidchart がチームに選ばれる理由をチェック

作図、データの視覚化、コラボレーションをすべて1つのプラットフォームで完結

共同編集

どんなデバイスからでも回路図を簡単に作成。Lucidchart は、チームが世界中のどこからでもリアルタイムでコラボレーションできるよう支援します。生産性を高めながら、チームで協力して目標達成につなげられます。

明確に理解

Lucidchart を使えば、複雑な問題も明確に。インテリジェントな作図機能で、プロジェクトとプロセスを最初から最後まですばやく視覚化できます。

位置合わせ

同じスペースでのコラボレーションでチームの連携を促進。プロセスとアイデアをリアルタイムで一緒にスピーディに計画して、勢いを保ちましょう。

ソリューションを組み合わせてさらに活用

Lucid ビジュアルコラボレーションスイートは、アイデア出しからプロジェクトの完了まで、作業の方法を一新します。Lucidspark でブレインストーミングと計画立案、その後は Lucidchart でマッピングすれば、組織の真の姿を描き出す設計図を作成できます。

回路図とは?

回路図は、電気回路を視覚的に表現したものです。絵式の回路図ではコンポーネントの画像 (写真やスケッチなど) を使用しますが、系統式の回路図では標準記号を使用して回路のコンポーネントと相互接続を示します。

Lucidchart での回路図の書き方

  1. 回路図を作成する目標と利用者を決定

    回路図の利用者に回路構造の専門知識があるかどうかを検討し、系統図とするか絵式図とするかを決定します。

  2. 図形ライブラリを選択してコンポーネントをドラッグ・アンド・ドロップ

    回路図の図形ライブラリを選択し、コンポーネントをキャンバスにドラッグします。参照のため、手持ちの回路の画像をインポートすることもできます。

  3. 接続を描画して書式設定

    コンポーネント間に配線を示す線を引きます。線の交差する箇所は自動的に線の飛び越して表示されますが、この内容はページ設定の線の設定から変更できます。

  4. 電源をドロップして指定

    電源コンポーネントを図にドロップし、記号をダブルクリックしてポップアップメニューでラベル、方向や電荷を指定します。

  5. レビューと共有

    接続を含め、各要素を追加したら、描画した回路が想定通りに動作するかどうかを確認します。他のユーザーと共有するほか、プレゼンテーションや画像ファイル形式で公開することもできます。

回路図に関するよくある質問

利用開始

  • 料金プラン
  • 個人向けプラン
  • チームプラン

  • 企業向けプラン
  • 営業担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー
  • linkedin
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • glassdoor

© 2024 Lucid Software Inc.