PINGDOM_CANARY_STRING
Lucidchart Logo家系図の作成におすすめ作り方と
書き方をわかりやすく解説
    家系図の作成
Diagram

家系図の作成におすすめ
作り方と
書き方を
わかりやすく解説

家系図について詳しく学びましょう!

家系図の作成経験はなくガイドで学びたい
Lucidchart を使って家系図をデザインしたい

この家系図(英語:Family Tree)のガイドでは、英語の意味、作り方、書き方、系図基本知識やおすすめする家系図作成ソフトに関してご紹介していきます。

この記事を読むのに必要な時間 : 2 分

家系の歴史の見える化なら、Lucidchart家系図作成ソフトを利用して、先祖や一族のルーツをビジュアル化させましょう。

家系図の作成

家系図とは?英語ではなんて呼ぶの?

家系図は系図とも呼ばれています。家系図は英語では、Family Tree:ファミリー・ツリーと呼ばれます。家系図は、ある家庭や一族の系統を可視化させた図表です。親族や血縁関係を図式化させるのはもちろん、遺族や先祖の調査にも役立つ図の一種です。家系図には何種類か似た図があります。例えば ジェノグラム(Genogram)は、家庭内の環境や親族の状況を可視化させた図として使われています。その他に、横系図(1家系限定の家系図)や、1家族から4家族まで表せる縦系図があります。

見本で表した家系図の参考例

家系図の調べ方と書き方とは?

家系図には、実際の親族や一族の情報が必要になっていきます。以下の記事では、家系を詳しく調査できる方法をご紹介しています。
 

家系図の作り方と家系の調査方法を表した資料
  1. まずは自分の本籍地の確認をお忘れずに

    家系図は、祖母や祖父の情報を元に作り上げて行くことも可能ですが、明確に家系の歴史を調査したい場合には、戸籍謄本を使用するのを一番おすすめします。しかし、戸籍謄本を取得する前に、必ず本籍の確認が必要となりますので、わからない場合には、役所にて本籍地の確認をしましょう。

  2. 役所又は郵便にて戸籍謄本を取得する

    本籍地の確認後、自分の家族の戸籍を取得しましょう。役所では、簡単に戸籍謄本を簡単に得る事ができます。役所での取得方法に関しては、各区や市の役所窓口にて本人確認書類(運転免許書やパスポート)の確認後取得することができます。
  3. 戸籍の情報を確認、覚える

    戸籍謄本の取得後は、記入されている内容の確認を行います。戸籍謄本はあくまでも最新の家族に関する情報が記入されていますが、情報に漏れがある可能性もありますので、各家系情報を確認して行くことをおすすめします。
  4. 最後に、家系図をエクセルまたは、アプリで作成する

    本籍確認や戸籍謄本の確認後は、さっそく家系図の作成タスクに取り掛かりましょう。家系図の良い所は、デザインに対するルールや決めれらてりるデザインはありません。ご自由に家系図をデザインできるとこが良い点です。Lucidchartの家系図作成アプリだと、親族図や一族の歴史を簡単にドラッグ&ドロップだけで、ビジュアルにすることができます。エクセルのような無駄な操作方法無しで今すぐ家系図をデザインしましょう。

 

 

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

家系図の作成

戸籍以外の家系調査方法

一番簡単な例としては、戸籍を元に家系図を作成するのが簡単ですが、情報がどれだけ得られるのかは、どれだけ正しい情報が保たれていたのかにもよりますので、得られる情報としては、100%では無いと考えた方がいいでしょう。もっとあなたの先祖や家族ルーツを知りたい、一族の歴史を明確に表したい場合には、他の調査方法を活用しましょう。以下の記事のセクションでは、家族歴を戸籍以外で調査する方法をご紹介しています。

家系の歴史調査方法を表した図

まずは、文献調査で検査を行う 

文献調査は、研究だけではなく、ご先祖の記録調査にも活用できる便利な調査方法です。この調査法のやり方としては、まず現在お住い市内の図書館の資料を参考元に行えます。ただし、この調査方法では全てのルーツの情報取得は探偵や専門家に比べては、難しい場合がありますが、専門調査や家系図サービスの依頼に比べればかなり安く行える調査方法です。

実際に現場での調査を自分で行う

文献調査後は、実際にご先祖の本籍地を訪問して調査を実行しましょう。現地調査を行う際に覚えておきたい事が、現地でも資料の調査や各地の人々への聞き込み調査を忘れずに行いましょう。

家系図専門業者に頼むのもひとつの方法

ご存知の通り、先祖の歴史を調査するのには、かなりのお時間が必要とされています。中には、戸籍や名字だけでも見つからない情報は多様にあります。また、江戸時代前の情報は漏れが多い可能性もありますので、そんな時は専門家に頼み遺族や先祖の歴史を調査してもらいましょう。先ほどもお伝えした通り、専門家や探偵の価格はそれほど安くはありません。ただし、先祖の情報を通しても詳しく知りたい場合には、家系図専門家はとても役にたつ確信してもいいでしょう。

家系図に使える無料テンプレートと見本一覧

家系図に必要な全ての情報を取得した後には、実際にエクセルや家系図作成専用アプリやソフトを使うのを一番おすすめします。Lucidchartの家系図作成ソフトを活用すれば、ドラッグ&ドロップとテンプレートから家系図を簡単に可視化して行く事ができます。また、LucidchartのテンプレートはエクセルやSNS、個人のサイトにも埋め込む事ができます。以下のテンプレートをさっそく参考にしてみましょう。

Family Treeを表したテンプレート  

人物写真付き家系図の見本


この上の家系図のテンプレートでは、家族の写真を追加する事ができます。家系図は写真は必要ありませんが、顔をつけることによって、よりおしゃれで美しい家系図を作成する事ができます。

 

家族写真を付けられる家族図参考テンプレ

家系図参考テンプレート2

こちらの参考テンプレートにも家族の顔写真を追加が可能になります。祖母や祖父の写真がない場合には、イラスト等をエディター内で検索して活用しましょう。

 

参考にできるジェノグラムのサンプル

ジェノグラムのサンプル

家族関係を表す際に、理解するために最適な家系図に似たジェノグラムのテンプレートです。こちらを活用して家庭内環境や先祖や遺族の状況をビジュアルさせましょう。

 

家系図についてのまとめ

この家系図ガイドでは、書き方や作り方、おすすめ作成アプリに関してご紹介しました。是非 Lucidchartの家系図ガイドより、家系図の書き方ガイドとして今後も、参考して頂けますと幸いです。家系図の作成も、見本一覧も豊富なLucidchartで、今すぐあなたの家族や先祖を可視化させてみませんか?


家系図お役立ち情報一覧

  • ジェノグラム作成ソフト
  • 家系図作成ソフト
  • ジェノグラムとは?

家系図や横系図、縦系図、ジェノグラムやエコマップの作成なら、Lucidchart家系図作成ソフトを活用して、遺族や親族、家族の歴史を見える化させましょう。個人でも、家系図専門家でも、家族とリアルタイムに家系図をデザインすることがいつでも、どこからでも実現します。 

家系の歴史の見える化なら、Lucidchart家系図作成ソフトを利用して、先祖や一族のルーツをビジュアル化させましょう。

日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.