Diagram

間取り図(フロアプラン)とは?

間取り図について学びたいテーマを選んでみましょう!

間取り図の作成経験はなく、一から学びたい。

Lucidchartの間取り図ソフトを使えば不動産専用の間取り図はもちろん、室内レイアウトやマイホーム専用の間取り図も簡単に作ることができます。このガイドでは、間取り図のデザインをスタートから完成までスムーズかつ素早く進めるために必要なすべてを、ステップ別の間取り図デザインガイドを紹介しています。

このページは5分で読めます

Lucidchartなら、マイホームのデザインも、不動産でも使える間取り図やオフィスのフロアプラン さえも簡単に作成できます。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

間取り図とは?

フロアプラン(間取り図)は、部屋、空間やレイアウトを視覚化した図です。間取り図を作成することで、部屋の大きさや、家具の位置などを視覚的に確認することもできます。さまざまなデザイン、さらに空間内の人の流れを示す動線のオプションを試すことができる楽しい平面図でもあります。

高名な建築家、ジャン・ヌーヴェルはこう述べています。「空間、空間・・・建築家が口にするのは空間のことばかり!でも、空間を創り出すだけが建築家の仕事ではありません。同じ空間から傑作を生み出すことも、最悪の代物を作り出すこともできるのです。」小さな住宅の設計からコンベンションでの参加者のスムーズな流れの計画まで、エンドユーザーの要件に基づき、論理的な空間を作り、図式化するための最初のステップとして間取り図が使われる理由はここにあります。

間取り図と建築図面の比較

間取り図は、生活空間、オフィス空間や屋外空間の全体像を示します。縮尺図面の一種ではありますが、建設業者が実際に住宅その他の構造物を建設するために必要な情報は含まれておらず、部屋のレイアウトを示し、概念的な出発点となる性質のものです。建築段階では、フロアプラン(間取り図)には通常含まれない技術情報が記載された完全な設計図や建築用の図面が必要となります。

新規/既存の環境における空間設計と動線

空間計画は新しい建造物における重要な要素ですが、既存のスペースについて再考し、よりよい活用方法を検討する上でも同様に重要です。内装が未完の高層オフィスビル、技術変革に伴う組織の急成長、ダウンサイジングや再構築など、多数の要因を背景に、空間計画の需要は拡大し、建築事務所における個別のサービスとなるに至りました。空間計画の詳細は、米国建築家協会 (AIA) 出版の「Space Planning (スペースプランニング)」で学ぶことができます。

動線と交通流

生活、仕事や買い物、集いの場となる空間では、室内の配置、そしてあるスペースから別のスペースへの流れがその環境で受ける印象と有用性に違いをもたらします。動線と交通流の良し悪しは、計画対象となる空間の性質により決まります。例えば、小売店舗の場合には、来店者が空間全体を歩き回るような配置が適していますし、アートギャラリーでは、できるだけ制約の少なく、ボトルネックの生じない配置が望ましいでしょう。床面積の区切り方により、同じ面積の室内でも、サイトラインによってまったく違って見えることもあります (サイトラインとは、観察者から対象物や対象領域への理論的な視線を指します)。一般則としては、空間内に視覚的な障壁が少ないほど、空間が広く見えます。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

間取り図と風水

フローの概念は、単に空間内の人々の物理的な移動のみを指すものではありません。調和のとれた環境を生み出す思想である風水は、5,000年以上の長きにわたり、私的空間と公共空間のデザインに用いられてきました。現代では、世界中の風水専門家が、古代から続く厳格なルールに新建築物のデザインや既存環境の再配置を適合させるため、縮小したフロアプランを利用しています。例えば、上海に建設された世界最新のディズニーテーマパークの着工前には、風水専門家によるコンサルテーションが行われました。風水については、AIA 発行のベストプラクティス記事、「Feng Shui Principals for Building and Remodeling (建築やリモデルのための風水の原則)」で詳細を学ぶことができます。

あらゆる空間規模に対応する間取り図作成のための7つのヒント

間取り図の作成に紙と鉛筆、縮尺設定のための方眼紙を使う場合でも、オンライン間取り図ソフトを使う場合でも、しっかりとした図を作成するためには欠かせない手順やアイテムがあります。

  1. 要件を列挙する。対象の空間を利用する人の希望やニーズをすべて盛り込んだリストを作成します。

  2. 測定する。測り直しの手間を省くため、正確に測定を行います。以下を測定します。

    1. 外壁や空間の床面積、出入口や窓。

    2. 壁の端から端まで、さらに床から天井まで。

    3. コンセント、スイッチなどの操作部のある場所。

    4. 作り付けの部分:暖炉、ブラケット、棚、ソファーやその他のビルトイン機能を含む備え付けの建築設備。

    5. 周囲の空間、これらのアイテムの外側や全体寸法、プラン内の配置。

    6. 空間内に配置するオブジェクト。

  3. 縮尺を設定する。フロアプランには適宜、縮尺を設定する必要があります。空間全体が1枚の紙や画面にきちんと収まるよう、図のサイズを縮小します。縮尺は1/4インチ = 1フィートとするのが一般的です。家具や展示ブースなど、フロアプランに含めるオブジェクトに対してもこの縮尺を適用します。

  4. サイトラインを検討する。立っている時、座っている時や仕事中に視界に入ってほしいものを考えます。窓、出入口や壁などを考慮し、対象の空間の用途に照らして最もふさわしいと思われるものを検討します。

  5. プランを作成する。すべての構成要素を念頭に置き、間取り図を作成します。 

  6. 評価する。プランに盛り込みたい内容、盛り込むべき内容を確認します。動線の分析を含め、空間的配置を評価しましょう。利用可能部分、プライバシーやアクセシビリティなども併せて検討します。

  7. 共有する。 共同作業でプランを作成し、完成したフロアプランは他の人にも見てもらいます。役立つフィードバックが得られ、思考とデザインを再考する機会となります。

室内レイアウトの例

間取り図は通常、住宅やオフィス環境の設計の第一歩となるものと考えられていますが、庭園計画、戦略的な非常口計画、駐車場のプランニングや展示企画など、他のさまざまな用途にも使われる基本的な図です。

間取り図の室内レイアウトと用途には以下のようなものがあります。

住宅と不動産

2013年における住宅面積は、1973年に比較して1,000平方フィート増と拡大しています。アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所では、1人当たりの居住面積は過去40年間で倍増したとしています。

住宅の大型化が進むにつれ、オープンプラン型の内装やサイトラインへのこだわりに対する人気が高まってきており、Google Trends では、過去10年間における関心の高まりを以下のように示しています。

比較的大きな家で見られる、隣接したリビングスペースからキッチンが見えるオープンスタイルのフロアプランが、あらゆる規模の住宅のデザインに影響を及ぼしています。とりわけ、流行の「スモールスペース」デザインで、少ない面積でも広さと明るさを感じられる設計を実現するために積極的に取り入れられています。住宅の賃貸、購入や建設などの場面において、消費者は、優れたフロアプランが、生活をより快適にし、物件価値を向上させる上で役立つことを理解しています。そのため、不動産業者や建設会社は、主要な販売促進ツールとしてオンラインや紙ベースでフロアプランを活用しています。

景観設計

内装と同様に、外部空間にも計画が必要です。よいプランニングは、現地の現況を詳細に把握し、分析することから始まります。加えて、中庭、私道や歩道などの構造物と将来的な植栽を計画するため、正確な測定で作成した基本図を併用します。自宅の庭の設計にも使える、クラウドベースの Lucidchart 景観設計ソフトウェアをチェックしてみましょう。

ワークスペース

オフィス空間のトレンドは、個別のオフィスからブース、オープンスペースへと変遷してきました。オープンプランには利点も欠点もありますが、建築コストが低水準で、人事異動に対応しやすい形式であるため、しばらくは人気が続くと考えられます。どんなスタイルのレイアウトを選択する場合でも、オフィスの新設や再配置にフロアプランを利用することで、時間と費用を節約することができます。企業にとっては見逃せない利点です。

公共スペース

スタッフや多数の利用者が空間内を動き回る美術館、学校、役所や病院などの施設では、安全性、セキュリティ、出入口、業務や集会のためのスペースなどに特別な配慮が必要となります。適切な空間設計のためには、フロアプランを使ったレイアウトが非常に重要な第一歩となります。また、こうした規模の大きな建物では、インタラクティブ形式や紙ベースで利用者を案内するためのわかりやすいフロアプランも必要となります。こうしたプランは、順路案内のサインの一環として使われます。

小売スペース

小売スペースのプランニングにおいては、内装のレイアウトがあらゆる規模の店舗の収益性を左右する重要な要素となります。売上を最大化する交通流動については、長年研究が重ねられてきました。ここで考慮すべき点は大きく3つあります。1つ目は、入店時には右方向へ向かう顧客が多いということ。2つ目は、売上目標や店舗の種別により、通路の寸法を検討すること。さらに、光量と空間の広さを考慮に入れること。顧客の動きが速くなりすぎると、商品を素通りしてしまう可能性があります。遅すぎると、顧客が苛立ち、退店してしまうかもしれません。バランスとよく考えられたデザイン (さらに、場所) こそが、高い収益を生む上で効果的な小売フロアプランを実現するための鍵となります。 

駐車場

小売やサービス業態において、駐車スペースの適切な設計は、事業の成否に重大な影響を及ぼす要素です。身体が不自由な利用者のアクセスやバリアフリー設計、景観にも留意する必要があります。建築物の種類、環境や地域の法律により、具体的な設計内容は異なりますが、一般には、現在、また将来の車両寸法に合わせ、駐車可能台数を最大化することを目的として設計を行います。

イベントや展示

大勢の人が集まるイベントの企画における失敗は、非常に高くつく可能性があります。そのため、作り込まれたフロアプランの準備を含め、事前にできるだけ綿密な計画を立てておくことが得策です。結婚式、企業のイベントや会議では、収容人数が数百人から数千人に登る可能性があります。したがって、効率的かつ効果的に空間を活用するよう、熟考する必要があります。参加者、展示者やベンダーにとっては、席配置、ブースや動線のパターンを把握し、群衆の動きについて考えることが重要です。会場でのイベントを成功させるためには、ケータリング会社、照明や音響チーム、警備員を始めとするスタッフが会場となる空間について十分に把握していることも肝要です。また、物理的な空間のプランニング同様、群衆の動きを理解することがきわめて重要です。

オンラインテンプレートで間取り図作成を簡単に

Lucidchartのテンプレートを使用すれば今までになかったほど、素早く簡単に間取り図を作成することができます。Lucidchartのユーザーフレンドリーインターフェースのお陰で、ドラッグ&ドロップだけで間取り図やマイホーム専用のレイアウトをさっと仕上げることができます。

Lucidchartで間取り図を作成

手描きや他のプログラムなど、間取り図の作成が必要以上に難しくなるツールをわざわざ使う必要はありません。Lucidchart を使えば、あらゆる空間や場所の室内レイアウトやフロアマップをわかりやすく作成し、好みに応じてカスタマイズすることができます。以下では、Lucidchart での間取り図がスピーディかつ簡単になる理由を余すところなくご紹介しています。

  • テンプレートでデザイン作業がシンプルに。間取り図の作成が初めてでも、便利でカスタマイズ可能なテンプレートを使用すれば数分で作図が始められます。
  • 必要な要素がすべて揃ったドラッグ・アンド・ドロップで使える図形ライブラリ。サイズに合わせてスケーリングされ、最大限に使いやすく調整されたオブジェクトが揃っています。充実したライブラリから必要な図形をドラッグし、希望の場所にドロップして作図を開始。オブジェクトはカスタムライブラリに保存して後で使用することができます。
  • クラウドで共同作図。Google Drive、Confluence、JIRA、Jive とのインテグレーションで、シームレスなチームワークを実現。Lucidchart の共同編集機能を使って、リアルタイムで閲覧、編集、コメントやチャットが可能です。
  • 共有や公開も自在。PDF、JPEG、PNG 画像で必要なサイズに印刷したり、ソーシャルメディアやメールでフロアプランを共有して常に最新の図の状態で共同作業を続けることができます。
  • プラットフォームを超えて使える機能性。高い互換性が特長の Lucidchart は、Windows や Linux、OS Xなど、どのオペレーティングシステムでも使えます。
  • Visio と Gliffy の間取り図をインポート/エクスポート。 過去に作成した図を簡単かつスピーディにセキュアな一つの場所にまとめ、既存の図をブラウザで自在に編集することができます。
  • どこでも好きな時に使える間取り図アプリ。iOS アプリを使えば、デスクトップ以外でもデザインが可能に。外出先でもモバイルデバイスやタブレットからデザインができます。

Lucidchartなら、マイホームのデザインも、不動産でも使える間取り図やオフィスのフロアプラン さえも簡単に作成できます。