Diagram

夢の住まいを建設したい方におすすめ|間取り図の基礎とコツ

間取り図について学びたいテーマを選んでみましょう!

間取り図の作成経験はなく、一から学びたい。

Lucidchartの間取り図作成ソフトを使えば不動産専用の間取り図はもちろん、室内レイアウトやマイホーム専用の間取り図も簡単に作ることができます。この平面図・間取りガイドでは、住みやすい住まいの建設に欠かせない間取り図の基礎と作成、コツをご紹介しています。

読取り時間5 分

Lucidchartなら、マイホームのデザインも、不動産でも使える間取り図やオフィスのフロアプラン さえも簡単に作成できます。

間取り図の作成

間取り図とは?

フロアプラン(間取り図)は、部屋、空間やオフィスなどのレイアウトの間取りのイメージを伝える時に役立つ図の一種です。間取り図を作成することで、自分が希望する部屋の大きさや、家具の位置などを視覚的に確認することができ、お家の基本情報の把握を実現させます。

また、間取り図はマイホームやマンションのイメージを建築会社に伝えるだけではなく、一級建築士事務所や一般建築士にも使われている住宅建築には欠かせない図です。

間取り図で確認できること

間取り図を作成することによりリフォームや再建設の際のプラン計画にはもちろん、以下の基本情報も確認することができます。

  • ドア、収納室の大きさや位置
  • ベッドルームやリビングの配置や広さの確認
  • お部屋の数や日当たりなど
  • キッチンや玄関、車庫の位置確認
  • オフィスの場合には家具やデスクの位置確認等

新規/既存の環境における空間設計と動線

空間計画は新しい建造物における重要な要素ですが、既存のスペースについて再考し、よりよい活用方法を検討する上でも同様に重要です。内装が未完の高層オフィスビル、技術変革に伴う組織の急成長、ダウンサイジングや再構築など、多数の要因を背景に、空間計画の需要は拡大し、建築事務所における個別のサービスとなるに至りました。空間計画の詳細は、米国建築家協会 (AIA) 出版の「Space Planning (スペースプランニング)」で学ぶことができます。

動線と交通流

生活、仕事や買い物、集いの場となる空間では、室内の配置、そしてあるスペースから別のスペースへの流れがその環境で受ける印象と有用性に違いをもたらします。動線と交通流の良し悪しは、計画対象となる空間の性質により決まります。例えば、小売店舗の場合には、来店者が空間全体を歩き回るような配置が適していますし、アートギャラリーでは、できるだけ制約の少なく、ボトルネックの生じない配置が望ましいでしょう。床面積の区切り方により、同じ面積の室内でも、サイトラインによってまったく違って見えることもあります (サイトラインとは、観察者から対象物や対象領域への理論的な視線を指します)。一般則としては、空間内に視覚的な障壁が少ないほど、空間が広く見えます。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

間取り図の作成

間取り図と風水

フローの概念は、単に空間内の人々の物理的な移動のみを指すものではありません。調和のとれた環境を生み出す思想である風水は、5,000年以上の長きにわたり、私的空間と公共空間のデザインに用いられてきました。現代では、世界中の風水専門家が、古代から続く厳格なルールに新建築物のデザインや既存環境の再配置を適合させるため、縮小したフロアプランを利用しています。例えば、上海に建設された世界最新のディズニーテーマパークの着工前には、風水専門家によるコンサルテーションが行われました。風水については、AIA 発行のベストプラクティス記事、「Feng Shui Principals for Building and Remodeling (建築やリモデルのための風水の原則)」で詳細を学ぶことができます。

自分でも作れる間取り図作成方法とポイント

間取り図は普段、建築業者が作成しますが、中には家づくりを頼りたくない方ももちろんいます。ご自分でマイホームの間取り図で建築家に理想の間取りを伝えたい時には、こちらのクラウド間取り図作成ツールを使用して、理想の間取り図を作成していきましょう。初めて間取り図やイメージ図を作成する方でも、豊富なアイコンや記号、間取り図の例やテンプレートが揃っているLucidchartなら、安心して直ぐに夢のマイホームのデザインができます。

  1. テンプレートの選択:まずは、間取り図の例または、空白の例を選びます。

  2. 間取り図アイコンと記号を活用:左側に表示されている専門記号とアイコンをドラッグ&ドロップします。

  3. お部屋、窓などの大きさ、広さの確認:間取り作成ツール内にでは大きさを自動で確認できます。確認したい場所を一つ一つチェックしていきましょう。

  4. 家具や家電のチェック:間取り図内に置かれている家具等の位置の確認を再度行いましょう。場所が気に入らない場合には、家具のアイコンをクリックして、家具や家電の位置を変えましょう。

  5. 動線や他のレイアウトの再確認:冷蔵庫やソファーの場所、ピアノや本棚、ダイニングセット等のレイアウトを再度行いましょう。

  6. プリントアウト・印刷:最後に間取り図の作成が完了したあとは、プランを印刷して、建築家にイメージを伝えて行きましょう。

  7. 理想の間取り図を建築家とシェア: 自分で作成した間取り図は必ず建築家とシェアしましょう。シェアすることにより、手間をかけずイメージを事前に伝えることができます。

住宅やオフィスの間取り図例

間取り図は基本的住宅の平米や面積によって異なってきます。自分の必要性に近い間取り図の例を参考にして下さい。

Lucidchart の間取り図の室内レイアウト例には以下のようなものがあります。他の例を参考にしたい場合には、こちらにて例にアクセスして下さい">https://app.lucidchart.com/ja/users/registerLevel">こちら…。

住宅の間取り図サンプル

https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/pages/chart/seo/FloorPl…; width="500" />

オフィスの室内間取り図例

以下のオフィスの例では、キッチンや食堂、待合室、会議室などのイメージ例を表しています。オフィス内への入口より迷わず他の部屋まで辿り着けるレイアウトとなっており、シンプルで建築家にもわかりやすい間取り図となっています。

https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/pages/chart/seo/FloorPl…; width="500" />

オフィスレイアウト例

オフィス空間のトレンドは、個別のオフィスからブース、オープンスペースへと変遷してきました。オープンプランには利点も欠点もありますが、建築コストが低水準で、人事異動に対応しやすい形式であるため、しばらくは人気が続くと考えられます。どんなスタイルのレイアウトを選択する場合でも、オフィスの新設や再配置にフロアプランを利用することで、時間と費用を節約することができます。企業にとっては見逃せない利点です。

https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/pages/chart/seo/FloorPl…; width="500" />

公共スペース間取り図例

スタッフや多数の利用者が空間内を動き回る美術館、学校、役所や病院などの施設では、安全性、セキュリティ、出入口、業務や集会のためのスペースなどに特別な配慮が必要となります。適切な空間設計のためには、フロアプランを使ったレイアウトが非常に重要な第一歩となります。また、こうした規模の大きな建物では、インタラクティブ形式や紙ベースで利用者を案内するためのわかりやすいフロアプランも必要となります。こうしたプランは、順路案内のサインの一環として使われます。

https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/pages/chart/seo/FloorPl…; width="500" />

お店の間取り図例

小売スペースのプランニングにおいては、内装のレイアウトがあらゆる規模の店舗の収益性を左右する重要な要素となります。売上を最大化する交通流動については、長年研究が重ねられてきました。ここで考慮すべき点は大きく3つあります。1つ目は、入店時には右方向へ向かう顧客が多いということ。2つ目は、売上目標や店舗の種別により、通路の寸法を検討すること。さらに、光量と空間の広さを考慮に入れること。顧客の動きが速くなりすぎると、商品を素通りしてしまう可能性があります。遅すぎると、顧客が苛立ち、退店してしまうかもしれません。バランスとよく考えられたデザイン (さらに、場所) こそが、高い収益を生む上で効果的な小売フロアプランを実現するための鍵となります。 

https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/pages/chart/seo/FloorPl…; width="500" />

駐車場のレイアウトとイメージ図の例

小売やサービス業態において、駐車スペースの適切な設計は、事業の成否に重大な影響を及ぼす要素です。身体が不自由な利用者のアクセスやバリアフリー設計、景観にも留意する必要があります。建築物の種類、環境や地域の法律により、具体的な設計内容は異なりますが、一般には、現在、また将来の車両寸法に合わせ、駐車可能台数を最大化することを目的として設計を行います。

https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/pages/chart/seo/FloorPl…; width="500" />

イベントや展示のレイアウト例

大勢の人が集まるイベントの企画における失敗は、非常に高くつく可能性があります。そのため、作り込まれたフロアプランの準備を含め、事前にできるだけ綿密な計画を立てておくことが得策です。結婚式、企業のイベントや会議では、収容人数が数百人から数千人に登る可能性があります。したがって、効率的かつ効果的に空間を活用するよう、熟考する必要があります。参加者、展示者やベンダーにとっては、席配置、ブースや動線のパターンを把握し、群衆の動きについて考えることが重要です。会場でのイベントを成功させるためには、ケータリング会社、照明や音響チーム、警備員を始めとするスタッフが会場となる空間について十分に把握していることも肝要です。また、物理的な空間のプランニング同様、群衆の動きを理解することがきわめて重要です。

例やテンプレートから作成できる簡単間取り図

Lucidchartのテンプレートを使用すれば今までになかったほど、素早く簡単に間取り図を作成することができます。Lucidchartのユーザーフレンドリーインターフェースのお陰で、ドラッグ&ドロップだけで間取り図やマイホーム専用のレイアウトとイメージをさっと仕上げることができます。

Lucidchartで間取り図を作成

手描きや他のプログラムなど、間取り図の作成が必要以上に難しくなるツールをわざわざ使う必要はありません。Lucidchart を使えば、あらゆる空間や場所の室内レイアウトやフロアマップをわかりやすく作成し、好みに応じてカスタマイズすることができます。以下では、Lucidchart での間取り図がスピーディかつ簡単になる理由を余すところなくご紹介しています。

  • テンプレートでデザイン作業がシンプルに。間取り図の作成が初めてでも、便利でカスタマイズ可能なテンプレートを使用すれば数分で作図が始められます。
  • 必要な要素がすべて揃ったドラッグ・アンド・ドロップで使える図形ライブラリ。サイズに合わせてスケーリングされ、最大限に使いやすく調整されたオブジェクトが揃っています。充実したライブラリから必要な図形をドラッグし、希望の場所にドロップして作図を開始。オブジェクトはカスタムライブラリに保存して後で使用することができます。
  • クラウドで共同作図。Google Drive、Confluence、JIRA、Jive とのインテグレーションで、シームレスなチームワークを実現。Lucidchart の共同編集機能を使って、リアルタイムで閲覧、編集、コメントやチャットが可能です。
  • 共有や公開も自在。PDF、JPEG、PNG 画像で必要なサイズに印刷したり、ソーシャルメディアやメールでフロアプランを共有して常に最新の図の状態で共同作業を続けることができます。
  • プラットフォームを超えて使える機能性。高い互換性が特長の Lucidchart は、Windows や Linux、OS Xなど、どのオペレーティングシステムでも使えます。
  • Visio と Gliffy の間取り図をインポート/エクスポート。 過去に作成した図を簡単かつスピーディにセキュアな一つの場所にまとめ、既存の図をブラウザで自在に編集することができます。
  • どこでも好きな時に使える間取り図アプリ。iOS アプリを使えば、デスクトップ以外でもデザインが可能に。外出先でもモバイルデバイスやタブレットからデザインができます。

役立つリソース

  • 間取り図ソフト
  • 間取り図の記号
  • 非常時に使える避難経路図の作成方と見本

Lucidchartなら、マイホームのデザインも、不動産でも使える間取り図やオフィスのフロアプラン さえも簡単に作成できます。