Diagram

非常時に使える
避難経路図の
作成方と見本

間取り図について学びたいテーマを選んでみましょう!

間取り図の作成経験はなく、一から学びたい。

避難経路図について

災害や火災が発生した際に必要な避難経路図は、オフィスや博物館、学校やさまざまな公共の場で必ず目にする図です。また、避難経路図は日本の消防法や建築基準法上でも義務付けらいるため、必ず作成する必要がある図です。その為、避難経路図を作成、設置することにより、事前に災害に対して備える事が実現します。避難経路図はその他、災害や避難教育として重要な図として扱われています。Lucidchartでは、さまざまな経路図に役立つ見本やサンプル、作成方法をご紹介しています。

この記事を読むのに必要な時間 : 1 分

Lucidchartなら、マイホームのデザインも、不動産でも使える間取り図やオフィスのフロアプラン さえも簡単に作成できます。

間取り図の作成

避難経路図の作成方とポイント

ステップ1:避難経路図を作成する前に必ず事前にフロアプラン(間取り図)の作成を行う。

ステップ2:オフィスビルや避難口に非常口専用のアイコンを追加、ドラッグ&ドロップする。

ステップ3:各部屋や空間から非常口までの経路を矢印で表示する。

ステップ4:必要な場合には、消化器のアイコンや図形、イラストや消防に役立つ情報を記入する。

ステップ5:消防法にそもなって避難経路図の内容を確認する。

*避難経路図と間取り図の見本

消防法に関する詳しい情報はこちらを参考にして下さい。

 

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

間取り図の作成

Lucidchartで作成する避難経路図ステップ

  • まずは、Lucidchartのエディターを開き『テンプレート』をクリックし、『フロアプラン』を選択します。フロアプランを選択した後はお好きな避難経路図や間取り図を選び、後は場合に応じてそのまま編集の開始を始めましょう。

 

  • 間取り図のテンプレート又は、空白のテンプレートから間取り図の作成が完成した後は、避難計画を行います。避難経路図を作成する際に押さえておきたいポイントが、どのような経路を通ってビルや建物から避難するかを計画する事です。その際に一番おすすめするのがラインを使用して経路図内に線を引いて行く事です。線はお好きな色にカスタマイズできるようになっていますので、直ぐに見てわかる色で避難経路を確保しましょう。

  • 次に大切なステップが必ず消化器や非常口のイラストやアイコン、図形を追加することです。追加方法としては、左側にある、検索マークをクリックして、探しているアイコン名やイラスト名を入力します。入力後はお好きなイラスト等を避難経路図内にドラッグ&ドロップするとアイコンの追加が完了します。 

  • 最後に全ての避難経路図に対する要素が追加された後、関係しているビルや建物の管理人や関係者と経路図を共有して、避難経路計画の打ち合わせを行い、図と計画が実現的かどうかを確認し合いましょう。場合によっては、図を必ず各フロアに提示することをおすすめします。

まとめ

避難経路図の作成ガイドはいかかでしたか?是非避難経路図の見本やテンプレートを使い、Lucidchartで避難経路図の作成を試してみて下さい。無料でも利用できる Lucidchart の個人プランでも、チームや企業でも利用できるエンタープライズ向けプランも、あなたにぴったりなご利用プランで経路図の作成が行えます。


お役立ち追加情報

Lucidchartなら、マイホームのデザインも、不動産でも使える間取り図やオフィスのフロアプラン さえも簡単に作成できます。