Diagram

PERT とは、Program Evaluation Review Technique (プログラム評価レビュー手法) の略語です。一見難しそうに見えますが、実際には驚くほど簡単にマスターできる内容です。このガイドでは、クリティカルパス法 (CPM) の理解を深め、PERT 図に含まれるレビュー手法と併せて活用する方法を紹介しています。

このページは1分で読めます

PERT 図の作成には、Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

クリティカルパス法 (CPM) とは?

クリティカルパス法 (CPM) は、複雑なプロジェクトや個別のタスクに要する時間のスケジュール設定と管理を円滑化する上で有用な方法です。CPM では、計画対象のプロジェクトの所要時間の決定要因となるアクションの具体的な順序を定めます。別々のタスクベースでプロジェクトを管理し、フローチャートでその内容を視覚化し、個別のタスクの正確な所要時間をほぼ完璧に見積もることができるため、重複する領域が多く、時間がかかり、遅延が発生しているプロジェクトの管理に特に役立つ手法です。すべてのタスクの収まるべき場所と推定所要時間をよりよく視覚化するため、PERT と CRM を組み合わせてプロジェクト管理を行うことが一般的です。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

クリティカルパス法の利点

クリティカルパス法 (分析) は、PERT に関連して開発されました。いずれの手法も、特定のタイムライン内でプロジェクトを管理するために使われます。クリティカルパス法では、計画された活動に要しうる最長の経路 (パス) を計算し、各活動の受ける時間的制約を割り出します。その後、プロジェクトマネージャーは、これらのパスを検討し、効率性改善のためにとりうる手段を決定します。プロジェクト管理とスケジュール設定に CPM を取り入れてみましょう。非常に精度の高い概算で、組織における時間と資金の節約を実現することができます。

  • プロジェクト内で最も重要であり、長期にわたるタスクを特定する。
  • 期間が調整可能なものの、設定された締め切りに間に合わせるために期間を据え置かねばならないタスクを見つけることでタイムラインの短縮につなげる。
  • 実際の進捗と計画上の進捗を比較する。

PERT 図でクリティカルパス法を使用する方法

クリティカルパス法を PERT 図と併用することで、プロジェクト管理方法がワンランクアップし、現実的な期限設定とプロセスフローを実現することができます。PERT 図でプロジェクトを図式化し、最終段階で CPM を使用してタスク完了までの所要時間を推定します。PERT 図の作成時には、それぞれのタスクやシナリオについて概算します。各活動に要しうる最長と最短の期間を推定するほか、何らかの障害が発生する可能性がある場合には、遅延を考慮し、想定しうる限り最長のタスク所要時間を推定することも可能です。

プロジェクトタスクの順序付けが完了し、推定所要時間を設定したら、PERT 図にその推定所要時間を追加してみましょう。

この例では、それぞれ推定所要時間の異なる8つのタスクを含む PERT 図を作成しています。

ここをクリックしてこのテンプレートを変更

開始から完了までの時間枠に併せ、さまざまなパスの選択肢を確認すると、完了までに要する時間が最も長い A と G が最もクリティカルなパスであることが分かります。他のタスクのいくつかがパス A に依存するため、完了までの所要時間が長くなるものと推定されます。

ここから、個別のタスクのプロセスを深掘りし、時間短縮が可能なエリアの特定やプロセスを前進させるために要する時間の正確な見積りへと移ることができます。

プロジェクトの企画時には PERT 図にクリティカルパス法を適用し、このアプローチで実現する現実的な想定と締め切り設定の効果を体験してみましょう。


PERT 図の作成には、Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。