PINGDOM_CANARY_STRING
Lucidchart Logo簡単に分かるSWOT分析とは?やり方やコツ、事例や図解、テンプレートで分かるSWOT分析
    SWOT 分析の開始
Diagram

簡単に分かるSWOT分析とは?やり方やコツ、事例や図解、テンプレートで分かるSWOT分析

SWOT 分析に関してどのような必要性をお持ちですか?

SWOT 分析の経験はなく、SWOT分析について学びたい。
Lucidchart を使ってSWOT 分析を開始したい。

目次

  • よく聞くSWOT分析とは?
  • SWOT分析の4つの要素
  • SWOT分析の活用メリット 
  • 覚えておきたいSWOT分析のやり方ステップとコツ
  • クロスSWOT分析の要素と重要性
  • Lucidchartで作成するSWOT分析のステップ


SWOT分析(スウォット)は、ビジネスやマーケティング戦略目標や内部環境分析を理解する上で、所与の状況における強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)と脅威(Threat)の分析と、ビジネス戦略や現在の状況を把握する為に使われるフレームワークです。

この記事を読むのに必要な時間 : 3 分

戦略目標を引き出したい際には、LucidchartでSWOT Analysis(分析)やPEST分析を通して最適な戦略計画を立てていきましょう。

SWOT 分析の開始

よく聞くSWOT分析とは?

SWOT 分析は、競合を分析する時や、ビジネス戦略立案を立てる際に活用できる内部や外部の環境分析に役立つフレームワークです。SWOT分析には、それぞれ、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)と脅威(Threat)の要素が含まれています。 SWOT分析を活用することによって、ビジネスや製品の強みや弱みを知ることや、競合や市場機会や脅威など、外部環境分析を行い戦略目標を作り上げていくことができます。

Lucidchart のSWOT分析ツールなら、PEST分析やSWOTクロス分析、ファイブフォース分析など、様々なフレームワーク分析をシンプルに作り上げる事ができます。豊富なSWOT分析の事例やテンプレートも豊富なLucidchartのSWOT分析ツールなら、すばやく効率的に競合戦略やビジネス全体の状況を表し、組織全体の意思統一を実現し今後の戦略策定を立てていくことができます。

SWOT分析の4つの要素

SWOT分析には4つのマトリックスの様な要素によって分けられています。効率的なSWOT分析(スウィット分析)をおこないたい場合には、必ず強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)など4つのカテゴリーをマトリックスで綺麗に分け、課題や目標を明確にすることが重要なポイントです。

 

SWOT分析の活用メリット 

SWOT分析には色々な活用メリットがあります。SWOT分析をフレームワークとして使用することにより、以下の様な特徴が一つの解決法として役立ちます。



以下では、SWOT分析の事例をご紹介しています。

  • 新市場への拡大: 新しい商品やサービスの市場進出を目指している際に障壁となる要素を分析したい場合にSWOTを利用して、現状問題点や将来の戦略に対する課題をを明確に分析が可能になる。


  • 内部環境分析: SWOT分析を使用して内部環境を理解し、Strenghs(強み)とWeaknesses(弱み)を詳しく分析するメリットがある。内部環境分析の事例としては、現状の商品やサービス、価格などののプラス面(強み)やマイナス面(弱み)や将来障害となる特質をを詳しく分析するなど。

  • 外部環境分析での活用: 自社で外部環境分析やマーケティング調査や戦略立てたい場合には、SWOT分析を活用して。市場規模や景気の状況、競合分析やマクロ環境の分析等も同時に行うことが実現します。また、SWOT外部環境分析を行う際に覚えておきたい一種のフレームワーク、PEST分析を同時に取り入れることで、政治、経済、社会や技術について詳しく調査することができます。


  • 競合の状況分析: マーケット市場の競合の確認する時にもSWOT Analysisが活用できます。SWOT分析やファイブフォース分析を活用して状況を良く理解することにより、業界やビジネスの新サービスの機会や収益性に影響がある競争要因を把握することが可能になります。

  • 個人でも活用できるSWOT分析: SWOTは、ビジネスや業界だけではなく、個人でも様々な活用法があります。個人での利用事例としては、就活の際に自己分析が必要な時や、就職したい企業分析や個人のPRを考えたい際にも使用ができます。 。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

SWOT 分析の開始

覚えておきたいSWOT分析のやり方ステップとコツ

  • 分析手順1:最初に、まずは個人やビジネス問題の現状を具体的に理解して、目標や課題を明らかにしましょう。ここで重要なポイントが、必ずSWOT分析を行う理由をはっきりさせることが大切なポイントです。
  • 

分析手順2:SWOT 分析は現状評価のためのツールであり、現在だけの問題を重視していきましょう。内容がある程度整ってきた後に、必ず決まった要素をグループ分けしましょう。


  • 分析手順3:次に覚えておきたいSWOT分析のステップは、グループ化した各要素をテキストとして、SWOT分析のテンプレートや事例内に文章を入力していくことです。
  • 分析手順4:最後に、SWOT分析を通してマーケティング戦略企画を効率化したい場合には、必ず、関係者やチームで共通認識を持ち、ビジネス戦略目的に向かって企画を実施しましょう。


クロスSWOT分析の要素と重要性

SWOT分析の要素の記入が完了した後に、覚えておきたいポイントが、クロスSWOT分析です。SWOT分析はあくまでも、状況を表した分析であり、実際に戦略企画書としては使いずらい分析ですが、クロスSWOT分析を実行することにより、実際に使える戦略や計画の実行プランを立てていくことができます。

クロスSWOT分析の要素

  • 強み(Strengths) & 機会(Opportunities)
  • 弱み(Weaknesses) & 機会(Opportunities)
  • 強み(Strengths) &脅威(Threats)
  • 弱み(Weaknesses) &脅威(Threats)

クロスSWOT分析の各要素には、どのようにSWOT分析内の要素を理解した上で、強みや弱みを機会として展開させるか、脅威より受ける影響に対する対処法や脅威をどのように最小化させるか、プランとして計画できるので、必ずクロスSWOT分析の要素を意識しましょう。

Lucidchartで作成するSWOT分析のステップ


ビジネス戦略や外部環境分析で活用できる豊富なSWOTやPEST分析テンプレートを提供しているLucidchart なら、ドラッグ&ドロップ機能で簡単に社内全体でSWOT分析と戦略目標を作り上げることができます。

  1. Lucidchart アカウントに無料で登録しましょう。
  2. 次に、[マイドキュメント] へ移動します。

  3. [作成] > [新規文書] の順にクリックし、[テンプレート] を選択します。
  4. 次に、SWOT分析事例・テンプレートを選択します。

  5. Lucidchart でSWOT分析テンプレートを開くか、空白の文書を開きます。ご自分で最初から図を作成したい場合には、適切な図形等をエディター内にドラッグ&ドロップしましょう。

  6. 各要素の詳細を編集するには、対象の要素をダブルクリックして入力します。
  7. テキストの書式を変更するには、対象のテキストボックスをクリックして選択します。その後、エディター上部のプロパティバーから書式設定のオプションを選択します。
  8. SWOTの塗りつぶしの色やその他の要素を変更するには、SWOTの図形をクリックして、Shift キーを押しながらクリックして複数のオブジェクトを選択することもできます。その後、プロパティバーまたはエディター右側のグラフィックパネルに表示されるオプションから選択します。

  9. 共有] タブをクリックして公開オプションを表示、または [ファイル] > [ダウンロード] を選択してデスクトップに文書を保存します。 多彩なカラースキームや組み込みの箇条書き機能に加え、SWOT分析やPEST分析をチームや関係者と簡単に共有できます。共有した後に、チャット機能を通して、関係者と同時編集
    をして行きましょう。


追加のリソース

SWOT分析を活用することにより、ビジネスやマーケティング戦略計画や提案もより明確に内部や外部の環境分析を実現することができます。また、SWOT分析ツールを使用し、自社の環境をより理解することによって、市場機会や新しい脅威の情報も把握することができます。 

戦略目標を引き出したい際には、LucidchartでSWOT Analysis(分析)やPEST分析を通して最適な戦略計画を立てていきましょう。