Diagram

SWOT 分析(スウォット)は、ビジネス戦略目標や環境分析を理解する上で、所与の状況における強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)と脅威(Threat)を分析するためによく使われているワークフレームです。

このページは4分で読めます

SWOT 分析の作成には、Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

SWOT 分析とは?

SWOT 分析は、ビジネス戦略で特有の強みや弱みを同定するために使われる視覚的なワークフレームです。マトリクスで構成されているSWOT分析は、それぞれ、強み、弱み、機会と脅威を表します。

自社の強みや弱みを知ることも大切ですが、市場の機会や脅威など、外部環境分析を行うことも同様に重要です。Lucidchart の SWOT 分析ツールなら、企業の成功に影響を及ぼす内外の要因をユーザーが常時把握する上で役立ちます。シンプルな象限レイアウトで、すばやく効率的に主要な市場調査結果を図式化し、明確にビジネス戦略を理解することができるオンラインクラウドSWOT分析ツールです。

SWOT 分析を使えば、あらゆるコンテキストにおいてプラスとマイナスの要因をシンプルに見いだすことができます。具体的には、強み、弱み、機会や脅威を同定するための4象限の図となります。SWOT 図を作成することで、参加者は、批判的に自身の状況を評価し、克服または最小化すべき障壁を識別できるようになります。また、SWOT は短期的、長期的な成功のために採るべきステップを判断する上でも有用です。

SWOT分析の4つの要素

SWOT分析には4つの要素によって分けられています。SWOT分析を行う場合には、必ず強み、弱み、機会、脅威など4つのカテゴリーをマトリックスで綺麗に分けて行くことが重要なポイントです。

  • まずは組織や問題の現状を現実的に捉えましょう。正確にカテゴリーが分けられているかを確認し、定かでないものがあれば、必要に応じてチームで相談し、その項目をリストから削除することもできます。

  • SWOT 分析は現状評価のためのツールであり、現在だけの問題を重視していきましょう。機会象限を検討する際には可能性について思考が広がりますが、すべての内容が事実に基づいたものとなるようにしましょう。

  • SWOT分析を通して同じレベルの特定性を保ちましょう。SWOT分析はシンプルで構いません。詳細を盛り込み過ぎることは避けましょう。多くの情報を含めたいようであれば、レポートやプレゼンの方が適しているかもしれません。

  • SWOT 分析は、ルールブックではなくガイドとして利用します。SWOT 分析図の細部について議論することはできますが、際限がありません。重要なのは、チームで共通認識を持ち、ビジネス戦略目的に向かって前進することです。

 

SWOT 分析で外部と内部環境も把握

SWOT 分析は高次的にも詳細にも作成することができ、作成者が内部要因と外部要因の双方を特定する上で役立ちます。この種の図は、学んだ内容を咀嚼し、実世界で実践しようとするときに有用です。SWOT 分析を行う際には、明確な質問を想定することが欠かせません。より具体的な問いかけをすることで、計画、予算、プロジェクトや目標の弱みを、他では知り得なかった方法で見いだすことができるでしょう。SWOT は、プロジェクトの端緒にも、プロジェクトの進行中にも便利に使えます。

以下では、問題解決のために SWOT が有用となりうる例を示します。

  • 新市場への拡大: 御社はこれまで、自国である製品やサービスを販売することにより大きな成功を収めてきました。現在、海外進出を目しています。この製品の立ち上げに有益となる強み、そしてこの進出に対する障壁となる要素はどのようなものでしょうか?機会は光り輝いて見えるかもしれませんが、詳細な精査を行わない限り、新たな競合や規制などの脅威は見えてこないかもしれません。

  • 内部環境分析: SWOT分析は、外部環境分析やビジネス戦力目的に活用されるだけではなく、自社の弱みや強みを明確に表すこともできます。

  • 外部環境分析での活用: 自社で外部環境分析やマーケティング調査を行いたい場合には、SWOT分析が便利に役立ちます。また、Pest分析やバリューチェーンをなどを同時に活用することによって、競合分析やマクロ環境の分析等も同時に行うことが実現します。

  • 競合の状況分析: マーケット市場の競合の確認が実現します。SWOT分析を活用して状況分析を行うことで、新サービスの機会や強み等を把握することが可能になります。

  • パートナーシップの可能性: SWOT 分析は、人と人との相性を評価する上でも役立つツールです。企業への入社を検討している場合、あるいは同僚との事業立ち上げを企画している場合に、事業の障壁となりうる要因のリストアップは済んでいるでしょうか?対象となる市場の機会について、パートナーとの間に共通認識ができていますか?恋愛関係にあるカップルの分析にも役立つプロセスです。

学部または大学院プログラムへの適用: 大学入学のための小論文では出願者のポジティブな面を強調するのが常ですが、学業での成功のためには自身の弱みを知っておくことが重要です。例えば、GPA が低い場合にはテストで高得点を獲得して底上げを図り、課外活動が少ない場合には家族の事情などの理由で説明することができます。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

SWOT 分析図の歴史

SWOT 分析は、1960年代に経営コンサルタント、アルバート・ハンフリーによりスタンフォード研究所で発明されました。それ以前の経営企画は効果の薄いものでした。Fortune 500 企業の多くが、実践可能で合理的な長期プランニングの方法を必要としていました。ハンフリーと部下の研究チームは、企画プロセスにアカウンタビリティと客観性をもたらす SWOT モデルを提案しました。そのモデルは、現在に至るまで人気を博しています。

アルバート・ハンフリーは、製品、プロセス、顧客、流通、金融や管理など、特定の基準で SWOT 分析を行うことを提唱しました。以下の Google Books Ngram 検索でも明らかなように、その発明以降、SWOT 分析の人気は高まり続けています。

 

SWOT 分析のやり方

Lucidchart は、ビジネスやプライベートで使える SWOT 図テンプレートが複数揃ったオンライン作図ツールです。SWOT 分析テンプレートから作図を始めれば、メニューをあれこれ操作することなくプランニングを始めることができます。

  1. Lucidchart アカウントに登録します。

  2. [マイドキュメント] へ移動します。

  3. [作成] > [新規文書] の順にクリックし、[テンプレート] から [標準] を選択します。

  4. [すべてのカテゴリ] で下方へスクロールし、SWOT 分析テンプレートを選択します。

  5. Lucidchart でこの SWOT 分析図テンプレートを開くか、空白の文書を開きます。ゼロから図を作成する場合には、適切な図形とテキストボックスを文書へドラッグしてから作成を続けます。

  6. 各象限の詳細を編集するには、対象の象限をダブルクリックして入力します。

  7. テキストの書式を変更するには、対象のテキストボックスをクリックして選択します。その後、エディター上部のプロパティバーから書式設定のオプションを選択します。

  8. 塗りつぶしの色やその他のグラフィック要素を変更するには、まずオブジェクトをクリックして選択します。Shift キーを押しながらクリックして複数のオブジェクトを選択することもできます。その後、プロパティバーまたはエディター右側のグラフィックパネルに表示されるオプションから選択します。

  9. [共有] タブをクリックして公開オプションを表示、または [ファイル] > [ダウンロード] を選択してデスクトップに文書を保存します。

多彩なカラースキームや組み込みの箇条書き機能に加え、図をオンラインや印刷物として共有する機能も用意しています。Lucidchart が SWOT 分析に最適なツールとして選ばれる理由はここにあります。

 

象限への入力方法

象限に取り組む際に考慮したい問いかけはいくつかあります。一般に、強みと弱みから始めるのがより容易でしょう。これは、内的な特性は記録しやすい傾向にあるためです。以下のような要因を考慮します。

  • 経験: 既知の知識にはどのようなものがありますか? 地域社会、顧客やプロセスに関する特別な知見はありますか?

  • 財務状況: 銀行口座の状況は良好でしょうか、それとも困難な状態でしょうか? 代替的な収入源はありますか?

  • 自社の人的資源: 従業員、ボランティア、指導者、メンターや顧客など。こうした資源は自社にとってどのような面で有益または有害でしょうか?

  • 有形資産: 事業拠点やハードウェアなどが含まれます。自社が提供するもの、また自社に欠けているものはどのようなものですか?

外部要素である機会と脅威に移ります。強みに比べ、こうしたカテゴリーでは、自分自身、または自社の外側の要因に注目する必要があります。例を挙げれば、潤沢な予算は機会に、優れた財務感覚は強みになります。機会を検討するには、できるだけ具体的かつ現実的な視点を持つよう心がけましょう。何を追加してよいか分からない場合には、以下の要因を考慮することをおすすめします。

  • 経済状態—自社の顧客には購買意欲がありますか? 地元、国、または世界の経済情勢は自社の活動にどのような影響を及ぼしますか?

  • 現在の事象—犯罪の増加や開催予定のフェスティバルなどが挙げられます。こうした事象が組織に及ぼす影響はどのようなものでしょうか?

  • 人口動態と心理学的属性—自社製品やサービスの受け手となる層の年齢、人種、性別、態度、価値感や考え方に変化はありますか?


SWOT 分析の作成には、Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。