プログラムマネージャーとは

プログラムマネージャーとは?プログラムマネジメントの基本

読み取り時間 : 約11分

トピック :

    プログラムマネジメントとは、プロジェクト管理業界に新たに生まれた話題の概念ですが、その作業量は膨大です。「プログラムマネージャー」は一見プロジェクトマネージャーの別名のように思えますが、この2つの役割は異なります。

    プログラムマネージャーとは何か?また、プログラムマネジメントにおけるプログラムマネージャーの責任範囲とビジネスの成功やプログラム管理にこの役割が重要な理由をご紹介します。

    プロジェクトとプログラムの違い

    プログラムマネジメントに対する理解を深める前に、まずプロジェクトとプログラムの違いを区別してみましょう。

    プロジェクト : 製品やサービスの作成や更新など、特定の短期目標の達成を主眼とした一時的な施策を指し、開始点と終了点が明確な期限付きのものです。プロジェクトのタスクは、機能的であり、戦術的なものです。

    プログラム : 1つまたは複数の長期的な事業目標や利益の達成に向けて補完し合って構築される複数の関連プロジェクトで構成されています。

    プログラムでは、こうしたプロジェクトの管理を「協調して行うことで、個別に管理した場合には得られないメリットやコントロールを実現できる」とされており、プログラムのタスクは戦略的なものです。

    プログラムマネージャーは以下を始めとする分野の責任を負います:

    • スケジュールの調整
    • リソースの管理と配分
    • リスクの識別と軽減
    • プログラム管理オフィスの設立とモニタリング

    プログラムマネージャーの役割と責任範囲

    プログラムのガバナンス

    プログラムマネージャーは、プログラムのガバナンス構造を定義する責任を負います。プログラムのガバナンスには、プログラムを主導し、経営陣の監督と管理を行うためのフレームワークとプロセスが含まれます。

    ガバナンスが明確に確立されていないと、プログラムの複雑性と不確実要素からプログラムが軌道を外れ、時間、リソースや費用面で甚大な損失となる可能性があるため、プログラム管理の中でも非常に重要な要素です。

    プログラムの主導

    プログラムマネージャーは基本的にシニアレベルのリーダーであり、以下を始め、さまざまな局面を主導します。

    • 計画ミーティングの進行
    • プロジェクトマネージャーの指導
    • プロジェクト計画のレビューと承認
    • チームやチャネルを超えたコミュニケーション

    プログラムマネージャーは、プログラムの施策を進めるための窓口として連絡役を務め、プロジェクトやプログラムのステークホルダーとコミュニケーションをとり、適切な人材やリソースにつなげる役割を担います。Edit Translation

    コミュニケーション戦略の一環としてステークホルダー分析を行うこともあります。社内外のステークホルダーすべてを記録し、全員に必要な情報を適時に提供するためにこうした分析が役立ちます。

    プログラム管理とプロジェクト管理の違い
    プロジェクト管理とプログラム管理の比較(オンラインで変更するには画像をクリック)

    プログラムマネジメントの定義

    では、プログラムマネジメントとは何か、なぜ必要なのかを考えてみましょう。

    プログラムマネジメントをごく基本的に定義すると、プログラムの目的と要件の達成に必要なスキル、知識、ツール、テクニックを適用することとなります。

    ただ、定義としてはかなり曖昧です。

    先程、プログラムは相互に連携したプロジェクトの集合体だと説明しました。プログラムマネージャーはプログラム内の個々のプロジェクトを成功させる責任を負いますが、その役割はより包括的なもので、プログラム管理の目的は、こうした小さな取り組みや施策を調整してプログラムの長期的目標を実現することにあります。

    プログラムマネージャーは、プロジェクトマネージャー間の調整を監督、指導、促進し、プログラムに含まれるプロジェクト間の相互依存関係を管理して、プロジェクトマネージャーの担当を超えてエスカレーションされた問題を処理します。

    プログラムマネジメントにおいては、全体像の把握が重要となります。プログラムマネージャーは、チームの調整、戦略の実施、ROI の測定、財務やガバナンス上の制約への対応などに注力します。

    プログラムマネージャーは以下を始めとする分野に責任を負います。

    • スケジュールの調整
    • リソースの管理と配分
    • リスクの識別と軽減
    • プログラムマネジメントオフィスの設立とモニタリング

    プログラムマネジメントとは、運用管理とプロジェクトマネジメントをかけ合わせたものとも言えます。

    プログラムマネージャーの重要性

    プログラムマネージャーが必要な理由は、簡単に言うと、プログラムの規模や複雑さによって、多数の不確定要素を監督し、個々の施策を俯瞰的かつ戦略的に調整する専任の担当者が必要となるためです。

    大規模なプロジェクトや複雑なプロジェクトでは、戦略計画を立て、リソース、人材、制約やリスクなどを慎重に管理しなければ、プロジェクトが崩壊し、目標の達成が不可能になってしまいます。

    ステークホルダーマップ活用例
    ステークホルダーマップテンプレート(画像をクリックして今すぐ使用)
    プログラムマネージャー役目と責任
    プログラムマネージャーの役割と責任範囲(オンラインで変更するには画像をクリック)

    財務管理

    プロジェクトの数が多くなると、資金面でのコストや懸念事項の管理と調整も必要になります。プログラムマネージャーは、財務面からもプログラムを確実に計画通りに進められるよう、CFO を始めとする経営陣と協力し、複数のプロジェクト予算の立案と調整、リスク管理、コスト分析などを行います。

    プログラムの計画

    プログラムマネージャーの仕事の中でも重要なのが、プログラムそのものを計画することです。プログラムの計画は、プログラム全体の包括的かつ戦略的なプレイブックとなるもので、プログラムの目標とビジネスケース、プログラム内のすべてのプロジェクト、各要素 (スケジュール、成果物、期限など) を担当するステークホルダー、依存関係を概説する必要があります。

    プログラムマネージャーは、プログラム期間を通じ、必要に応じてプログラム計画の変更や更新を繰り返し行います。

    プログラムの実行

    プログラムの実行は、プログラムマネージャーの仕事の集大成であり、継続的にこれを行います。

    ガバナンス、コミュニケーション、プログラム計画の作成と実装に加え、プログラムマネージャーはリスク管理、調達、プロジェクトの追跡、トレーニング管理、財務管理、継続的なプログラムの運営と戦略を監督します。

    こうした分野を中心に、プログラムマネージャーは主に以下の要素やツールを組み込んでプログラムの作成や管理を行い、成功に導きます。

    • PMO 憲章
    • プログラムガバナンス計画
    • プログラムコミュニケーション計画
    • ステークホルダー分析
    • プログラム計画
    • 課題追跡システム

    プログラムマネジメントオフィス (PMO) は、プログラムマネージャーによるプログラムの戦略と施策の実行を支援するプログラムサポートチームです。PMO 憲章では、PMO のスコープ、予算や目標を定め、チームが進捗状況を確認するための柱を定義します。

    課題追跡システムは、プログラムマネージャーのツールボックスの中でも貴重なツールで、一般的には共有ファイルの形で、ステークホルダーが問題や障害を記録したり、過去の問題を更新したり、プロジェクトの進捗状況を伝えたりすることができます。この内容を明確かつ最新の状態に維持することで、プログラムの運営がスムーズになります。

    効果的なプログラム管理に Lucidchart を活用

    プログラムの管理は、膨大な作業が含まれる複雑な仕事です。プログラムマネージャーには、リーダーシップやコミュニケーション能力だけでなく、プロジェクト管理の方法論、財務管理、戦略的計画・分析などの能力も求められます。

    したがって、ありとあらゆる方面への関与が必要となります。

    常に変化する内容やプロセスのすべてに目を配り続けるのは容易ではありません。ここで役に立つのが Lucidchart です。Lucidchart は、プログラムマネージャーがプロセス、計画、課題やステークホルダーを一元的に文書化し、追跡するのに最適なビジュアルワークスペースです。

    マネージャーは、カスタムのプロジェクトダッシュボードを作成して各プロジェクトを追跡することができます。データのリンクを使えば、パフォーマンス指標、問題点や進捗状況を追跡するダイナミックなダッシュボードを簡単に作成し、各プロジェクトの状況を一目で把握することができます。

    また、Lucidchart には、忙しいマネージャーがすばやくプロセスフローやロードマップを作成するのに便利なテンプレートが揃っています。ボタンをクリックするだけでプロジェクトの計画やプロセスの概要を入力でき、条件付き書式設定などのデザインオプションで、ニーズに合ったカスタムプログラム計画を柔軟に作成することができます。

    プログラムマネージャーにとって最も重要な機能は、言うまでもなくコミュニケーションでしょう。Lucidchart なら、場所やタイミングを気にせずにコミュニケーションやコラボレーションが可能です。文書がリアルタイムで更新されるので、チームメンバーやステークホルダー全員が正確な最新情報をいつもで確認でき、変更や更新の内容が抜け落ちる心配もなくなります。

    プログラムマネージャーの役割と責任範囲

    プログラムマネージャーの業務範囲は膨大で、上級管理職として以下の分野を担当します。

    プログラムのガバナンス

    プログラムマネージャーは、プログラムのガバナンス構造を定義する責任を負います。プログラムのガバナンスには、プログラムを主導し、経営陣の監督と管理を行うためのフレームワークとプロセスが含まれます。

    ガバナンスが明確に確立されていないと、プログラムの複雑性と不確実要素からプログラムが軌道を外れ、時間、リソースや費用面で甚大な損失となる可能性があるため、プログラムマネジメントの中でも非常に重要な要素です。

    プログラムの主導

    プログラムマネージャーは基本的にシニアレベルのリーダーであり、以下を始め、さまざまな局面を主導します。

    • 計画ミーティングの進行
    • プロジェクトマネージャーの指導
    • プロジェクト計画のレビューと承認
    • チームやチャネルを超えたコミュニケーション

    プログラムマネージャーは、プログラムの施策を進めるための窓口として連絡役を務め、プロジェクトやプログラムのステークホルダーとコミュニケーションをとり、適切な人材やリソースにつなげる役割を担います。

    コミュニケーション戦略の一環としてステークホルダー分析を行うこともあります。社内外のステークホルダーすべてを記録し、全員に必要な情報を適時に提供するためにこうした分析が役立ちます。

    財務管理

    プロジェクトの数が多くなると、資金面でのコストや懸念事項の管理と調整も必要になります。プログラムマネージャーは、財務面からもプログラムを確実に計画通りに進められるよう、CFO を始めとする経営陣と協力し、複数のプロジェクト予算の立案と調整、リスク管理、コスト分析などを行います。

    プログラムの計画

    プログラムマネージャーの仕事の中でも重要なのが、プログラムそのものを計画することです。プログラムの計画は、プログラム全体の包括的かつ戦略的なプレイブックとなるもので、プログラムの目標とビジネスケース、プログラム内のすべてのプロジェクト、各要素 (スケジュール、成果物、期限など) を担当するステークホルダー、依存関係を概説する必要があります。

    プログラムマネージャーは、プログラム期間を通じ、必要に応じてプログラム計画の変更や更新を繰り返し行います。

    プログラムの実行

    プログラムの実行は、プログラムマネージャーの仕事の集大成であり、継続的にこれを行います。

    ガバナンス、コミュニケーション、プログラム計画の作成と実装に加え、プログラムマネージャーはリスク管理、調達、プロジェクトの追跡、トレーニング管理、財務管理、継続的なプログラムの運営と戦略を監督します。

    こうした分野を中心に、プログラムマネージャーは主に以下の要素やツールを組み込んでプログラムの作成や管理を行い、成功に導きます。

    • PMO 憲章
    • プログラムガバナンス計画
    • プログラムコミュニケーション計画
    • ステークホルダー分析
    • プログラム計画
    • 課題追跡システム

    プログラムマネジメントオフィス (PMO) は、プログラムマネージャーによるプログラムの戦略と施策の実行を支援するプログラムサポートチームです。PMO 憲章では、PMO のスコープ、予算や目標を定め、チームが進捗状況を確認するための柱を定義します。

    課題追跡システムは、プログラムマネージャーのツールボックスの中でも貴重なツールで、一般的には共有ファイルの形で、ステークホルダーが問題や障害を記録したり、過去の問題を更新したり、プロジェクトの進捗状況を伝えたりすることができます。この内容を明確かつ最新の状態に維持することで、プログラムの運営がスムーズになります。

    Lucidchart でプログラムを上手に管理

    プログラムの管理は、膨大な作業が含まれる複雑な仕事です。プログラムマネージャーには、リーダーシップやコミュニケーション能力だけでなく、プロジェクト管理の方法論、財務管理、戦略的計画・分析などの能力も求められます。

    したがって、ありとあらゆる方面への関与が必要となります。

    常に変化する内容やプロセスのすべてに目を配り続けるのは容易ではありません。ここで役に立つのが Lucidchart です。Lucidchart は、プログラムマネージャーがプロセス、計画、課題やステークホルダーを一元的に文書化し、追跡するのに最適なビジュアルワークスペースです。

    文書管理

    Lucidchart は、プログラムマネージャーに役立つテンプレートを多数提供しています。

    全てのテンプレートを見る

    Lucidchart について

    クラウドベースのインテリジェントな図作成アプリケーション、Lucidchart は、Lucid Software のビジュアルコラボレーションスイートのコアコンポーネントで、チームがリアルタイムで共同作業し、フローチャート、モックアップ、UML 図、カスタマージャーニーマップなどを作成できる直感的なクラウドベースのソリューションです。Lucidchart はチームが前進し、より迅速に将来を見据えて構築するための最高のツールとなります。Lucid は、Google、GE、NBC Universal などの顧客や、Fortune 500 企業の 99% を始めとする世界中の主要企業にサービスを提供しています。Lucid は、Google、Atlassian、Microsoft などの業界の主要企業と提携しており、創業以来、製品、事業内容と企業文化を称える各種の賞を多数受賞しています。詳細は lucidchart.com を参照してください。

    関連する記事

    • プロジェクト管理のタイムラインを作成する8つのステップ

      プロジェクト管理のタイムラインを作成することで、プロジェクトを視覚的に把握し、チームの効率を向上させることができます。8つの簡単なステップでプロジェクトスケジュールの作り方を学びましょう。

    Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

    無料ではじめる

    または以下の方法で続行

    Google でサインインサインインMicrosoft でサインインサインインSlack でサインインサインイン

    登録することにより、当社のサービス利用規約に同意され、また当社のプライバシーポリシーを確認の上理解されたものと見なします。

    利用開始

    • 料金プラン
    • 個人向けプラン
    • チームプラン

    • 企業向けプラン
    • 営業担当に問い合わせる
    プライバシー法的事項

    © 2024 Lucid Software Inc.