VSM・
バリューストリーム
マップソフトウェア

Lucidchart は、図の作成、データの視覚化とコラボレーションを組み合わせ、よりよい理解の促進とイノベーションの加速につなげるビジュアルワークスペースです。 

動画を見る
図を作成
Lucidchart でVSM バリューストリームマッピングを作成する

流れ図(バリューストリームマッピング)の作成ならLucidchartで

  • VSM(バリューストリームマッピング)ソフトウェアで製品開発プロセスの改善

    生産と情報のプロセスをよりよく理解、改善

    バリューストリームマップ (VSM) は、製品やサービスの生産プロセスにおける材料と情報のを可視化し、工程や開発のプロセスが改善できます。製造会社で勤務するあなたにピッタリなバリューストリームマッピングソフトウェアで製造プロセスや工程ををよりスムーズに改善し、リードタイムを短縮させましょう。

  • 今までにないほど簡単に作成できるVSM

    簡単操作で作成できるVSM

    ドラッグ&ドロップ機能でカンタンにバリューストリームマップ(VSM)作成できるLucidchartなら、誰にでも簡単にプロセスフロー(流れ図)の作成が実現します。現在と将来のプロセスを表現できるレイヤー機能を利用すれば、多数の業務や情報の流れ図を効率的に作成することが。 

  • VSMや流れ図専用の記号やアイコンも豊富なLucidchart

    バリューストリームの記号一覧も豊富

    Lucidchart なら、プロセスや情報の流れを明確に表す際に必要記号一覧を豊富に提供しています。自由にカスタマイズできる記号もVisioステンシルやSVGファイルをエディター内にアップロードするだけで、お好きなバリューストリームマップ記号一覧を作成することができます。 
     

  • バリューストリーム専用テンプレートやVSM事例から作成

    VSM事例やテンプレートも豊富

    VSM(バリューストリームマップ)専用事例やテンプレートも豊富なLucidchartなら、一から工程プロセス図の作成をしなくても、テンプレートを編集するだけで、工程改善に活用できるバリューストリームマップの作成が可能になります。今すぐ流れ図専用テンプレートを利用して、快適にVSMの作成を行いましょう。 

  • 外部システム連携も豊富なVSM作成ソフトウェア

    共有と保存先も豊富に選択できるVSMソフト

    外部システム連携が豊富なLucidchartなら、作成したバリューストリームマップをGoogleドライブやOneDrive、ConfluenceやGithubなど、普段使い慣れているソフト上で保存先(ローカル)の選択が可能になります。またワンクリックだけで図をチームメンバーとGoogle上で共有したり、リアルタイムで同時編集もできます。

バリューストリームマップの書き方ステップ

1

新規アカウント登録後、空白のテンプレートまたは、VSMの事例を選択する

テンプレートライブラリーにて、バリューストリームマップ(流れ図)専用のテンプレートをクリックして、VSMの作成を開始します。

2

VSM専用図形・アイコンをステンシル内から選択する

VSMの事例を開いた後は、バリューストリームの図形をステンシルから選択して、エディター内にドラッグ&ドロップしていきましょう。社内で指定の図形やアイコンをご使用の場合には、図形をLucidchart内にアップロードして、お好み専用のアイコンライブラリーを作成することもできます。

3

必要情報やプロセスなどを追加する

図形やアイコンを接続して流れ図全体を表します。内容は、図形内をクリックしてどんどん追加していきましょう。

4

レイヤー機能を利用して現在と将来のプロセスを確認する

情報の全体的な流れを把握するため、バリューストリームマップを分析します。プロセス内の流れと停滞、送出と取得、安定と不安定などをそれぞれ対比させて確認します。また、現在の状況と将来の状況を比較したい場合にはレイヤー機能を活用しましょう。

5

VSMをチームでシェアする

バリューストリームやSIPOC分析の完了後は、SlackやMicrosoft Teams、Google, OneDriveなどを利用してチームとVSMをシェアしましょう。

バリューストリームマップの作成

Lucidchart VSM ソフトウェアに関するよくある質問

Lucidchart のバリューストリームマップで物と情報の可視化

Lucidchart バリューストリームマップフリーソフト

バリューストリームマップテンプレートを使う

devops バリューストリームマップテンプレート

DevOps バリューストリームマップ事例