図を作成
Diagram

ロジックツリーとは?
作り方ガイドと活用できる事例や
テンプレートも豊富

作図に関してどのようなニーズをお持ちですか?

作図の経験はなく、詳細を学びたい。

このガイドでは、ロジックツリーやイシューツリーの作り方や例題、作成時に覚えておきたいポイントとコツ、使えるロジックツリー作成ツールに関して詳しく説明します。

この記事を読むのに必要な時間 : 2 分

オリジナルの図の作成をご希望ですか? Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

図を作成

ロジックツリーとは一体?

ロジックツリーとは、様々な問題を分解の木として原因や解決法を発見する際に活用できるひとつの課題解決フレームワークです。ロジックツリーは、問題解決(イシュー)ツリー分析以外にも、思考ツリーや、一種のマインドマップや、問題定義の確定の際にも使用可能なフレームワークです。

 

ロジックツリーの作成メリット

問題を見える化で把握

ロジックツリーを作成することによって、ある問題を明確に把握でき、その問題に対しての解決法を見つけることができます。

原因の特定

イシューツリー(ロジックツリー)を活用すれば、問題の原因を確定することが可能になり、要素分解や因数分解などの分析を通して、問題に対する原因特定が可能になります。

問題解決策の計画時

ロジックツリーの作成により、課題に対する解決策や改善策を最短時間で見つけていくことができます。

共有できる解決策

ロジックツリー作成ツールを活用すれば、社内メンバー全体で、課題や問題に関する論理関係をロジックツリーを通してオンライン上で共有することができ、問題解決のアクションプランに対する優先順位をお使いのロジックツール上で決めていくことができます。

 

ロジックツリーの種類と例題

Whyツリー「原因研究」

以下のロジックツリーの例題では、商品を扱っているサイトのコンバージョン率を元にしている例題です。例えば、コンバージョン率が悪ければ、何が主に原因としてコンバージョン率が悪いのか、そのひとつひとつの原因を具体的に理解していくことができます。

How ツリー「問題解決」

問題解決手法ロジックツリーは、解決したい問題に対して、どのようなアプローチを取り改善策やアクションを決めていく際に役立つ方法です。以下のHow ロジックツリーの例題では、今後商品サイトのコンバージョン率をどのように課題を解決できるのかを表しています。


What ツリー「要素分解」

Whatツリーは、トピックや課題の内容の要素を分解し、選択肢を決定する際に役立つ一種の分解式ロジックツリーです。以下の例では、広告の種類を分解させた要素分解ロジックツリーです。以下のロジックツリーの例では、商品広告で使用できる広告の種類を要素分解させたツリーを表しています。

KPIツリーとは?

KPI(Key Performance Indicator)ツリーとは、企業や組織の大目標でもある、KGI(Key Goal Indicator) の関係を表したロジックツリーです。場合によっては、もちろん数値を表したKPIツリーもあり、これを元にKPI ツリーを作成することによって、KGIの目標を実行する際に役立つアクションプランの計画が行えます。

 

 

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

図を作成

ロジックツリーの作り方とコツ

ロジックツリーの作成には、いくつか注意して欲しいポイントがあります。このガイドでは、作成時に役立つ注意点とロジックツリーの作り方ポイントをご紹介しています。

MECEを中心にロジックツリーを作成する

ロジックツリーを作成する際に注意しておきたいポイントは、ロジカルシンキングでも重要視されている漏れとタブりがない、MECE(Mutually, Exclusive、Collectively, Exhaustive)を中心に重複と漏れを避けてロジックツリーを作成していくことです。 もし、分類に重複と漏れがある場合には、再度MECEを重視してロジックツリーを見直しましょう。また、ロジックツリーを作る際には、包有関係や因果関係も重視しましょう。

課題や記入する問題を確定する

ロジックツリーはロジカルシンキングフレームワークをベースに作成するフレームワークですので、必ず作成前に問題等を明確に確定し、解決手段や問題に対する認識にズレなく問題解決シートを作成することを一番おすすめします。

因数分解を重視してロジックツリーを作成する

目標達成の為に、ある課題や問題に数字が慣例している場合には、必ず因数分解を活用しながら、イシューツリーを作成しましょう。例えば、ウェブにもっと顧客のコンバージョン率を増やしたい場合には、コンバージョン率に関わるアクセス数などの要素を記入することをおすすめします。

ロジックツリーの要素の縦順の整理と内容を区別する

ロジックツリーでは、ある問題に対しての解決策を考える際に使えるフレームワークでもあるので、イシューツリーを作成する際には必ず原因や問題、結果の区別を忘れずに区別しましょう。また、内容の区別の完了後は、ロジカルシンキングをベースに、縦順を整理することをおすすめします。

ロジックツリーテンプレートの事例も豊富

もし、初心者の方がロジックツリーを作成の場合でも、Lucidchartなら、様々な業務や場面で使用できるロジックツリー専用テンプレートを豊富に提供しています。まずは、ツールにアクセスし、お好みのテンプレートを検索してロジックツリーをそのまま簡単に編集しましょう。

Lucidchart ロジックツリーツールでエクセルより簡単に作成できる

ロジックツリーは個人個人の作成はもちろん、チームで作成する必要性もあります。Lucidchartのロジックツリー作成ツールを活用すれば、エクセルのように無駄な操作を無しに、そのまま図形をドラッグ&ドロップしてロジックツリーを最短時間で作り上げていくことができます。また、チーム専用コラボレーション機能により、チームメンバーと同時に課題に対する問題解決策を作り上げいくことができます。


オリジナルの図の作成をご希望ですか? Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。