無料マインドマップツール

Lucidchart を使用して思考を視覚的に捉え、整理します。Lucid のマインドマップツールを使えば、中心的なトピックでブレインストーミングを行い、それに付随するアイデアを結び付ける作業を手軽に、直感的に行えます。

マインドマップを作成スタート

または以下の方法で続行

Google でサインインサインインMicrosoft でサインインサインインSlack でサインインサインイン

By registering, you agree to our Terms of Service and you acknowledge that you have read and understand our Privacy Policy.

世界中の数百万人ものユーザーが Lucidchart を選ぶ理由をご覧ください。

  • Amazon logo
  • Google logo
  • Aeon logo
  • Line logo
  • McDonalds logo
  • Hitachi logo
  • Starbucks logo

マインドマップの作成が簡単に

マインドマップ作成ツールを使って、無限のキャンバスでアイデアを構造化し、共有します。

思考をマッピングで整理

折りたたんだり展開したりできる枝を使ってスッキリと分かりやすくデザインされたマインドマップを作成し、AI を活用してアイデアを生成、拡張、要約します。

アイデアのインポートとエクスポート

Visio、Gliffy、OmniGraffle、diagrams.net からマインドマップをインポートすれば、以前に作成した図をベースに作成を続けられます。また、任意の TXT ファイルからアイデアをインポートすることも可能。Lucidchart でアイデアを整理し、完成したマインドマップは PDF、JPEG、PNG 形式でエクスポートできます。

マインドマップを共有

共有可能な URL を作成するか、プレゼンテーションモードを使用してマインドマップを関係者にプレゼンします。Lucidchart を Google Workspace、Microsoft 365、Slack などの人気アプリと連携させて、共有を合理化し、リソースを一元化できます。

自由にコラボレーション

クラウドベースのマインドマッピングツールなら、デバイス、ブラウザ、オペレーティングシステムに関係なく、どこからでも誰とでも作業できます。

マインドマップテンプレートから作成を開始

Lucidchart には、1,000点を超える作図テンプレートが揃っています。ゼロから作図を始めることも、テンプレートから着想を探してスピーディに作業を進めることもできます。

セキュリティも万全な Lucidchart

お客様のセキュリティとプライバシーを真剣に考える Lucid では、PCI、プライバシーシールド、SOC II のコンプライアンス認証を維持しています。

ユーザーに絶賛される理由をチェック

Lucidchart は、Capterra、G2、TrustRadius などの主要サードパーティアプリで数千件の5つ星レビューを獲得しています。実際に使ってその威力を実感してみましょう。

Lucidchart の基本を3分でマスター

  • テンプレートまたは空白のキャンバスから最初のマインドマップを作成します。
  • 図形、線、コンテンツを追加して図をカスタマイズします。
  • ユースケースに合わせて図のスタイルや書式を変更します。
  • Lucidchart 内で「機能を検索」を使って追加の図形や機能を見つけます。
  • 図をチームと共有してフィードバックを取得します。この手順を繰り返しましょう。
マインドマップを作成スタート

無料マインドマップテンプレート

テテンプレートを1つ選んで作成を始め、独自のマインドマップを作成。

一般的なマインドマップ

オシャレなマインドマップ

シンプルなマインドマップ

Lucidchart インテグレーションアプリ

業界をリードするお気に入りのアプリに Lucidchart を接続。

Lucidchart Integrations

マインドマップツールとして Lucidchart がチームに愛用される理由をチェック

作図、データの視覚化、コラボレーションをすべて1つのプラットフォームで完結。

共同編集

デバイスを選ばず手軽に使えるマインドマップ生成ツールで、Lucidchart は、チームが世界中のどこからでもリアルタイムでコラボレーションできるよう支援します。生産性を高めながら、チームで協力して目標達成につなげられます。

明確に理解

Lucidchart を使えば、複雑な問題も明確に。インテリジェントな作図機能で、プロジェクトとプロセスを最初から最後まですばやく視覚化できます。

位置合わせ

同じスペースでのコラボレーションでチームの連携を促進。プロセスとアイデアをリアルタイムで一緒にスピーディに計画して、勢いを保ちましょう。

ソリューションを組み合わせてさらに活用

Lucid ビジュアルコラボレーションスイートは、アイデア出しからプロジェクトの完了まで、作業の方法を一新します。Lucidspark でブレインストーミングと計画立案、その後は Lucidchart でマッピングすれば、組織の真の姿を描き出す設計図を作成できます。

マインドマップとは?

マインドマップは、思考を捉えるための方法です。中心となる概念から始めて、そこから関連する概念へ続くブランチを作成し、自由にアイデアを追加したり、つなげたりすることができます。マインドマップはビジュアルで思考する人に最適で、柔軟な構造のため、ブレインストーミングにすぐに活用できます。

Lucidchart でのマインドマップの書き方

  1. 中心となる概念を作成

    中心となる概念は、解決しようとしている問題や計画しているプロジェクトの目標など、ブレインストーミングしたい内容を表します。マインドマップ図形ライブラリからボードに図形をドラッグし、中心となる概念をボードに追加します。マップが大きくなってもこの図形が中心となります。

  2. 親ブランチを追加

    基本的なサブトピックを示すブランチを作っていきます。中心となる概念から線をドラッグし、自動プロンプトで図形を選択し、サブトピックを入力します。ホットキー [Tab] を使って親ブランチを作成して接続することもできます。

  3. 子ブランチとキーワードを追加

    追加したサブトピックからさらにブランチを作成します。より詳細な情報を追加するには、ホットキー [Enter] を使用します。ホットキー [Z] を使うと、子ブランチの表示/非表示を切り替えてマインドマップをすっきりと見やすく保つことができます。

  4. 色や画像を追加

    絶対に必要というわけではありませんが、色や画像はアイデアを視覚的に整理して理解するのに役立ちます。追加することで、より充実した、役立つマインドマップに仕上げられるでしょう。

  5. マインドマップを共有

    Lucidchart を使用していない人とでも、マインドマップをオンラインで共有できます。URL を生成してアプリの Lucidchart インテグレーションで共有したり、マップを wiki に埋め込んだり、図や概略をさまざまなファイル形式でエクスポートすることができます。

マインドマップに関するよくある質問

利用開始

  • 料金プラン
  • 個人向けプラン
  • チームプラン

  • 企業向けプラン
  • 営業担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキーの設定クッキーポリシー
  • linkedin
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • glassdoor
  • tiktok

© 2024 Lucid Software Inc.