特性要因図(フィッシュボーン図)フリーソフト

初心者でも使える特性要因図ソフト、Lucidchart を利用すれば、事業成果につながる可能性のある原因を判断することができます。問題と解決策を視覚化することで、企業の収益性向上につなげることができます。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

フォーチュン 500 に名を連ねる企業の 99% がチームの継続的な意思統一のために Lucidchart を活用しています。

https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/logos/logo-google-bluesteel.png
https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/logos/logo-bmw-bluesteel.png
https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/logos/logo-netflix-bluesteel.png
https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/logos/logo-amazon-bluesteel.png
https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/logos/logo-adobe-bluesteel.png
https://d2slcw3kip6qmk.cloudfront.net/marketing/logos/logo-GE-bluesteel.png

フィッシュボーン図作成ツール

フィッシュボーン図 (別名: 特性要因図、石川ダイアグラム) は、根本原因分析に役立つツールです。特性要因図はシックスシグマ方法論の一部として製造業界で広く採用されていますが、この他の業界でも活用できるアプローチです。

フィッシュボーン作成

テンプレートを使って作図を始める

Lucidchart のプロフェッショナルなテンプレートを活用すれば、フィッシュボーン図の作成開始もスムーズ。充実したライブラリを閲覧し、ニーズに最適なテンプレートを見つけましょう。その後、図形をドラッグ・アンド・ドロップしてフィッシュボーン図を作成。複雑な問題に内包されるあらゆる要素を見つけるのに役立つ図が出来上がります。

その他の機能
フィッシュボーン作成

クラウドベースのデザイン

完全にオンラインで動作する Lucidchart により、チームメンバーとリアルタイムの共同作業でフィッシュボーン図を作成することが可能となります。メンバー全員が図を編集でき、チームのワークフローと効率性が改善します。

その他の機能
手軽なドラッグ・アンド・ドロップの操作性が特色の Lucidchart は使いやすいソフトウェアです。

ユーザーのための設計

Lucidchart の使いやすいインターフェイスが、問題の原因を突き止め、解決策を素早く見いだす後押しをします。専門性と使いやすさを両立した Lucidchart で、これまでになく作図がスムーズかつ本格的になります。

その他の機能

  • Lucid Features

    視覚化が容易

    発見した内容をプレゼンするためには、プロフェッショナルな外観のフィッシュボーン図が欠かせません。ただ、分析の最中には、デザインよりもブレインストーミングに注力したいものです。Lucidchart のフィッシュボーン図作成ツールで、このジレンマも簡単に解決します。Lucidchart とその直感的なエディターを使えば、印象的で役立つ情報が満載の図を作成するのも容易。テンプレートから作成を開始するか、シンプルなショートカットとドラッグ・アンド・ドロップ操作でアイデアの記録をすぐに始めることができます。

  • Lucid Features

    誰とでも共有

    さまざまな視点を集め、問題の根本原因を素早く特定。リアルタイムの共同編集機能により、チームメンバーが複数のデバイスからフィッシュボーン図ツールを使用して作業することができます。会議中にフィッシュボーン図を作成して、その場で参加者にアイデアを募ることも可能です。

  • Lucid Features

    どこからでも作業が可能

    使い慣れた環境で利用できるフィッシュボーン図生成ツール。Lucidchart は Mac、Windows や Linux など、どんな OS でも使えます。iOS/Android アプリを利用すれば、外出先での図へのアクセスも可能です。

  • Lucid Features

    他のツールとの連携

    シンプルなインテグレーションを利用して、発見した特性と要因を G Suite、Confluence、JIRA、HipChat や Slack で披露。すでに利用しているサービスやアプリケーション内でフィッシュボーン図を作成し、共有できます。

フィッシュボーン図 を作成