PINGDOM_CANARY_STRING

特性要因図
(フィッシュボーン図)
フリーソフト

Lucidchart は、図の作成、データの視覚化とコラボレーションを組み合わせ、よりよい理解の促進とイノベーションの加速につなげるビジュアルワークスペースです。 

図を作成
動画を見る
特性要因図(フィッシュボーン図) フリーソフト

フィッシュボーン図作成ツール

  • クラウドベース特性要因図(Fishbone)作成ツール

    クラウドベース特性要因図(Fishbone)作成ツール

    クラウドベースで動作するLucidchartなら、チームメンバーとリアルタイムで完全にオンラインで動作する Lucidchart により、チームメンバーとリアルタイムの共同作業でフィッシュボーン図を作成することが可能となります。メンバー全員が図を編集でき、チームのワークフローと効率性が改善します.

  • 問題原因の解決に繋がるフィッシュボーン図 (特性要因図) 作成ツール

    テンプレートから作れるフィッシュボーン図

    Lucidchart のプロな特性要因図テンプレートを活用すれば、フィッシュボーン図の作成開始もスムーズ。充実したライブラリを閲覧し、ニーズに最適なテンプレートを見つけましょう。その後、図形をドラッグ & ドロップしてフィッシュボーン図を作成。複雑なビジネス問題に内包されるあらゆる要素を見つけるのに役立つ図が出来上がります。
 
     

  • ユーザー思考を中心とした特性要因図(フィッシュボーン)フリーソフト

    簡単機能で素早く作成できる特性要因図

    Lucidchart の使いやすいインターフェイスが、問題の原因を突き止め、解決策を素早く見いだす後押しをします。専門性と使いやすさを両立した Lucidchart で、これまでになく作図がスムーズかつ本格的になります。
     

  • オンライン上関係者とシェアできる

    誰とでも共有(シェア・コラボレーション)特性要因図フリーソフト

    さまざまな視点を集め、問題の根本原因を素早く特定。リアルタイムの共同編集機能により、チームメンバーが複数のデバイスからフィッシュボーン図ツールを使用して作業することができます。会議中にフィッシュボーン図を作成して、その場で参加者にアイデアを募ることも可能です。

5分で理解できる特性要因図の書き方

1

まずは、Lucidchartの新規アカウントを無料で作成する

フィッシュボーン図(石川ダイアグラム)の作成の前に、まずは新規アカウントの作成を行いましょう。

2

特性要因図専用のテンプレートを使う

アカウント作成後は、お好きなフィッシュボーン図専用の素材(テンプレート)を選択しましょう。もちろん、一から作成したい方は、空白のテンプレートよりお好きなスタイルでフィッシュボーン図を作成して行くことができます。

3

特性要因図内に原因と特性を記入して行く。

ある特性に対して、どんどん原因や問題を記入していきましょう。

4

小さい要因を記入する

大きい要因に対して、関連する細かい問題や原因を記入していきましょう。これを記入することによって、より簡単に問題解決に役立っていきます。

5

同僚や上司、チームメンバーと特性要因図をシェアする

完成後は、同僚やチームメンバーとシェアし同時編集機能でより効率的な問題解決を作成していきましょう。

特性要因図の作成

特別要因図作成ソフトに関するFAQ

早速特性要因図を作成してみましょう

テンプレートも豊富な特性要因図作成フリーソフト

180か国に1,500万人を超えるユーザー

Lucidchartで作成した特性要因図は自社の問題や課題解決、サービス改善、業務改善、テレワークにもとても効果的な特性要因図作成ソフトとして各部署で役立っています。使い道もシステム連携やチームワーク機能で増えるとこが最大のメリットであり、各専門業務にも使用できるテンプレートのおかげで、さまざまな業務で役立っています。

Capterra rating

星評価4.5/5、レビュー650件以上

Amazon logo
Johnson & Johnson logo
DocuSign logo
NBC logo
Google logo
Redhat logo

フィッシュボーン図・特性要因図テンプレート&フリー素材を使う

フィッシュボーン図・特性要因図テンプレート&フリー素材を使う

特性要因図テンプレート

大企業500社の99%がLucidchartを活用する理由をチェックしてみましょう!

もっと詳しく