PINGDOM_CANARY_STRING
Lucidchart Logo図解で分かる特性要因図書き方ガイド
    特性要因図の作成
Diagram

図解で分かる
特性要因図
書き方ガイド

特性要因図の概要や作り方を、特性要因図ガイドで学びましょう!

特性要因図の作成経験はなく、詳細を学びたい。
Lucidchart を使って特性要因図を作成したい。

フィッシュボーン図(特性要因図)とは、原因や問題、課題解決にも活用でき、因果関係を可視化させる図です。今回は、特性要因図の作り方や使える参考例、書き方を詳しく説明していきます。

この記事を読むのに必要な時間 : 2 分

特性要因図の作成には、Lucidchart でお任せ。時間もコストも削減できるクラウドサービスです。

特性要因図の作成

特性要因図とは?

特性要因図は、石川ダイアグラム、ヘリンボーン図としても知られます。 これは、所与の問題や結果の潜在的な原因を描出する図であるためです。実際に魚の骨に似た図で、図の中心を長い線が横切り、主な結果、言い換えれば「問題点の定義」へ至ります。その他の骨は中心の骨から分岐し、原因のさまざまなカテゴリーを示します。以下のテンプレートでは、測定、材料、人、機械、環境の標準的な6つのカテゴリーを示していますが、これらのカテゴリーは問題の性質に合わせて自由に入れ替えることができます。


特性要因図は、その見た目からフィッシュボーン図としても知られています。特性要因分析の応用範囲はエンジニアリング、マーケティングや製造と多岐にわたります。特に工業生産の分野で、事業における問題の要因を特定するための方法として、石川馨が考案したアプローチです。特性要因分析を行う際には、まず問題や課題の特定を行い、その後成功への道筋に横たわる障害に着目していきます。

特性要因図の作成なら無料おすすめツール

特性要因図を簡単に、時間を掛けずに作成した方におすすめするのが「Lucidchart」特性要因図作成ツールです。どんな問題や原因確定、改善計画の設計であっても、複数の人数と同時にリアルタイムでフィッシュボーン図の作成が直ぐに行えます。また、Excelにも対応しており、テンプレートから楽々に特性要因図が書けます。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

特性要因図の作成

Lucidchart で特性要因図を書く方法

Lucidchart を使えば、簡単に特性要因図を作成することができます。魚の骨格のデザインには、「L」キーを押して線ツールを使いましょう。十字線が表示され、線を描画できるようになります。以下のテンプレートに線を追加した後は、その線にテキストボックスをドラッグして適宜ラベルを付けます。この他にも、Lucidchart では、ドラッグでのサイズ調整、コンテキストメニューのポップアップ表示、カスタム画像のアップロードなど、作図をしやすくする便利な機能が多数揃っています。仕上がった図は、オンラインで共有や公開が可能です。

詳しい特性要因図の書き方ステップ

Lucidchart を使えば、オリジナルの特性要因分析例の作成も自在です。Lucidchart は、ブラウザでシームレスに動作する専門的な作図ソフトウェアです。この例では、ウェブサイトのトラフィックが減少した理由を探ろうとするマーケティングチームのブレインストーミングのプロセスを示しています。編集可能なテンプレートを開いて、自社事業の問題解決に向けたプロセスを始めましょう。

fishbone-diagram-example

Lucidchart の利用を開始

1. Lucidchart アカウントに登録します。

2. [マイドキュメント] へ移動します。

3. [作成] > [新規文書] の順にクリックします。

4. フィッシュボーン図テンプレートを探して利用、または Lucidchart で新規文書を作成します。

問題点を特定する

5. フィッシュボーン図作成でまずすべきことは、問題点の定義です。要因と特性の関係を分析するためのフィッシュボーン図において、問題点の定義とはつまり、最終的な効果や結果となるものを指します。画面左側からアクセスできる Lucidchart のツールボックスからボックスをドラッグして引き出し、ダブルクリックしてラベルを付与します。業界やユースケースにより、「配送遅延」から「患者の再入院」に至るまで、さまざまな問題が考えられます。問題点の定義が完了したら、そのボックスから線を描画します。図に含めたいカテゴリーの数により、線の長さが決まります。

fishbone-diagram-example

カテゴリーをリストアップする

6.  次に、線、そして問題点の定義の原因となるカテゴリーに対応するボックスを追加していきます。ここでは、逆方向に考えるのがよいかもしれません。まず、問題の潜在的な原因を特定し、それらをカテゴリーへ分類していきます。フィッシュボーン図の基本的なカテゴリーには以下の6つの「M」があります。

  • 機械 (Machines)

  • 方法 (Methods)

  • 材料 (Materials)

  • 測定 (Measurements)

  • 環境 (Mother Nature)

  • マンパワー (Manpower)

何を追加してよいか分からない場合には、こうしたカテゴリーから始めてみることをおすすめします。また、図の目的に合わせて、より具体的なカテゴリーを独自に選ぶこともできます。

原因を追加する

7. 原因を追加するには、カテゴリーの線から新しい線を描画し、テキストボックスでラベルを付けます。「L」キーを押すと十字線が表示され、図形から線をドラッグせずに線を描画することができます。線の角度を変更したり、回転するには対象の線をクリックします。思いつく限り多くの原因を追加するようにしましょう。発生確率が低いように思われるものでも構いません。詳細を加えれば加えるほど、問題の分析もしやすくなります。

フィッシュボーン図のテンプレート

作成した図の確認

文書が完成したら、内容を確認してみましょう。テキストに誤りがなく、読みやすいフォントのサイズであるかどうか、関連情報をすべて盛り込んでいるか、情報が正しいカテゴリーに配置されているかを確かめます。同僚に図の URL を送信して招待し、コメントを追加してもらったり、一緒に編集を行うこともできます。


特性要因図の記事一覧

  • 特性要因図

特性要因図を活用すれば、あらゆるビジネスや現状の把握、分析、問題の特定を全て可視化で行うことができます。特性要因図の作成ならLucidchartの「特性要因図 フリーソフト」を活用して多様な原因や因果関係を見える化させ、改善計画を立てていきましょう。

特性要因図の作成には、Lucidchart でお任せ。時間もコストも削減できるクラウドサービスです。

日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.