Diagram

マインドマップの作成方法

以下のテーマを選び、もっとマインドマップについて学んでみましょう!

マインドマップの作成経験はなく、基本を学びたい。

思考の整理、新しいアイデアの発案や創造性の向上に、マインドマップを活用してみましょう。このガイドでは、あなたのニーズにピッタリ合ったすばらしいマインドマップを作成する方法をご紹介しています。

このページは1分で読めます

その複雑な会議内容、アイディア、知識、学習や情報をLucidchartクラウドサービスで、見える化させましょう! 

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

1. 主となる概念から始める

まず、マインドマップの主な目的を決め、書き出します。マインドマップは中央から外側に向かって作成していくため、中心となる概念が図の主要なテーマとなります。主な概念としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 解決したい問題

  • ブレインストーミングするプロジェクト

  • 習得したい難しいコンセプト

例えば、ベンジャミン・フランクリンについてのエッセイを書くのが目的だとします。この場合には、エッセイの題目であるベンジャミン・フランクリンが主な概念となります。

2. 主となる概念にブランチを追加する

マインドマップ作成の主な目的が決まったところで、最も基本的なサブテーマを表すブランチを追加していきます。ブランチを加えることで、情報の整理がしやすくなります。あまり細部にはこだわらず、キーワードや短い記述で十分です。

ベンジャミン・フランクリンに関するエッセイの例では、描き出すべき主要なサブテーマは、彼の人生を説明する主なブランチとなります。これらの最初のブランチに別のブランチを追加していくことで、さらに詳細を加えていきます。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

3. さらにブランチを追加してテーマを探求する

テーマの主題を決めたら、意義ある情報が出尽くすまで図形を追加していきます。重要度の高い内容ほど主となる概念に近く、具体的な詳細は遠くに配置することで、情報を整理していくことを心がけましょう。

4. 画像や色を追加する

図の中のさまざまな概念のレベルに標準の色を使い、マインドマップ全体が整理された状態を保ちます。Lucidchart では、ここで使用する色も自由に調整できます。加えて、画像を使用することで、マインドマップのさまざまな部分を視覚化でき、また記憶もしやすくなります。従来型のボックス図形に代えて、図形の接続に画像を使用することもできます。

ベンジャミン・フランクリンを使ったこの例では、エッセイ執筆の準備が完了するまで、ブランチの追加を続けました。エッセイの執筆ではなく、試験勉強が目的だとしたら、アイコンを使用すると記憶力が増幅されやすくなるでしょう。

Lucidchart でマインドマップを作成

Lucidchart を使用すれば、美しいマインドマップをウェブブラウザーから直接作成し、スタイルを設定することが可能です。ブラウザーから手軽にマインドマップを作成するには、まず Lucidchart への登録から始めましょう。


その複雑な会議内容、アイディア、知識、学習や情報をLucidchartクラウドサービスで、見える化させましょう!