Diagram

ガントチャートとは?
ガントチャート作成メリットとコツのご紹介

作図に関してどのようなニーズをお持ちですか?

作図の経験はなく、詳細を学びたい。

フリーでも使える Lucidchart のガントチャートツールとテンプレートを使えば、複雑なプロジェクトやタスクの計画、管理や工程管理もスムーズに進みます。このガントチャートのガイドでは、ガントチャートを使用するメリットや、ガントチャートの作成方法を紹介しています。

 

この記事を読むのに必要な時間 : 3 分

オリジナルの図の作成をご希望ですか? Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

図を作成

そもそもガントチャートとは?

ガントチャートを使えば、プロジェクトやタスクのスタートポイントから、完了まで、全てのタスク管理やスケジュール管理の進捗状況の視覚化が可能になります。 

ガントチャートの構造はスケジュール管理表に似ており、個別のタスクとその間のタスクの依存関係、タスクやスケジュールの担当者や作業期間、プロジェクト全体の情報を可視化するチャートです。ガントチャートは、一つ一つの作業を明確に図式化し、チーム全体が作業の期限を把握することができるポイントが一つのメリットとなります。

 

ガントチャートの使用メリットとデメリット

ガントチャートやタスク管理やスケジュール管理、プロジェクト管理を管理する際に役立つ帯状グラフの一種です。ガントチャートを作成し、活用することにより、以下の場面でガントチャートが役立ちます。

 

メリット:

  • ガントチャートを使うと、プロジェクト・タスクの要件や情報を概略的にも詳細にも確認の実現。

  • プロジェクトの進行に合わせて、関係者とクライアントに期限と進捗状況を分かりやすく伝えるのに役立つ。

  • チーム全体に適した期限を決め、妥当性の確認や、タスクが実現的か、マイルストーンの管理や工程の最適化の実現。

  • 担当者とチームメンバーが視覚的にプロジェクトの詳細を確認でき、各人とチームがタスクの完了に確実に責任を負う環境の作成。 

  • プロジェクトマネージャーがタスクの依存関係を整然とした図形式で確認でき、効果的に計画や工程管理の進行を実現。

 

デメリット :

  • タスク数の多い複雑なプロジェクトの場合には、チャートが細かく煩雑になりがちなることも。

  • 個別のタスクの完了ごとに更新が必要で、手間がかかる。

  • 高度なガントチャートツールを使用しないと、情報が多すぎ、パッと見て分かりにくいチャートになる可能性も。

おさえておきたいガントチャート作成注意点

ガントチャートにはプロジェクトのさまざまな側面に関連するパーツが複数含まれます。プロジェクトの複雑度やチャートの詳細度によりガントチャートの内容は多少変わりますが、ガントチャートの作成の際には以下のポイントに注意しながら作成していきましょう。

  1. スケジュール表 : ガントチャートの全体的な構造を示し、ガントバーに加え、タスク、スケジュールや関係を表す記号が含まれています。 

  2. ガントバー : タスクを視覚的に表し、タスクの期間に加え、マイルストーンや重要なタスクなど、作業のタイプも示すことができます。完了したタスクの割合、余裕時間、作業開始日と作業終了日の予定と実績などを含めることもできます。

  3. 作業内容 : タスクの説明。

  4. タイムスケール : 時間、日、週など、チャート内に表示される時間の間隔を示します。

  5. マイルストーン : 通常タスク完了に関するプロジェクトの重要な目標日やチェックポイントを指します。 

  6. 作業依存関係 : タスク間の関係を指定するもので、別のタスクとの関係においてタスクを開始/終了するタイミングを示します。

  7. 日付 : 通常チャート上部に表示され、個別のタスクとプロジェクト全体の予想開始日と終了日を示します。 

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

図を作成

ガントチャート vs WBS

WBS

  1. WBS(Work Breakdown Structure)は、作業を分解した表です。
  2. 作業分析やタスクの内容をよりわかりやすく理解する際に使用できる表です。

ガントチャート

  1. 工程管理やプロジェクト管理の全体を管理する際に役立つスケジュール表です。
  2. タスクを時間内に管理する際に活用できる工程表としても使用が可能です。

ガントチャートを作る理由

  • 全体的なプロジェクト内容の可視化

  • 関係者全体で共有できるプロジェクト情報

  • 工程管理で追跡できるタスクの進行状況

  • タスク管理やスケジュール管理 

ガントチャートの作成ステップとコツ

ガントチャートの作成にはさまざまな内容の記入が必要ですが、適切に作成すれば、最適なプロジェクトの計画と完了に役立ちます。以下では、プロジェクトの開始から完了に導くのに欠かせないガントチャートの作成ステップを手順別に紹介しています。

 

1. ガントチャート作成の前に、WBSの作成

まずは、ガントチャートの作成を開始する前に、WBSを必ず前もって作成しましょう。WBSを作成する事によって、見て直ぐに理解できる作業分解が可能になります。

2. 作業の関係を決定

WBSを通して作業分解が完成したら、各タスクとサブタスクを接続する方法を決めます。タスク間の依存関係を把握することで、同時に取り組めるアクティビティと個別に行うべきアクティビティを特定することができます。 

 

3. 作業のスケジュールを作成

現実的な時間枠を考慮しながらプロジェクトの期限やマイルストーンを設定します。非現実的な期限ではなく、個別のタスク作成に必要な時間、スケジュールや遅延を織り込んで現実的な期限を設定しましょう。タスクの依存関係に沿って作業を適切な順序に整理し、プロジェクトにとって最も効果的な行動計画を作成します。 

 

4. ガントチャートに情報を入力する

ガントチャートツールやテンプレートを使用して、プロジェクトの情報をガントチャートに入力します。すべてのタスクと依存関係が盛り込まれているかよく確認しましょう。図形、矢印や色の意味を示す凡例を追加することもできます。 

 

5. 個人やチームに作業の割り当て

プロジェクトにおける各自の役割を明確に理解し、重要な期限を守れるよう、チームや個人にタスクを割り当てます。 

 

6. チームの進捗に応じてチャートを更新

完了したタスク、期限やタスク担当者の修正を盛り込んでチャートを適宜更新し、最新の状態に保つことで、チームメンバーがプロジェクトの進捗に合わせて機敏に対応できるようにします。 

おすすめガントチャートテンプレート

以下では、活用できるガントチャートの例とテンプレートをご紹介しています。

 

ガントチャートテンプレート

ガントチャートの簡略版で、プロジェクトのタイムラインに沿ってタスクやその期間を基本的なレイアウトで示したものです。

マイルストーンを含むガントチャート

ビジュアルとテキストの両方を使ったガントチャートで、簡単なガントチャートに比べて情報量が多いのが特長です。どちらの形式でも参照しやすく、プロジェクト参加者がタスクの開始/終了日や依存関係などの重要情報を確実に把握できます。

進行状況バーを含むガントチャートのテンプレート

基本的なプロジェクト情報に加え、タスクの完了度をより明確に示す進行状況バーが含まれます。 


オリジナルの図の作成をご希望ですか? Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。