Lucidchart Logoシステム構成図とは?書き方とインフラ構成図の視覚化メリット
    システム構成図を作成
Diagram

システム構成図とは?書き方とインフラ構成図の視覚化メリット

ネットワークシステム構成図の書き方や生成ステップについて学びましょう!

システム構成図の作成経験はなく、詳細を学びたい。
Lucidchart を使ってサイト構成図を自動生成したい。

目次

システム・インフラ構成図ガイドへようこそ!

ネットワークシステム構成図は、システム構成をより明確に表示することができる図を表しています。システム構成図を活用することによって、AWSやAzure、GCP(Google Cloud Platform)構成の理解もより明確に、ソリューションアーキテクトやエンジニアの方々でも重要なネットワーク構成が素早く可視化できます。

また、AWSやGCPの構成を可視化することによって、費やしている業務への時間等の削減、チームワークの改善と効率化など、さまざまのメリットがあります。

この記事を読むのに必要な時間 : 3 分

AWSインフラ構成図の可視化には、Lucidchart を試してみましょう。さあ、今すぐ生産性向上を実現させましょう。

システム構成図を作成

システム構成図で現在の状態が把握できる

いささか使い古された表現ですが、「行き先を決めるには、まずこれまでの過程を把握しなければならない」のです。その現状を理解せずに、クラウドインフラストラクチャを最適化し、改善することはできません。クラウドインフラストラクチャ自動生成を行えば、インスタンスを一目で確認でき、最適化の余地がある領域を見出すことができます。

クラウドアーキテクチャの現状を示す図は、さまざまな用途に活用できます。例えば、エンジニアにこの図を提供すれば、自社エコシステム内でどのような種類のアプリケーションを開発するかの検討に役立ちます。アーキテクチャの概略を必要とするチームでも、詳細を必要とするチームでも、ビジュアルを活用することで、変わり続けるプラットフォームを明確に理解することができるのです。

Lucidchart Cloud Insights なら、自社のネットワークの構成をわずか数秒で可視化することができます。クラウドインフラストラクチャ全体を表すビジュアルをクラウド、リージョン、コンピューティングインスタンスやその他のリソースに整理された形で自動生成することも、サードパーティ接続で Lucidchart のアカウントをクラウド環境に接続するばだけで早速始めることができます。また、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform (GCP) を始め、複数のクラウドソースへの接続とインポートが可能になり、AWS構成がスピィーディーに見える化することができます。

 

将来の状態を計画

コンサルタント、あるいは社内アーキテクト、ITエンジニアや DevOps マネージャーなど、さまざまな職種において、インフラ構成に変更を加える前にその内容をしっかり理解し、変更内容を他のユーザーに伝えて承認を得るためには、対象のインフラストラクチャを図式化することが役立ちます。

Lucidchart では、現在の状態図を手動で作成して今後加える予定の変更を検討することができます。Lucidchart には AWS、GCP、Microsoft Azure の無料アイコン・図形ライブラリが用意されています。また、Lucidchart Cloud Insights を使えば、プロセスを合理化して自動的にAWS構成図などを生成し、移行と実装の検証中にチームが正確に環境を把握できるようなります。

また、よく使うサービスの組み合わせに対応するカスタム図形を作成すれば、構成図のスタートもさらにスムーズに。レイヤーとアクションを使い、インフラストラクチャの現在の状態と最適化された状態を切り替えることも可能。こうしたインタラクティブな機能で、推奨事項を明確に伝え、スピーディな承認獲得につなげることができます。

承認の獲得後は、作成したビジュアルを指針に、インフラストラクチャを迅速かつ効率的に構築できます。インフラストラクチャの構築を実際に担当するチームと協業する場合でも、ビジュアルの活用でプロセスの簡素化が図れます。クラウドインフラストラクチャ図をアーキテクトがエンジニアや実装チームに引き渡すのも簡単です。

GCP アーキテクチャ : ウェブサイト > ダイナミックホスティング (オンラインで変更するには画像をクリック)

Microsoft Azure : 基本的なウェブアプリケーション (オンラインで変更するには画像をクリック)

 

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

システム構成図を作成

トラブルシューティングにも活用できる構成図

問題のトラブルシューティングが必要となった場合でも、クラウドインフラ構成図を使えば、問題と影響を受けるエリアを視覚的にスムーズに特定可能。システム構成図の活用で、問題の根本原因を見つけて迅速に解決し、組織の円滑な運営を維持して収益の損失を防ぐことができます。

この場合にも、ビジュアルを利用することで、クラウドインフラストラクチャの内容を他のユーザーにすばやく伝えることができます。また、インシデント対応には環境を正確に表す図が欠かせません。企業の多くではチーム間でインフラストラクチャが共有されているため、部門内のチームがアクセス権限のないインフラストラクチャの内容を把握しなければならない場面もあるでしょう。また、問題のトラブルシューティングの過程で、利用しているクラウドサービスプロバイダー (Amazon Web Services、Google Cloud Platform 構成図など) にインフラストラクチャのドキュメンテーションを提供する必要が生じることもあります。Lucidchart Cloud Insights を使えば、最も重要性の高い情報がすぐに見つかり、特定の領域を手早く確認して問題のスピーディな解決につなげられます。

Lucidchart では、 データをリンク したり、 条件付き書式設定を適用 して、クラウドインスタンスのパフォーマンスを監視するダイナミックなビジュアルダッシュボードを作り上げることもできます。

Google Cloud Platform (GCP) ダッシュボード (オンラインで変更するには画像をクリック)

Amazon Web Services (AWS) ダッシュボード (オンラインで変更するには画像をクリック)

コンプライアンスを実証

クラウドへ移行する企業が増える中、これに対応するセキュリティ標準の整備も進められてきました。2013年に、PCI データセキュリティ基準協議会 (PCI SSC) はクラウドでの顧客の支払データ保護方法に関する具体的なガイドラインを発行。これに続き、2016年には米国保健福祉省が HIPAA クラウドコンピューティングガイドラインを公開しています。

機密性の高いデータをクラウドへ移行する企業には、そうしたデータを保護し、最高水準のセキュリティ標準の遵守を実証する責任が求められます。データの保存場所と送信先を示すクラウドインフラストラクチャ図を使えば、PCI、HIPAA、SOC などのセキュリティガイドラインの遵守を証明することができます。監査の一環でこうした図が必要となる場合もあります。

Lucidchart Cloud Insights なら、ガバナンスに関する主要データの視覚化が実現。インスタンス名、セキュリティグループ、IP アドレスなどのメタデータを図の形式で整理することで、セキュリティ、コンプライアンスや社内のベストプラクティスを把握しやすくなります。

クラウドインフラストラクチャ図の共有も、Lucidchart を使えば簡単です。編集、コメントのみ、読み取り専用の各権限を設定した図への直接リンク経由で図を他のコンプライアンス文書に添付することができます。

新しいチームメンバー向けの研修を実施

チームに新メンバーを迎えた時にも、研修にビジュアルを使えばクラウドインフラストラクチャの内容を的確に伝えられ、スムーズに業務に馴染めるようになります。

Lucidchart では、クラウドインフラストラクチャ図を作成してチームで参照するだけでなく、社内イントラネットや Confluence などの人気アプリで 図を公開 することも可能。毎日使っているアプリケーションに インテグレーション でビジュアルを追加すれば、一か所でいつでも図を確認でき、研修中に不明な点が出てきた場合でも、質問がある場合でも、それぞれが自分で問題点を解決できるようになります。

クラウドインフラストラクチャの構築、最適化や保守、さらにその内容や構成を伝えるときには、ビジュアルを積極的に活用しましょう。Lucidchart なら、技術的に複雑な図の作成プロセスもシンプルに、作成した図は簡単に共有してインフラストラクチャの理解を深められます。今すぐ新規登録して作図を始めましょう。


AWSインフラ構成図の可視化には、Lucidchart を試してみましょう。さあ、今すぐ生産性向上を実現させましょう。