PINGDOM_CANARY_STRING
戦略計画プロセス

戦略計画プロセスの5つのステップ

読み取り時間 : 約1分

投稿者 : Lucid 編集部

戦略計画はあらゆるビジネスに欠かせないものですが、実際には、明確な計画なしに、または計画をはっきりと内外に伝えることなしに、経営されている企業も数多く存在します。OnStrategy の調査によれば、戦略の議論にかける時間が月に1時間にも満たない経営チームは調査対象の 86% にも上り、一般的な従業員の 95% が自社の戦略を理解していません。

ほとんどの企業が対応していない分野だけに、戦略計画を実践することで頭一つ抜き出るチャンスは大いにあります。

戦略計画プロセス
戦略計画プロセス(オンラインで変更するには画像をクリック)

戦略計画プロセスとは?

ごく単純に言えば、戦略計画プロセスとは、組織が全体的な長期目標の達成に向けた計画の立案に使う方法を指します。

このプロセスは、個別のプロジェクトのスコープを決め、タスクを割り当てるためのプロジェクト計画プロセスや、ミッション、ビジョンと目標の決定に使う戦略マッピングとは異なります。

戦略計画プロセスの対象はより幅広く、達成に向けて尽力すべき戦略目的や、ビジネスにあまり寄与しない施策を見分けるためのロードマップの作成に役立ちます。以下では、このプロセスのステップを説明します。

戦略計画プロセスのステップ

1. 戦略的な立ち位置を判断する

今後の作業のすべての基盤となる準備段階で、進む方向を決め、そこにたどり着くための手段を検討していきます。

社内外の適切なステークホルダーに、最初の段階から参加してもらうことが大切です。社の経営陣と相談して主な戦略課題を特定し、顧客からの視点を取り入れ、業界や市場のデータを収集することで、市場や顧客のマインドにおける自社の立ち位置が明確になります。

また、社のミッションやビジョンステートメントを確認したり、そうしたものがない場合には作成するのもよいでしょう。自社のビジネスにとっての成功とはどんなものかがより明確に見えてくるはずです。加えて、社のコアバリューも見直し、こうした目的の達成に自社がどう取り組んでいるかを改めて考えるのもおすすめです。

まず、顧客に関する洞察、現在や将来の需要など、業界や市場のデータを使用して対応すべき課題をあぶり出します。自社の強みと弱みに加え、外部の機会 (市場で空白が生じている部分で、自社がそのニーズを満たせるもの) と脅威 (競合他社) を書き出していきます。

最初の段階での分析には、SWOT 図が便利です。経営陣、顧客や外部の市場データに基づいて得られた結果を強み、弱み、機会と脅威 (SWOT) に分類することで、現在の立ち位置が明確になります。

SWOT 分析の例
SWOT 分析の例(オンラインで変更するには画像をクリック)

SWOT 分析の他に PEST 分析という手法もあり、政治、経済、社会、技術の4つの視点からビジネスにとっての機会と脅威を明確に特定できる戦略ツールとして役立ちます。

PEST 分析
PEST 分析(オンラインで変更するには画像をクリック)

こうした情報を組み合わせると、市場における自社の独自の戦略的地位がはっきりとし、重要な戦略目的がいくつか浮かび上がってきます。こうした目的は、通常3年から5年の期間を念頭に設定されます。

illustration of people working together

さらに詳しい戦略計画には PEST 分析も役立ちます。

方法をチェック

2. 目的の優先順位を決める

市場での現在のポジションを把握したら、次は目標の達成に寄与する目的を決めていきます。社のミッションやビジョンに沿った目的を決めるようにしましょう。

以下のような重要な問いかけから目的の優先順位を決めていきます。

  • これらの施策のうち、自社のミッションやビジョンの達成と市場でのポジション改善に最も影響の大きいものは?
  • どのような影響が最も重要か (顧客獲得、収益など)?
  • 競合他社はどう反応するか?
  • 最も緊急度の高い施策はどれか?
  • 目標達成のためにすべきことは?
  • 進捗状況をどう測り、目標達成の有無をどのように判断するか?

ステップ1で説明した長期的な戦略目標や取り組みを達成するには、明確かつ測定可能な目的を決めることが重要です。目的の例としては、ウェブサイトのコンテンツの更新、メール開封率の向上、パイプラインへの新規リード追加などが挙げられます。

タイムラインを定め、こうした目標の達成に必要なリソースや成功の測定に使う重要業績評価指標 (KPI)を特定するためには SMART メソッドが便利です。

3. 計画を策定する

このステップでは、目標を達成するための戦略計画を作成する中で、目的の達成に必要な戦術を決め、タイムラインを定め、責任範囲を明確に伝えていきます。

計画を全体的に視覚化するには、戦略マッピングが便利です。トップダウン型でビジネスプロセスをシンプルに見渡し、改善の余地を特定することができます。

戦略マップの例
戦略マップの例(オンラインで変更するには画像をクリック)

真に戦略的な選択には、通常、機会費用のトレードオフが伴います。例えば、直感的なユーザーエクスペリエンスの構築に資金を傾斜配分するため、カスタマーサポートへの配分を減らすというようなこともあるでしょう。

自社のバリュー、ミッションステートメントと確立した優先順位に基づき、長期的なポジションの強化につながらない施策は切り捨てることも大切です。

4. 計画を実行し、管理する

計画が完成したら、実践に移ります。まずは関連文書を共有し、組織全体に計画の内容を伝えましょう。実際の作業はその後に始まります。

プロセスをマッピングし、包括的な戦略を具体的な計画へと落とし込んでいきます。KPI ダッシュボードを使ってチームの責任範囲を明確に伝え、完了までのプロセスと、各ステップにおける担当範囲をきめ細かく示します。

参加者一人ひとりとその上司を交えて定期的にレビューを行い、予定通りに進んでいるかを確かめる確認ポイントを決めておきます。

5. 計画を見直し、修正する

計画の最終段階では、見直しと修正を行い、優先順位を再評価して過去の成功や失敗に基づいて軌道を修正していきます。

四半期ベースでチームの KPI の達成状況を確認し、今後も達成できるようにするにはどうすべきかを検討し、必要に応じて計画を調整します。また、長期的な成功を実現するためには、年間ベースで優先順位と戦略的地位を再評価することも重要です。

業績を包括的に理解し、戦略目標を実行するには、バランススコアカードで進捗状況を追跡しましょう。

バランススコアカードのテンプレート
バランススコアカード(オンラインで変更するには画像をクリック)

時間が経つに従い、ミッションやビジョンの修正が必要となることもあります。例年の評価を行うタイミングで、こうした修正を検討し、新しい計画を準備して再度実践していきます。

illustration of people working together

目標の達成と進捗状況の監視にバランススコアカードが役立ちます。

方法をチェック

戦略計画プロセスのステップをマスターするために

一つ一つのステップを定期的に繰り返して戦略計画プロセスの実践を続けるうち、企業のビジョン達成に向けて、測定可能な進歩が見えてくるようになります。

目の前の問題の対応に時間を取られたり、競合他社に反応したり、目新しい施策に飛びつくようなこともなく、長期的な視野に立ち、今後の継続的な成功につながる意思決定を行っていけるようになります。

illustration of people working together

戦略マップを使用することで、組織のミッションとビジョンを実行可能な目標へ変えることができます。

方法をチェック

著者について

株式会社  Lucid Softwareのロゴ

Lucidの編集部ではフローチャートやUMLなど行動な図や資料に関する情報から、プロジェクト管理や働き方の改善ノウハウ等の情報を発信しています。

Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

無料ではじめる

今人気

The 4 Phases of the Project Management Life Cycle

プロジェクト管理ライフサイクルの4つのフェーズ

Lucidchart について

Lucidchart は、チームが複雑な内容を理解し、共通の認識を得て、スピーディに未来を作り出すうえで役立つインテリジェントな作図アプリケーションです。直感的なクラウドベースのソリューションで、フローチャート、モックアップ、UML 図などを作成しながら、視覚的に作業を進め、全員でリアルタイムでのコラボレーションが実現できます。

Visio に代わるオンラインソフトウェアとして最も人気が高い Lucidchart は、180か国以上で2,500万人を超えるユーザーに活用されています。成約を目指す企業をマッピングする営業部門のマネージャーからネットワークインフラを視覚化する IT 部門のディレクターに至るまで、その用途は多彩です。

関連する投稿 :

Business Model Canvas 101: A Step-by-Step Guide to Strengthening Your Strategy

business model canvas

Define Your Business with a Strategy Mapping Template

strategy map
日本語
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.