PINGDOM_CANARY_STRING
スクラムマスターのスキル

スクラムマスターの役割と責任範囲

読み取り時間 : 約1分

投稿者 : Lucid 編集部

アジャイルの状態に関する年次レポート第12号 (12th Annual State of Agile Report) によると、企業の 56% がアジャイルの手法としてスクラムを使用しています。こうした企業の数が増え、アジャイルが人気を集めるにつれ、スクラムマスターの需要も高まるものと考えられます。

今一度確認しておきますが、スクラム手法とは、アジャイルソフトウェア開発のサブセットで、開発チームが目標を設定し、明確に定義された反復サイクルを通じて新しいソフトウェアの機能や特徴を提供していくものです。各イテレーション (反復) で、2〜4週間ごとにプロジェクト全体の小さくも重要な一部を実現します。

スクラムマスターの役割に興味がある方も、自分のスクラムチームでベストプラクティスが確立できているかを確認したい方も、スクラムマスターの重要なスキルと役割に関連する責任範囲について確認してみましょう。

スクラムマスターの役割と責任範囲
スクラムマスターの役割と責任範囲(オンラインで変更するには画像をクリック)

スクラムマスターとは?

最初に今一度確認しておきますが、スクラム手法とは、アジャイルソフトウェア開発のサブセットで、開発チームが目標を設定し、明確に定義された反復サイクルを通じて新しいソフトウェアの機能や特徴を提供していくものです。各イテレーション (反復) で、2〜4週間ごとにプロジェクト全体の小さくも重要な一部を実現します。

スクラムマスターとは、スクラムチームが合意したプロセスを確実に実行するよう支援するファシリテーターです。また、チームの目標達成の妨げとなりうる障害物や気の散る要素を巧みに取り除き、スクラムチームとチーム外の個人やチームとの連絡役を務めます。

スクラムマスターの主な責任範囲5つ

スクラムマスターの肩書には「マスター」という単語が入っていますが、プロジェクトや開発チームの責任者という意味ではなく、プロダクトオーナーやスクラムチームと協力して合理的なものへとプロセスを改善していくのがその役割です。

スクラムマスターの役割には主に以下のような責任範囲が含まれます。

1. チームメンバーのコーチング

スクラムマスターは、チームメンバーが十分なトレーニングを受け、アジャイルプロセスを確実に理解できるよう支援します。また、メンバーが各自の役割を理解し、プロジェクトオーナーとしての意識を持ち、さらにプロセスが遵守され、チームが自己管理されている状態を確保します。

2. 日次のスタンドアップミーティングの開催

日次のスクラム (スタンドアップ) ミーティングは15分未満で行い、チームメンバーが以下の質問に答える形で進めます。

  • 今日取り組んだ内容は?
  • 今日取り組む内容は?
  • 進行を妨げている要因は?

チームメンバーには、特定のタスクの完了に必要な時間を見積もるよう求められることもあります。スクラムマスターはこのミーティングを主催し、チームの進捗状況を確認し、タスクの完了を妨げるような障害物があれば指摘します。

また、日次ミーティングにはリモート勤務のメンバー含め、チームメンバー全員が確実に参加できるようにし、集中力を保って時間通りに終了するよう努めます。

3. プロダクトオーナーの製品バックログ作成の補佐

プロダクトオーナーは、製品バックログを作成し、維持する責任を負います。製品バックログとはチームが実行すべき作業をリスト化したもので、スクラムマスターは、プロダクトオーナーが日々のスタンドアップミーティングで集めた情報でこの製品バックログを改良し、維持するのを支援します。

製品バックログは現在の状況や開発ニーズに応じて刻々と変化するため、スクラムマスターは、ミーティングの設定やユーザーストーリーの作成でログの管理をサポートすることができます。

製品バックログの例
製品バックログの例(オンラインで変更するには画像をクリック)

4. 障害物の除去

スクラムマスターは、チームが各イテレーションで実行すべきタスクに集中できるよう、気の散る要素や進捗を妨げる障壁を見つけるよう努めます。

例えば、チームメンバーが重要度の低い会議の参加に時間を取られている場合、スクラムマスターはそうした会議の主催者と協力して、本当に出席すべき人物を見極めることができます。また、多方面の複数のチームでタスクを割り当てられているメンバーの場合には、プロダクトオーナーなどのステークホルダーと一緒に仕事量を再配分することができます。

5. スクラムの慣行や原則の指導

業務が滞ることがないよう、新入社員や新任のチームメンバーをスムーズに迎え入れるためのメンターや教師役を務めるのもスクラムマスターの重要な役割です。

スクラムマスターは、チームメンバーが製品のスコープとビジョンを把握するのを支援し、スクラム理論を確実に理解してスクラムの慣行やルールを遵守するよう指導します。また、チームの自己組織化と集中力の維持方法についても教えます。

スクラムマスターに求められる資質には人材管理は含まれていません。また、プロジェクトの成果に対して責任を負うのはスクラムマスター個人ではなく、スクラムチーム全体となります。

スクラムマスターの職務内容と必要な資質

スクラムマスターのキャリアを追求するために必要な資質はどのようなものでしょうか。多くの企業では、一般的にスクラムマスターの職務に以下の前提条件を求めます。

必要な教育を受け、経験を有している

スクラムマスターのスキル・職務内容としては通常、応募者にコンピュータサイエンスまたは関連分野の学士号以上の学位が求められます。また、アジャイルソフトウェア開発者としての経験も必要となります。

優れた口頭と書面でのコミュニケーションスキルがある

スクラムマスターのスキルの中でも重要度が高いものにコミュニケーションがあります。スクラムマスターは、プロジェクトオーナーやその他の主要なステークホルダーをつなぐ主な連絡役を務めることになります。口頭や書面でのコミュニケーション能力が乏しい場合、1対1やグループでのやりとりが苦手な場合にはあまり向いていないかもしれません。

チームメンバーとの共同作業や主要なステークホルダーへの報告を効果的に行うには、スクラムボードやバーンダウンチャートなどのビジュアルが役立ちます。

アジャイルスクラムマスター認定の取得を検討する

スクラムマスター認定コースにはさまざまなものがあり、スクラムマスター採用条件にこうした認定を含める企業もありますが、資格は必須ではありません。ただ、資格があれば、スクラムマスターの求人に応募する際に他の応募者よりも優位に立てるかもしれません。

スクラムマスターとして成功するには、効果的なコミュニケーション能力、プロセスの整理、動機付け、管理や改善を行う能力なども求められます。最終的にスクラムマスターのキャリアを目指すかどうかは別として、こうしたスキルは業界にかかわらず役立つものです。

スクラムマスターの一般的な給与水準は?

他のスキルを要する職種と同様、スクラムマスターの給与も業界、勤務地、経験によって異なります。2019年の PayScale.com の調査によれば、スクラムマスターの給与水準は61,000ドルから123,000ドルで、中央値は90,560ドルとなっています。

スクラムマスターの資格を取得し、適切なスキルがあることを証明できれば、より高給なポジションに就ける可能性が高まります。

スクラムマスター認定を受けるには

スクラムは、トップダウン方式でなくボトムアップ方式で、柔軟かつ適応性の高いアジャイル手法のため、スクラムチームには特定のリーダーがいません。チームは、協力して目標を設定し、その目標の達成のために互いに助け合って自己管理を行っていきます。

スクラムには柔軟性があるため、認定を受けるためにもいくつかの異なるプログラムが用意されており、プログラムの要件やコースの内容にはそれぞれ工夫を凝らしています。2日間のトレーニングコースへの参加が必要なものもあれば、柔軟なオンライントレーニングが可能なものもあり、どのプログラムでも試験に合格すると証明書が発行されます。

スクラムマスター認定コース

専門家の多くは、認定スクラムマスター (Certified ScrumMaster®)プロフェッショナルスクラムマスター (Professional Scrum Master™ I, PSM I) のいずれかの取得を勧めています。採用担当者や人事担当者にも重視されやすい資格といえます。

基本的なスクラムマスター資格に加えて、PSM II や PSM III など、追加レベルの獲得が可能なプログラムも多数あります。こうしたスクラムマスター認定資格は、下位のレベルをベースにスクラムの慣行と応用をより深く理解する上で有効です。さらに、以下のような他のスクラム認定プログラムも充実しています。

  • スクラムプロダクトオーナー
  • スクラム開発者
  • スクラムプロフェッショナル
  • スクラムトレーナー
  • スクラムコーチ

こうした分野でスクラムマスターの資格を取得すれば、キャリアアップの可能性が生まれ、大幅な給与アップが期待できるでしょう。可能性は大きく広がっています。

こうしたスクラムマスターの役割は、スクラム手法のガイドラインの中で、プロジェクトを円滑に進めることにあります。ここで紹介したヒントを実践し、必要な要件に取り組めば、スクラムマスターへの道を確実に進めるでしょう。

スクラムマスターはこの方法論の一つの役割に過ぎません。完全なスクラムチーム構造を構築する方法を学びましょう。

方法をチェック

著者について

株式会社  Lucid Softwareのロゴ

Lucidの編集部ではフローチャートやUMLなど行動な図や資料に関する情報から、プロジェクト管理や働き方の改善ノウハウ等の情報を発信しています。

Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

無料ではじめる

今人気

The 4 Phases of the Project Management Life Cycle

プロジェクト管理ライフサイクルの4つのフェーズ

Lucidchart について

Lucidchart は、チームが複雑な内容を理解し、共通の認識を得て、スピーディに未来を作り出すうえで役立つインテリジェントな作図アプリケーションです。直感的なクラウドベースのソリューションで、フローチャート、モックアップ、UML 図などを作成しながら、視覚的に作業を進め、全員でリアルタイムでのコラボレーションが実現できます。

Visio に代わるオンラインソフトウェアとして最も人気が高い Lucidchart は、180か国以上で数百万人のユーザーに活用されています。成約を目指す企業をマッピングする営業部門のマネージャーからネットワークインフラを視覚化する IT 部門のディレクターに至るまで、その用途は多彩です。

関連する投稿 :

プロダクトオーナーの主な役割を解説

プロダクトオーナーの役割と責任範囲

利用開始

  • 料金プラン
  • 個人向けプラン
  • チームプラン

  • 企業向けプラン
  • 営業担当担当に問い合わせる
日本語
プライバシー法的事項
Apple App Store でダウンロードGoogle Play Store でダウンロード
© 2022 Lucid Software Inc.