ビジネスの要件とプロセスやアナリティクスをビジュアル化

組織のニーズを定義し、主要関係者に価値を提供するソリューションを明確に伝えるために Lucidchart を役立てる方法を確認してみましょう。

無料導入相談デモをリクエスト
browserbar
browserbar
browserbar
browserbar
見積りを入手
browserbarプロセスの現在と将来の状態を図式化

ビジネス面での要件収集が完了したら、Lucidchart で現在と将来の状態を手軽にモデル化。事業構造と機能を定義し、さらにニーズを明確化した後は、既存のワークフローを標準化し、最適化するため、プロセスの改善点を図に盛り込むことができます。

browserbar関係者からの支持を獲得

既存のビジネスシステムと導入の可能性があるソリューションを意思決定者や関係者に分かりやすく伝えるには、Lucidchart を活用するのが最適。共同編集者にはいつでも最新バージョンの図が表示され、他のユーザーの変更やコメントもひと目で確認できるので、全員がリアルタイムで情報を共有でき、組織全体の方向性を合わせやすくなります。

browserbarプロセス導入のための計画を伝達

クラウドベースの Lucidchart なら、最適化したプロセスの展開や実行のための計画を伝えるのも簡単。理解しやすい図を作成した後は、プロセス実践に関わるメンバー全員に対して手軽に共有やエクスポートができます。

browserbar信頼できる唯一の情報源を確立

プロセスフローなどのドキュメンテーションすべてを Lucidchart にまとめれば、作成したビジュアルを Lucidchart から直接共有するほか、G Suite や Confluence などの主要アプリへ組み込むのもスムーズ。今後のプロジェクトや継続的な改善のためにも参照しやすくなります。

日立導入事例

Lucidchartを活用している日立の導入事例をご紹介します。

『一人ではなく多くのメンバーとプロジェクトを進めると、伝えたいことをスムーズに伝えることが重要になります。その際、便利な作図ツールでありながら、同時に作図したものを共有、管理できる優れたツールでもあるLucidchartが役立ちます。チーム内やチーム間の連携と効率を向上させ、より良いプロダクトを提供していきたい方々におすすめしたいです。』
— LINE Corp、河炳玉氏