データビジュアル化やデータの可視化がもつ力とは

読み取り時間 : 約8分

トピック :

    日々、ニュースの閲覧、ショッピング、旅行の予約や映画の視聴のために約49億人がインターネットを利用しています。この一つ一つのクリックから、企業がよりよい顧客体験を創り出すのに活用できる貴重なデータが生成されています。

    世界中のデータセンターで生成、収集、保存されるデータが増え続ける現在、情報に基づいた意思決定を行えるよう、こうしたデータから得られる情報をすばやく分析し、理解することの重要性がこれまで以上に増しています。

    ここで役立つのがデータのビジュアル化や可視化です。グラフィックなどのビジュアルは、何ページにもわたって書かれた文章や数字、統計データよりも一般に理解しやすいため、データの意味をより効果的に解釈し、伝えるためには、すべての関係者がスピーディに内容を把握してよりよい意思決定ができるよう、データをビジュアルの形で提示することが重要となります。

    このブログ記事では、データビジュアル化の重要性とメリット、リアルタイムでのデータの可視化方法やヒントが見つかる場所についてご紹介します。

    データビジュアル化とは?

    データのビジュアル化とは、簡単に言えば、データをグラフィック形式で表現することを指します。人間の目は色や形に惹かれる傾向があるため、カラフルな丸、四角や線などの図形を使ってチャート、マップやグラフを作成することで、データをカテゴリー別に分類したり、興味を惹くような形で示すことができます。ビジュアルが目を惹くため、情報に集中しやすくなり、誰でもデータを消化して理解し、傾向やパターンを見出せるようになります。

    リアルタイムのデータビジュアル化では、チャートやグラフをリアルタイムに更新してビジュアルをさらに進化させることができます。リアルタイムでデータが手に入るため、関係者が勘ではなく実際のデータに基づいてよりよい意思決定を行えるようになります。

    データビジュアル化をリアルタイムで行うメリット

    リアルタイム (またはライブ) でデータをビジュアル化すれば、データを分かりやすくプレゼンすることができます。適切な方法でデータを示せば、オーディエンスがデータの表す内容を理解でき、データが何を意味するのか大量の質問を浴びせられることもなくなります。ライブでデータをビジュアル化する主なメリットとしては、以下のようなものがあります。

    情報が理解しやすくなる

    あまりにも多くの情報が日々生成される現在、そうしたデータをそのままの形で提示されても、すべてを理解するのは至難の技です。人間の視覚には、文章や数字よりもビジュアルの方が処理しやすい傾向があり、また情報を保存し、記憶を長期間保つ上でもビジュアルの方がより有効です。データの意味するところを視覚的に把握できていれば、リアルタイムで更新される新しいデータをすばやく吸収し、解釈できるようにもなります。

    大規模なデータセットから関連性の高い洞察をすばやく抽出できる

    データをビジュアル化すれば、異なるデータセットの相互の結びつきが誰でも理解できるようになります。これにより、他の方法では未加工のデータに埋もれてしまい、見つけにくいパターンや傾向をすぐに識別し、引き出すことができます。

    こうした情報から損益や投資収益率といった重要な指標が見えてくるため、収益を最大化し、業界内での好ポジションを維持しながら、顧客ニーズに応えられるポイントを掴めるようになります。

    事業運営への理解が深まる

    リアルタイムでデータを視覚化できるツールを使うことで、さまざまな事業部門間の関係を把握できるようになり、経営陣などの意思決定者が重要な事業関連の指標を分析し、管理しやすくなります。事業関連のデータをさらに掘り下げ、奏功している箇所や改善の余地がある箇所を確認するにも便利です。

    意思決定をスピードアップできる

    ビジュアル化でデータを可視化することで、意思決定者がデータの内容を理解できるようになり、意思決定のスピードが改善します。リアルタイムのデータが得られるため、組織に多大な影響を与える意思決定も下しやすくなり、例えば、営業部門のマネージャーなら、売上目標を早期に達成するために営業チームが集中すべきポイントを把握できるようになります。

    顧客分析の質を高められる

    リアルタイムでデータを可視化できるツールを使えば、顧客データを分析し、顧客のブランドに対する印象、ソーシャルメディアで友人にブランドを推奨する場合の紹介内容などを詳細に確認できるようになり、対象となるオーディエンス、その問題点や嗜好、好まれる内容を理解するための手がかりが得られます。顧客に対する理解を深めることで、特定の顧客の希望やニーズに対応する事業戦略の立案に役立てることができます。

    対象層に合わせてデータを簡単に変更できる

    ビジュアルを使えば、経営者に対しては高次的なデータの概要のみ、開発者に対しては詳細な情報を提示するなど、同じデータを対象層に合わせて違った形でプレゼンすることができます。

    貴重な時間を節約できる

    可視化ツールがないと、未加工のデータを一から確認し、レポート用に情報を抽出し、ダッシュボードを作成・修正し、データのリクエストに対応するなどの作業に大量の時間を費やさねばならなくなります。また、印刷した大量のデータに目を通すのは面倒で手間がかかり、重要な傾向やパターンを見落とすリスクもあります。

    データと接する機会が増える

    データ可視化ツールを使えばデータの分類やグループ化も手軽になるため、従業員がデータに触れる時間が増えます。また、データに触れる機会が増えるにつれて、データに対する理解も深まり、結果的によりよいアイデアやユニークな問題解決策の発案につながります。リアルタイムにデータをビジュアル化することで、実用的なビジネス面でのソリューションを設計・作成することができます。

    データビジュアル化のベストプラクティス

    図形や色を使ってデータのビジュアル化を始める前に、まずはプレゼンの趣旨をよく考え、どんな目的を達成したいのかを考えましょう。選択すべきデータやプレゼンの方法を検討する上で役立つヒントやベストプラクティスをご紹介します。

    目標を理解する

    データの内容により、関心を持つ層は異なるため、すべてのデータをもれなくグラフやに盛り込んで、受け手が勝手に好きな箇所に目を向けてくれるよう期待することは避けましょう。興味を持つデータセットはそれぞれ違うため、画一的なアプローチでビジュアルを作成することはできません。どんなにきれいなプレゼンでも、そのデータが受け手にとって必要なものでなければ無意味です。これを念頭に、以下の点をまず把握するようにしましょう。

    • ターゲットとなるオーディエンスは誰か?
    • 伝えたいメッセージは何か?
    • 具体的に、データでどんな質問に答えられるか?
    • ターゲット層を飽きさせないデータセットとは?

    まずはこうした質問への回答を探してみましょう。ただ、プレゼン対象の関係者別にまったく違ったビジュアルを作成する必要はなく、データに関心を示しそうな、属性の似たグループをターゲットとするようにします。例えば、営業チームが興味を示すデータセットは開発チームのそれとは異なるはずです。

    適切なビジュアルを選択する

    データを視覚的に表現する方法はいろいろあります。データのもつストーリーを伝え、対象となる受け手の疑問に答えるためには、最適な形式を選択する必要があります。最適な形式を見つけられるよう、さまざまなデータビジュアルのカテゴリーをまず確認しておきましょう。

    • 時間型 : データを一次元の線形の形式で表す方法で、ビジュアルには独立した線や重なり合う線などが含まれます。線グラフ、タイムラインスケジュールやガントチャートなど、開始時刻と終了時刻が記載されたおなじみのグラフがこれに該当します。
    • 階層型 : 元のグループから分岐したグループの形でデータを表すもので、ツリー図やサンバースト図などがあります。
    • ネットワーク型 : 他のデータセットに接続するデータセットが含まれるもので、対象のデータセットがネットワーク上でどのように関連するかを可視化するものです。マトリックスチャートやノードリンク図などが該当します。
    • 多次元型 : データセットに複数の変数と多数のレイヤーが含まれる形で、ベン図、円グラフや散布図など、目を惹くビジュアルとなります。
    • 地理空間型 : 物理的な場所に関連し、データポイント間のつながりを強調するもので、世界規模での市場浸透度をデータで示す場合などに有効です。フローマップ、密度マップ、カートグラムやヒートマップなどが含まれます。

    ビジュアルはシンプルに

    受け手が情報をすばやく見て消化できるようにするには、プレゼンをできるだけシンプルで無駄のないものにしましょう。関連情報をひと目で確認し、重要な関連を見出しやすくなります。シンプルなビジュアルを示すことで、重要な情報を俯瞰ですばやく把握できるようにし、必要であれば詳細な情報へのリンクを含めるようにします。

    受け手の理解を助け、支援する

    データをビジュアル化する最終的な目標は、受け手の理解を助け、支援することにあるため、データや分析内容が重要な理由を誰でも理解できる形でビジュアルを示すことが大切です。優れたビジュアルを使うことで、従業員や関係者がリアルタイムで最新のデータに触れ、行動につなげる機会が生まれ、組織の全員が同じ目標に向かって同じ目線で進めるようになります。

    データビジュアル化のヒントが見つかる場所

    どの形式のビジュアルを選ぶ場合でも、充実のテンプレートライブラリが揃った Lucidchart を使えば、データのストーリーを伝えるのに役立つあらゆる種類のマップ、データフロー、マトリックスや図が作成できます。既存のテンプレートを適宜カスタマイズするほか、ゼロから図を作成するのも簡単。図形や線をデジタルキャンバスにドラッグ・アンド・ドロップするだけで、データビジュアル化が簡単にでき、データを説得力ある面白いビジュアル形式に変えられます。

    Lucidchart の作図センターをチェックしてみましょう。

    チェックする

    Lucidchart

    クラウドベースのインテリジェントな図作成アプリケーション、Lucidchart は、Lucid Software のビジュアルコラボレーションスイートのコアコンポーネントで、チームがリアルタイムで共同作業し、フローチャート、モックアップ、UML 図、カスタマージャーニーマップなどを作成できる直感的なクラウドベースのソリューションです。Lucidchart はチームが前進し、より迅速に将来を見据えて構築するための最高のツールとなります。Lucid は、Google、GE、NBC Universal などの顧客や、Fortune 500 企業の 99% を始めとする世界中の主要企業にサービスを提供しています。Lucid は、Google、Atlassian、Microsoft などの業界の主要企業と提携しており、創業以来、製品、事業内容と企業文化を称える各種の賞を多数受賞しています。詳細は lucidchart.com を参照してください。

    関連する記事

    Lucidchart で今すぐ作図を初めましょう。無料で使えます!

    無料ではじめる

    または以下の方法で続行

    Google でサインインサインインMicrosoft でサインインサインインSlack でサインインサインイン

    利用開始

    • 料金プラン
    • 個人向けプラン
    • チームプラン

    • 企業向けプラン
    • 営業担当に問い合わせる
    プライバシー法的事項クッキー

    © 2024 Lucid Software Inc.