Diagram

ビジネスプロセスモデリング(BPMN)表記法とは


営業、プロジェクト管理やその他の分野のプロフェッショナルは、ビジネスプロセスモデリングソフトウェアを使用して特定のプロセスに対する自身のアプローチを図式化することができます。BPMN と BPMN 2.0 の基本を、歴史、目的、記号、図の種類やビジネスプロセスモデリング(BPMN)に関する主なヒントなどを学びましょう。

このページは4分で読めます

オリジナルの BPMN 図の作成をご希望ですか?Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

BPMN(ビジネスプロセスモデリング)とは?

ビジネスプロセスモデリング表記法 (BPMN) は、計画された業務プロセスの手順を最初から最後までモデル化するフローチャート手法です。あるプロセスの完了に要する一連の事業活動や情報フローを視覚的に詳しく表す図で、ビジネスプロセス管理の鍵となるものです。

図の目的は、効率性を改善し、新たな状況を考慮に入れ、競争優位性を獲得するための方策をモデル化することにあります。過去の数年にわたり、方法の標準化が進められ、現在ではビジネスプロセスモデル及び表記法と若干違った名称で呼ばれるようになりましたが、略称は「BPMN」のままです。ソフトウェア設計で用いられる統一モデリング言語 (UML) とは異なります。

BPMNの歴史

ビジネスプロセスモデリング表記法はビジネスプロセスマネジメントイニシアティブ (BPMI) により開発され、数回の改訂を経ています。2005年に同グループは オブジェクトマネジメントグループ (OMG) と統合し、この取り組みを引き継ぎました。2011年に、OMG は BPMN 2.0 を発表し、この方法の名称をビジネスプロセスモデル及び表記法に変更しました。これは、ビジネスプロセス図の記号と表記の選択肢を広げ、ビジネスプロセスモデリングの標準をより詳細に規定するものです。また、BPMN は本来意思決定を対象としたものでないため、2014年以降、意思決定モデル及び表記法と呼ばれる意思決定フロー図作成方法が BPMN の補完として追加されています。

BPMNのメリット

高次的な BPMN の用途は、あるビジネスプロセスにおける参加者やその他の利害関係者が、分かりやすい視覚的な表現により、手順を把握することにあります。下位的な用途では、こうしたプロセスを実行する人に対して実務上必要な詳細を伝える目的で用いられます。BPMN は、ビジネスアナリスト、プロセスの参加者、管理職や技術開発者、外部のチームやコンサルタントなど、技術分野と非技術分野の利害関係者すべてに伝わる標準化された共通言語となるものであり、十分な詳細情報を含み、一連の事業活動を明確化することで、プロセスの目的と実践の間のギャップを埋める役割を果たすようであれば理想的です。

文章で説明するよりも、図で示す方がはるかに理解しやすいものです。図式化は、コミュニケーションとコラボレーションを円滑化し、質の高い成果を生む効率的なプロセスという目標に到達する上でも有用です。また、多様なプロセスの実行に必要となる XML (拡張マークアップ言語) 文書につながるコミュニケーションにおいても役立ちます。XML 標準の主なものには、BPEL/BEPEL4WS (Business Process Execution Language for Web Services : ウェブサービス向けビジネスプロセス処理言語の略語) と呼ばれるものがあります。

BPMN 2.0 図の要素と記号

BPMN では、ビジネスプロセス図において以下の4種類の要素を用います。

  1. フローオブジェクト: イベントアクティビティゲートウェイ
  2. オブジェクトの接続: シーケンスフロー、メッセージフロー、関連
  3. スイムレーン: プールまたはレーン
  4. 成果物: データオブジェクト、グループ、注釈

以下では、これらの個別の要素をビジネスプロセスに用いる方法を説明しています。

イベント

あるプロセスを開始、修正または完了させるトリガー。イベントの種別には、メッセージ、タイマー、エラー、補償、シグナル、キャンセル、エスカレーション、リンクなどがあります。これらは円で示され、イベントの種別により内部に他の記号が含まれます。また、機能により、「送り手」と「受け手」のいずれかに分類されます。

アクティビティ

ある人物やシステムにより実行される特定の活動またはタスクを指し、角丸の長方形で示されます。サブプロセス、ループ、補償や複数のインスタンスを加えてより詳細なものにすることも可能です。

ゲートウェイ

条件やイベントに基づきパスを調整できる意思決定ポイント。ひし形で表します。排他的、包括的、平行、複雑、あるいはデータやイベントに基づくものとすることができます。

 

シーケンス フロー

実行されるアクティビティの順序を表し、矢印付きの直線で示されます。条件付きフローやデフォルトのフローを示す場合もあります。

メッセージ フロー

部門などの組織的境界を指す「プール」にまたがるメッセージの流れを示します。プール内のイベントやアクティビティを接続することはありません。始点に円、終点に矢印の付いた破線で示されます。

関連

点線で示され、成果物やテキストをイベント、アクティビティ、またはゲートウェイに関連付けます。

プールとスイムレーン

プールは、プロセスの主要な参加者を表します。別の企業や部門に別のプールが存在することもありますが、これも同様にプロセスに関与します。プールをもつスイムレーンは、特定のロールや参加者のアクティビティとフローを示し、対象プロセスのどの部分に誰が責任を負うかを示します。

成果物

必要となるレベルの精度で図を作成するために、開発者が追加する情報です。成果物には、データオブジェクト、グループと注釈の3種類があります。データオブジェクトは、アクティビティに必要なデータを示します。グループは、アクティビティの論理的なグループ分けを示しますが、図のフローを変えることはありません。注釈は、図の一部についての追加説明を示します。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

ビジネスプロセスモデリングの用途

ビジネスプロセスモデリングは、手描きのシンプルな図から、充分な実装情報を記載するための拡張可能な要素を含む複雑なものまで、多岐にわたります。その最も高度な形態である BPMN は、資格認定アナリストにより利用されています。オブジェクトマネージャーグループ (OMG) では、5種類の BPMN 2.0 認定資格試験 OCEB 2 (OMG-Certified Expert in BPM 2.0、OMG認定BPMエキスパートプログラム) を提供しています。そのうち1つはビジネス指向のもの、もう1つは技術指向のものです。OMG は、統一モデリング言語 (UML) がソフトウェアモデリングの標準となったのと同じように、BPMN 2.0 をビジネスプロセスモデリングの標準とすることを目指しています。

BPMN は多大な時間と労力を要するものですが、結果として得られる理解と改善の程度もまた大きなものです。バージョン 2.0 は、従来のバージョンをより広範な記号と表記法の標準セットで強化したもので、詳細な作図が必要なユーザーにも適しています。

ビジネスプロセス管理の背景にあるのは、継続的改善のライフサイクルの確立という概念です。このサイクルには、モデル化、実装、実行、監視、および最適化というステップが含まれます。その中で鍵となる役割を果たすのが BPMN 図です。

BPMN 図に使われるサブモデル

この図は、技術分野と非技術分野の多様な受け手に向けた情報の伝達に用いられます。さまざまな背景をもつ受け手が、図のセクション間の違いを見分け、各自に最も適した内容を見つける上では、サブモデルが役立ちます。サブモデルには以下のようなものがあります。

  • 個別ビジネスプロセス。特定の組織の内部に存在し、プールや組織的境界を超えることはありません。
  • 抽象ビジネスプロセス。個別/内部プロセスと他の参加者やプロセスの間で発生します。抽象プロセスは、個別プロセスとの相互作用に必要な一連のメッセージの外の世界を表し、個別/内部プロセス自体を示すことはありません。
  • 協業ビジネスプロセス。複数の企業間の相互作用を示します。

その他の種類の図

BPMN 2 では、この他にも、カンバセーション図、コレオグラフィー図、コラボレーション図の3種類の図があります。

  • コレオグラフィー図: 複数の参加者間の相互作用を示します。サブコレオグラフィーを用いて拡張することも可能です。
  • コラボレーション図: 複数のプールを用いて複数のプロセス間の相互作用を示します。コラボレーション図では、プール、プロセスとコレオグラフィーのすべての組み合わせを用いることができます。
  • カンバセーション図: コラボレーション図を簡素化した図であることが一般的です。あるビジネスプロセスに関連する一連のメッセージのやり取りを示します。サブカンバセーションを用いて拡張することも可能です。

BPMNを簡単に作る方法とヒント

  1. 始点と終点を含め、対象のプロセスの範囲を明確に定義します。
  2. BPMN での詳細なモデリングの前に、まず現在のビジネスプロセスを図式化し、非効率性を強調することもできます。
  3. BPMN 図は極力1ページに収めるようにします。ページサイズが大きい場合でも同様です。
  4. シーケンスフローを水平に、関連とデータフローを垂直にレイアウトします。
  5. 各自の役割に必要な詳細度に合わせて、さまざまなバージョンの図を利害関係者別に作成することもできます。
  6. BPMN は組織構造、機能の詳細、またはデータフローモデルの図式化には適していません。ビジネスプロセスの中で多少の情報フローを示すこともありますが、BPMN はデータフロー図 (DFD) とは異なります。

Lucidchart でBPMNを作成するポイント

Lucidchart を使えば、ビジネスプロセスモデルの作成も容易です。新規登録後は、ログインして空白の文書を開くか、またはテンプレートを使って作成を開始します。BPMN 図形ライブラリを開き、必要に応じて図形をドラッグ&ドロップしてエディター内に配置します。

お好みに合わせて線のスタイルやテキストの書式を設定し、要素を再配置することもできます。その後は、好みの方法で図を共有、ダウンロード、エクスポートすることが可能です。


オリジナルの BPMN 図の作成をご希望ですか?Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。