Visio と Lucidchart の比較

使いやすさやアクセシビリティ、コラボレーションも高度な Lucidchart でシンプルに資料と図の作成を

Lucidchartがフォーチュン 500 企業に選ばれる理由を確認してみましょう

Google logo
BMW logo
Netflix logo
Amazon logo
Adobe logo
GE logo

直感的でシンプルに使えるインターフェイス

  1. プロでも初心者でも使いやすいツール

    他の視覚化プラットフォームに比べて、Visio (ビジオ)は高度ですが、使い方を習得するまでに時間がかかるのが難点。それに比べて、Lucidchart の使い心地はシンプルで手軽、より直感的。キャンバス・エディターを開いてすぐに作図を開始できます。
     

  2. コラボレーション機能でチームの生産化をアップ

    Lucidchart では、複数のユーザーが同じ文書を同時に編集可能。@mention通知やカーソル共有などの機能も使えば誰がどんな作業をしているかをすぐに確認できます。
     

  3. 優れた互換性で作図の可能性を無限に追求

    クラウドベースサービスのLucidchart なら、どんなデバイスからでも、Windows、Linux、OS X のどの OS からでも自在に使えます。インストール不要で直ぐに導入できます。
     

  4. 豊富な連携サービスで愛用のツールを活用

    Lucidchart は、MS Office、G Suite、Atlassian、Slack、Github など、人気の主要アプリとシームレスに連携。ご自分で使い道をカスタマイズをすることができます。
     

Visio からの図の移行もわずか数分で完了

Visioからのファイルインポートも今直ぐ可能な Lucidchart で、お仕事の生産化をよりアップしましょう。

Lucidchart への移行

高度な Lucidchart の機能

Lucidchart テンプレート

あらゆる業務に合わせてテンプレートをカスタマイズ

閲覧しやすい Lucidchart のテンプレートギャラリーでは、あらゆる種類の図に適した多彩なテンプレートを検索して見つけられます。どのテンプレートも完全にカスタマイズ可能。テキストの追加や図形の書式設定も簡単で、あっという間に高度なビジュアルが完成します。専任のテンプレートスペシャリストのチームが毎週さまざまな図のテンプレートを新たに追加するので、選択の幅は広がる一方。作りたい図のアイデアを探して検索してみましょう。

Lucidchart の図形とアイコン

必要に合わせて図形を選択、カスタマイズ

Lucidchart には、AWS などの構成図の図形やアイコンも、データも埋め込めるダイナミック図形を含め、業界標準の図形を数百点完備。キャンバスへドラッグ&ドロップするだけで簡単に使えます。作図向けの付属図形に加え、カスタムの図形をインポートしてオリジナルの図形ライブラリを作成すれば、チーム内で一貫性を保ちつつ作図を進められます。
 

Lucidchart プレゼンテーション

資料をプレゼン、公開、共有

Lucidchart のプレゼンテーションモードを使えば、作成した図のプレゼンも簡単。Google Slides や PowerPoint のプレゼンに図を埋め込むほか、文書を PDF、JPEG、PNG などのファイル形式で公開したり、ウェブサイトに埋め込んだり、自動生成のリンクでメールやソーシャルメディア・SNSで文書を手軽に共有することもできます。
 

Lucidchart の改訂履歴

変更内容を常に把握

改訂履歴機能を使えば、文書に加えられる変更を時系列で追跡が可能。Lucidchart に改訂履歴が漏れなく保管されているので、変更のタイミングや変更者をいつでも確認でき、作成した図が他のユーザーに削除されたり、復元不可能な変更を加えられたりする心配は不要です。
 

Lucidchart エンタープライズ

エンタープライズアカウントを管理

唯一のビジネス・法人向けの図形作成ソリューション、Lucidchart。高度な機能を十分に活用しながら、ユーザーアカウントの管理や権限の設定を手軽に実現。作成者が退職した場合でも文書の保持が可能です。ドメイン別の共有制限や SSO 認証の必須化などのオプションを使えば、必要に応じたセキュリティの強化も自在です。 
 

エンタープライズについて詳しく見る

Lucidchart に関するよくある質問

180か国に1,500万人を超えるユーザー

作図で苦労している方はMicrosoft製のVisioとの比較を行っていると思います。Visioは他のMicrosoft製品との連携を推していますが、LucidChartも拡張機能(Instant Diagram)によりWordやExcelに埋め込むことができます。LucidChartの方が単価も安いので、まずはLucidChartの方をご試用いただくとよいかと思います。

★ ★ ★ ★ ★ ユーザー  |  2019年9月29日

4.0 stars4.0/5
4.0 stars4.0/5
顧客のケーススタディを見る

Lucidchart を他のツールと比較する

どんなツールと Lucidchart を比較しますか?

テンプレートを使ってみる

フローチャートテンプレート

スイムレーンを使ったフローチャートテンプレート