システム図示ならこの、ブロック図アプリで

Lucidchart でシステムとその相互作用をビジュアルに変えましょう。インテリジェントな作図ソフトウェアでブロック図をオンラインで無料作成すれば、どんなに複雑なシステムでも、その全体像を把握できます。

ブロック図を作成

または以下の方法で続行

Google でサインインサインインMicrosoft でサインインサインインSlack でサインインサインイン

世界中の数百万人ものユーザーが Lucidchart を選ぶ理由をご覧ください。

  • Atlassian logo
  • General Electric logo
  • Amazon logo
  • NBC logo
  • Venmo logo
  • Google logo

使いやすいブロック図ソフト

Lucidchart のブロック図生成ツールが、機能ブロック図を始めとするブロック図の手軽な作成にどう役立つかを確認しましょう。

組み込みの図形を使用

電気部品やオーディオシステムなどの業界標準の記号や表記法が数百点も揃った図形ライブラリで、ブロック図の作成が簡単になります。

ブロック図テンプレートを試してみる

カスタマイズできるテンプレートで、さらにスピーディにスタートすることもできます。図が完成したら、インテリジェントな書式設定機能で好みに合わせて配置を調整しましょう。

コラボレーションが楽々

ブロック図は、技術に詳しくない関係者にシステムの概要を伝えるのにも役立ちます。エディタ内ーチャット、コメント、@mention 通知などの強力なコラボレーション機能を活用すれば、リアルタイムでのチームワークも手軽です。

どこからでも作業がスムーズ

Lucidchart のクラウドベースのブロック図ソフトなら、ブラウザー、OS、デバイスを問わず、どこからでもブロック図を作成できます。

Lucidchart のインテグレーションを活用

Lucidchart で作成したブロック図を Atlassian アプリで Confluence wiki や Jira のイシューに直接挿入するほか、公開中の Lucidchart 文書へのリンクを追加すれば、GitHub のイシューやプルリクエストにコンテキストを加えるのもスムーズです。Google Workspace、Microsoft Office、Microsoft Teams、Slack などのプラットフォームとのインテグレーションで、どこからでも図にアクセスして編集や共有ができます。

レビューでも高評価

実際に使っているユーザーの評価を見たいなら、Capterra、G2、TrustRadius などのサードパーティアプリでのレビューをご覧ください。5つ星の評価を数千件以上も獲得している定評あるツールです。

3分でわかる Lucidchart の使い方

  • 最初のブロック図を作成する。空白のキャンバスから作図を始めることも、テンプレートを使用したり文書をインポートしたりして手軽に始めることもできます。
  • 図に図形と接続線を記入し、何を表すかをテキストで記述します。
  • 図の書式を設定し、スタイルを調整して、希望する通りに仕上げます。
  • [機能を検索] を使用すると、図内の機能またはツールを検索できます。
  • 図を共有してフィードバックを集めるほか、メンバーを招待して一緒に図を編集することもできます。
ブロック図を作成

ブロック図テンプレート

ギャラリーの無料テンプレートでブロック図の作成を始められます。

Receiver block diagram

レシーバーブロック図

Lucidchart インテグレーションアプリ

業界をリードするお気に入りのアプリに Lucidchart を接続。

Lucidchart Integrations

ブロック図作成ツールとして Lucidchart がチームに愛用される理由をチェック

作図、データの視覚化、コラボレーションをすべて1つのプラットフォームで完結。

共同編集

デバイスを選ばず手軽に使える Lucidchart は、チームが世界中のどこからでもリアルタイムでコラボレーションできるよう支援します。生産性を高めながら、チームで協力して目標達成につなげられます。

明確に理解

Lucidchart を使えば、複雑な問題も明確に。インテリジェントな作図機能で、プロジェクトとプロセスを最初から最後まですばやく視覚化できます。

位置合わせ

同じスペースでのコラボレーションでチームの連携を促進。プロセスとアイデアをリアルタイムで一緒にスピーディに計画して、勢いを保ちましょう。

ソリューションを組み合わせてさらに活用

Lucid ビジュアルコラボレーションスイートは、アイデア出しからプロジェクトの完了まで、作業の方法を一新します。Lucidspark でブレインストーミングと計画立案、その後は Lucidchart でマッピングすれば、組織の真の姿を描き出す設計図を作成できます。

ブロック図とは?

ブロック図 (ブロックダイアグラム) は、エンジニアがシステムとその相互作用の視覚化に使う使用する特殊なフローチャートです。システムの高次的な概要を表す図で、主なシステムコンポーネントを説明したり、入出力を視覚化したり、システム内の動作関係を把握することができます。Lucidchart のブロック図作成ツールを使えば、ハードウェアやソフトウェアを設計やプロセス改善の実装の際に複雑なシステムを理解するのに便利です。

ブロック図の書き方

  1. システムの視覚化を開始

    空白のキャンバスから作図を始めるか、テンプレートの1つを選択して編集します。対象となるシステムの構成要素、入出力を特定します。

  2. 記号を追加

    Lucidchart の図形ライブラリから記号や表記法をキャンバスにドラッグ・アンド・ドロップします。ブロック図内の図形を矢印でつなぎ、データの流れを示します。

  3. 入力と出力にラベルを付ける

    ブロック図の開始点となる入力を特定してラベルを付け、次に図の終了点となる出力を特定してラベルを付けます。

  4. プレゼン、公開、または共有する

    プレゼンテーションモードで Lucidchart からブロック図を直接プレゼンするか、共有します。公開リンクとして、またはサポートされているインテグレーションを使用して他のユーザーに送信できます。

ブロック図に関するよくある質問

利用開始

  • 料金プラン
  • 個人向けプラン
  • チームプラン

  • 企業向けプラン
  • 営業担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー
  • linkedin
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • glassdoor

© 2024 Lucid Software Inc.