Diagram

コミュニケーション図 (旧称: コラボレーション図) は、形式面では UML シーケンス図とほぼ同一ですが、オブジェクト間の関連により重きを置いた図であり、相互作用ではなく、シーケンス内のメッセージを通じてオブジェクトが関連付けられ、接続する様を記述する図です。このガイドでは、Lucidchart の UML 作図ツールを使って UML でコミュニケーション図の企画と作成を行う際に知っておきたいことすべてを紹介しています。

このページは1分で読めます

UML 図の作成には、ぜひ Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

コミュニケーション図とは?

コミュニケーション図とシーケンス図が提供する情報は同じですが、シーケンス図の重点がイベントの時間と順序にあるのに対し、コミュニケーション図ではアプリケーション内のオブジェクトの交わすメッセージに主眼を置きます。つまり、シーケンス図は、「全体像」を描く上では役不足なのです。

ここで、プロセス内をより広い視点から眺めることができるコミュニケーション図が役立ちます。Lucidchart の無料 UML ソフトウェアを使えば、オリジナルのコミュニケーション図を作成することができます。

コミュニケーション図の基本的な構成要素

コミュニケーション図を使う利点はシーケンス図のそれと似たものですが、前者を使うことで、イベントの順序のみを強調するのではなく、コンポーネントが相互に通信し、作用する方法をよりよく理解することができます。プログラム内の物理的なコミュニケーションを理解し、視覚化する必要のある企業、組織やエンジニアにとって、便利なリファレンスとなる図です。以下の用途にシーケンス図を利用してみましょう。

  • 高度な手順、機能や操作のロジックをモデル化する。
  • プロセスのオブジェクトやコンポーネント間でのコマンドの送受信方法を識別する。
  • プロセス内のさまざまなコンポーネント間の特定の相互作用の結果を視覚化する。
  • 既存または将来のシナリオの詳細な機能を計画し、理解する。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

コミュニケーション図の記号と表記

コミュニケーション図で用いられる記号や表記はシーケンス図の表記と同じです

  • 長方形はアプリケーションを構成するオブジェクトを示します。
  • クラスのインスタンス間の線はアプリケーションの異なる部分の間の関係を示します。
  • 矢印はオブジェクト間で送信されるメッセージを表します。
  • 番号はメッセージの送信される順序とプロセスを完了するのに必要なメッセージの数を示します。

コミュニケーション図の例

以下の例では、カレンダーにイベントを追加するプロセスをコミュニケーション図で示しています。このように単純な例でも、プロセスのさまざまなステップで正確なコマンドと要求が共有されていることが分かります。それぞれの線の数字は、有効化される順序とオプションを示します。数字に添えられた文字により、一部のアクションが並行して起こることが分かります。

コミュニケーション図を作成する方法

Lucidchart ではたくさんの UML テンプレートから好みのものを選択することもできますが、UML でゼロからコミュニケーション図を作成することも容易です。作成は以下の手順で行います。

  1. 空白の文書を開くか、またはテンプレートを使って作成を開始します。
  2. ERD 図形ライブラリを有効化します。エディターの左上隅の [図形] をクリックし、図形ライブラリマネージャーで [UML] を選択して [保存] をクリックします。コミュニケーション図とシーケンス図の図形は同じであるため、必ず UML シーケンス図の図形が有効化されていることを確認してください。
  3. 使いたい記号を選択し、ツールボックスからキャンバスへドラッグします。
  4. 図形の間に線を描画し、プロセスフローをモデル化します。テキストや数字を追加してコマンドを指定し、実行する順番を決めます。

UML でコミュニケーション図を作成する方法を紹介したこのガイドで詳細を確認しましょう。Lucidchart では、あらゆる要素のサイズやスタイルを簡単に変更することができます。SVG 図形や Visio ファイルをインポートしてのカスタマイズも可能です。


UML 図の作成には、ぜひ Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。