Diagram

UML 内のユースケース図の目的は、ユーザーがシステムと相互作用するさまざまな方法を示すことにあります。Lucidchart の UML 作図ツールを使えば、ほぼすべてのユースケースをプロフェッショナルに図式化することができます。

このページは2分で読めます

UML 図の作成には、ぜひ Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

ユースケース図とは?

統一モデリング言語 (UML) におけるユースケース図では、システムのユーザー (別名アクター) とシステムとの相互作用を表すことができます。ユースケース図を作成するためには、一連の特別な記号とコネクターが必要となります。効果的なユースケース図は、チームにおける以下の内容の議論や表現に役立ちます。

  • システムやアプリケーションが人、組織や外部システムと相互作用するシナリオ

  • システムやアプリケーションがこれらの実体 (アクター) の達成する内容を支援する目標

  • システムのスコープ

ユースケース図の適用例

ユースケース図では殊更に詳細を表すことはありません。例えば、ステップの実行順序をモデル化するというような目的ではなく、ユースケース、アクターや記号間の関連の高次的な概観を表すのがユースケース図の適切な用途です。専門家は、より詳細なユースケースの説明文を補完するものとしてユースケース図を用いることを勧めています。

UML は、作図に使用できるモデリングツールキットです。ユースケースは、ラベル付きの楕円形で示されます。棒人間はプロセス内のアクターを示し、システムにおけるそのアクターの参加はアクターとユースケース間の線でモデル化されます。システムの境界を描写するには、ユースケースの周囲にボックスを描画します。

UML ユースケース図は、以下の目的に適しています。

  • システムとユーザーの相互作用の目標を示す。

  • システムの機能要件を定義し、整理する。

  • システムのコンテキストと要件を指定する。

  • ユースケースにおけるイベントの基本的な流れをモデル化する。

Lucidchart を使えば、素早く、簡単に図を作成することができます。今すぐ無料のトライアルを開始して、作図と共同編集を始めましょう。

または
Google MarkGoogle 登録

登録により、Lucid Software のサービス利用規約プライバシーポリシーに同意します。

ユースケース図の構成要素

「ユースケース図とは?」という問いに答えるには、まずその基本要素を理解する必要があります。ユースケース図には、一般に以下の構成要素が含まれます。

  • アクター: システムと相互作用を行うユーザーを指します。検討対象のアプリケーションやシステムとやり取りを行う人、組織や外部システムなどがアクターとなり得ます。アクターは、データを生成または消費する外部オブジェクトである必要があります。

  • システム: アクターとシステム間の特定のアクションや相互作用のシーケンスを指します。システムはシナリオと呼ばれる場合もあります。

  • 目標: 大半のユースケースの最終結果を指します。この目標に到達するまでのアクティビティとバリアントを表現できるのが優れたユースケース図の条件となります。

ユースケース図の記号と表記

ユースケース図の表記法はかなりシンプルで、他の UML 図ほど多様な記号を要しません。Lucidchart では、以下の図形を用意しています。

  • ユースケース: 水平方向に長い楕円形で、ユーザーの有するさまざまな利用例を示します。

  • アクター: 棒人間の形状で、実際にユースケースを利用する人を表します。

  • 関連: アクターとユースケースを接続する線です。複雑な図においては、どのアクターがどのユースケースと関連付けられているかを把握することが重要です。

  • システム境界枠: ユースケースにつきシステムのスコープを設定するボックスです。このボックス外のユースケースはすべて、対象のシステムのスコープ外であるとみなされます。例えば、以下のチェーンソーの例であれば、「Psycho Killer (サイコキラー)」は「Occupations (職業)」のスコープ外となります。

  • パッケージ: 異なる要素をグループ化するために使える UML 図形。コンポーネント図と同様、これらのグループはファイルフォルダーとして示されます。

ユースケース図の例

書籍出版のユースケース図の例

書籍を執筆し、出版するために必要となるプロセスを視覚化したユースケース図です。著者、代理店、書店などの役割に合わせてこの図をユースケースシナリオに挿入すれば、次のヒット作を生みだすのに役立つかもしれません。こちらのデモテンプレートを使って始めましょう。

列車予約のユースケース図の例

顧客がサービスの購入を行うプロセスであれば、どんなものにでも応用できるテンプレートです。魅力的なカラースキーム、読みやすく、編集しやすいテキストと幅広い UML 図形ライブラリで、すぐに作図をスタートできます! クリックしてこのテンプレートを実際の作図に使用してみましょう。

チェーンソーのユースケース図の例

チェーンソーを手にしたある男性が、周囲の環境と相互作用するという例です。状況、そしてその状況の前後の流れにより、この男性が陥るかもしれないユースケースは多数挙げられます。無事に作業を完了できるか、チェーンソーを振り回す際に何か不吉なことは起きないか、など。例えば、この男性がチェーンソーを仕事以外で使っているとしたら、「怖い」というスコープに当てはまる可能性もあるかもしれません。


UML 図の作成には、ぜひ Lucidchart を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。